福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« 2009年7月 | メイン | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月 6日

新卒採用始動!

本日、人材採用・育成支援コンサルティング会社の?ソリューションさんの支援とともに新卒採用活動を開始します!

会社規模や体制の関係でなかなか始められませんでしたが、ついにこの時が!

最高にワクワクです!

夢や希望に満ちあふれた若者達と一緒に仕事ができると思うとモティベーションもMAXに!

本日より社内採用プロジェクトチームを作り始動!

本当に楽しみです!若者達と早く会いたいぜ!

2009年8月 5日

実践者の声

私は寝る前にいつも本を読んでいます。

昔は経営コンサルタントの本などを読んでいましたが、今思うと人の時計で時間を教えているようなことばかりでいまいち。

最近は経営実践者の本が面白い。

例えばユニクロの柳井正さんやワタミの渡邉美樹さん。

渡邊美樹さんの本の紹介文に書かれていた一節。

{近年、「ほめて伸ばす」などという風潮の元、部下を叱れない上司が増えているという。
しかし、ワタミは違う。厳しい実力主義を貫き、激しい叱責や、
場合によっては降格処分も珍しくはない。
だが、職場には活気が溢れ、業績も絶好調を続けているのだ。}

「オンリー1」や上記のように「ほめて伸ばす」などを表面的にとらえ、自分に都合のいいよう逃げている人間を多々見てきた。

やることをやろうと思えば自然と厳しくなる。

な?な?で良いチームはできない。

厳しさの愛を持って困難や苦しさを乗り越え、絆や団結力が生まれるものと思っている。

元気会社もそういう風土や文化を作っていきます!

2009年8月 4日

リミッターカーット!

人生70?80%で生きていると、ほどよく心地よいかもしれない。

若いうちからほどよく心地よい生き方をしていると・・・

摩擦や変化がない→成長しない→つらいことに耐えられない→逃げる

という図式が私の先入観にあります。

つらさや困難から逃げだす人間を多々見てきた。

後姿がかっこ悪く、自分は絶対そういう風にはなりたくないと思う。

アクセル全開でぶっ飛ばす者。

アクセル全開にビビってしまい自分でブレーキをかけてしまう者。

コースから外れ逃げ出してしまうもの。

元気会社はリミッターカットしてアクセル全開で行きますよ!

2009年8月 3日

評論家ではなく実践者に!

本日全体会議。

いろいろな意見が出て、改善提案も出る。

今までもそうだったが改善するための手間は私の所に来る風潮がある。

「社長、こういうものが必要です!」

こんな感じで、その後がない。

例えば
「社長、こういうものが必要なので、こんな感じに自分が作りますので確認してください!」とここまでくれば気持ち良い。

今回も意見が出てくるが、そのための作業は「社長がしてくれる・・・」みたいな雰囲気。

そこで意地悪な私は「それじゃ○○君、それ作ってくれ!」

一瞬にして皆苦笑い。

自分の思うことだけ言って解決のための肝心な部分は人任せなのが私の嫌いな評論家。

私も含め、元気会社は何事も自責でとらえ、その責務を全うする実践者でありたい!

2009年8月 2日

コミュニケーション

追加・変更の多い現場がありました。

もちろんできる限りの対応はさせてもらっています。

完成間際に、またも緊急の変更依頼があり、迅速に対応させて頂きました。

すると、お客様より「度々の変更を前向きに行動してくださってありがとうございます。」と一言。

自分では特にマイナス的な考えはなく、純粋にお客様の要望に応えていただけなのですが、お客様の方が気遣ってくれ、そのような声をかけてくださいました。

一言ですが、こちらを気遣ってくれているという気持ちがうれしかったです。

仕事や日常生活でも感謝の気持ちを伝えるときは多々ありますが、適切なタイミングで言う「ひとこと」は本当にうれしく感じます。

表面的(社交辞令的)に「ありがとう」ということも必要だと思いますが、適切なタイミングで出てくる「ありがとう」は1000回分位の効果があると思います。

「かゆい所に手が届く」と例え言葉がありますが、適切なタイミングで適切な言葉をいえるコミュニケーションができるようになっていきたいですね。

2009年8月 1日

成幸者の三要所

毎日掃除・朝礼を実施していますが、共同で使うもの(トイレ・カタログ・備品・他)など、気持ち(整理・整頓・清潔)が行き届いていないことも多々。

そんな中、アドバイザー内田にカタログの整理整頓を指示。

「ハイ!」と快く返事をし、自分の作業を中断して迅速に取りかかっていました。

工務の南も同様、非常に素直で謙虚。

成功者の三要所「素直・前向き・勉強好き」というのがあります。

一番初めに来る「素直」さを彼らは持っています。

私は少々ひねくれたところがあり、彼らの素直・謙虚さを見習って人間力向上!

CIMG0052.JPG

2009年8月14日

あきらめなければ夢は必ず叶う!

昨日の夜中は昼間のバーベキューの二日酔いで頭がガンガン・・・。

子供が見ている「ルーキーズ」というTVのDVDを見ていました。

不良たちが甲子園という新しい夢を見つけ、その夢を実現するためにいろいろな障害を乗り越え、仲間たちの結束を強め、突き進んでいくというストーリー。

共感する事が多々あり、思わずはまってしまいました(笑)

私もいろいろな機会で「どういう会社にしたいですか?」という問いに対する答えの具体例として「甲子園を目指す高校球児のような熱い会社」と答えています。

私自身野球をしていたわけではありませんが幼少の頃の剣道から始まり、ソフトボール・バドミントン・卓球・バスケット・柔道・ハンドボール・ボクシングといろいろなスポーツをしてきました。

スポーツは表面的には「勝ち」「負け」のふたつにひとつということになりますが、その過程の中で礼儀・礼節から始まり、苦しさや楽しさの共有、叱咤激励や裏切りからくる摩擦のパワー。それを乗りえた時の心の変化、人の心の痛みを知ること。もちろん達成感や満足感の共有。輪の力!

単語でいえば「人情・感動・愛・団結力」など、そこには「損得」など存在しない最高の価値を経験したと思っています。

元気会社・リフォーム1経営理念に「最高の価値の創造と共有」というのがあります。

無知な若い時にはたくさんの「最高の価値の創造と共有」がありました。

いわゆる青春ですね。

さ?大人になってもいつまでも青春でいますよ!

夢にときめけ!明日にきらめけ!目指せ福井№1!

GO!元気会社!GO!

2009年8月13日

協力業者会!

本日「感謝会」(不景気と夏の暑さをぶっ飛ばせ!)と称し協力業者会を開催!

日ごろお客様より多大な評価を得ているのは協力業者の職人さん方々の力が大きいと思っております!

今後とも現場品質向上またお客様満足度向上のためがんばっていきましょう!

CIMG0193.JPG


次男坊も参加、うまいか!
CIMG0188.JPG

2009年8月12日

価値と価格のバランス

相見積もりで工事内容は同じでも商品内容が違い価格が違うことは多々あります。

?お客様の要望を満たしていない安い価格。
?お客様の要望を満たしている最低価格。
?お客様の要望以上だがそれ相応の価格。

1回目の見積もり提出で上記のどれが良いと思いますか?

当社では?を心掛けています。

?は論外。?は「お客様の要望以上」というと響きが良いですが、悪い言い方をすれば必要のないものを初期の段階で進めていることになります。

ご予算に余裕があれば?も良いと思いますし、人気のものやお客様の生涯利益を考慮して打ち合わせの中で情報をお伝えしていくことは大事です。

しかし、特に100万円以上のリフォームでは1回目の見積もり提出が「叩き台」になり、リフォームという相場も分からない分野ではこの「叩き台」というのが大事だと思っています。

私たち業者にとってみれば1回分の見積もりが「叩き台」になることは手間がかかりますが、お客様にとってみれば価値と価格のバランスを考慮するには非常に重要です。

その価値と価格のバランスは千差万別であります。

最高の提案というのはそのお客様にとっての最適な提案だと考えています。

価値が上がれば価格が上がって当然です。上に行くことは簡単で、キリがありません。

ライフスタイル・家族構成・価値感・予算・建物が違えば判断基準が変わって当然です。

100組のお客様がいれば100通りの提案になることが当たり前だと感じます。

当社では1組1組のお客様の想いを大事に最適な提案をしていきます!

2009年8月11日

感謝!

本日休みを頂き海&花火に!

平日に休みを取れるようになってきたのはスタッフみんなのおかげ、感謝!

昼は海水浴&カニ取り!

エサは前夜(夜中)の晩酌で使ったスルメ(笑)。3匹捕まえました。

夜はメインの三国花火!

気合いを入れて最前列に!満潮時には迫りくる波の恐怖と闘いながら!

三国花火は混雑や待ち時間などマイナス要因を差し引いても、また行きたいと思いますね。

花火職人さんや関係者の皆様に感謝!

CIMG0139-1.JPG


三国花火名物「水中花火」近すぎて大迫力!
CIMG0142.JPG


予定外の点火?(だと思います)ナイヤガラ!
CIMG0151.JPG


クライマックスは最高潮!2尺玉のほか「これでもか!」というくらいの連発花火!
CIMG0170.JPG


久しぶりに家族そろっての時間。楽しんでくれたかな?
CIMG0137.JPG

CIMG0136.JPG

2009年8月10日

全体会議

本日2回目の全体会議。

だんだんと各自の想いを発言するようになり中身も濃くなってきました。

議題になることが「自分ハッピネス」になっていてそれを解決する視点が「物」になっているときはまったく解決せず魔のスパイラルに突入します。

やはり各自「オールハッピネス!」の信念をもち物事の「本質」を捉えなければ時間を共有する意味がない。

私も含め、現時点で100%の人間など社内には一人もいません。

だからこそこういう時間をたいせつにして、いろんなことの「気づき」「共有」を得て、自己成長につなげていきます。

常に追求!「オールハッピネス!」

明日はお休みを頂き、三国サンセットビーチ、夜は花火を見てきます。

2009年8月 9日

命懸け!

本日、町内のソフトボール大会。

AM6:30より!

毎年何でこんな早くからと思いつつ、次男に「ホームラン打つから見に来い!」と意気込んでGO!

結果は3打数ノーヒット・・・。

PM約2ヵ月間工事していた大型リフォームのお客様宅に完工書をお届けに。

このお客様は大きな会社の社長さんで個人的にいろいろと聞きたいことがありました。

「どうやったらそういうふうになれますか?」

と、子供が野球選手に聞くようなことを聞きました。

「最終的には人ですよ。自分の命を任せてもいいと思える右腕・左腕を早く作りなさい。」

と、アドバイスを受けました。

「自分の命を任せてもいい」という言葉に考えさせられました。

私は0から始めているので、たとえば全財産を失うなど、また0に戻ることに全く恐れはありません。

逆に0から1にしていくことは一番難しく、だからこそ楽しいのでいつでもウエルカムです。

しかし「命を任せる」ということを考えたことがなかったので躊躇しました。

やはりまだまだ覚悟が足らないのか?

トップが社員に命を任せられない状態では社員もトップに命は任せないでしょう。

私も社員も職人さん達もみんな大事な家族がいます。

たくさんの人たちの人生を左右するのが経営者。

命懸け!覚悟をきめてやっていこう!

2009年8月 8日

2階増築

本日、鯖江市石田にて2階増築の建前!

私も午前中だけ大工さんに混じり建前参加!

建前はみるみるうちに家の形になっていくのでやっているほうもやりがいがありますね。


作業前にお清めを。
CIMG0122.JPG


150×450の頑丈な集成梁。
CIMG0124.JPG


柱を立てていきます。
CIMG0126.JPG


桁をカケヤでガンガン!
CIMG0127.JPG


丸太梁を納めます。
CIMG0128.JPG


CIMG0125.JPG


本日中に無事防水紙まで葺くことができひと安心。大工さん他関係者の方々たちに感謝です!

またお客様も丸一日いろいろとありがとうございました!

長丁場のリフォーム工事、しっかり工事していきましょう!

2009年8月 7日

工事会議

本日より工事会議を実施。

全体的な工程確認とそれに対する人員・車両配置が適正かどうか?

また現場で出たアイデア・知識などの共有。

いずれにせよ業務向上を図ってのこと。

話の流れで各自の判断基準についてのことが多くなった。

判断基準はもちろん経営理念(オールハッピネス)に準じているかどうか。

通常は各自適正な判断ができると思っています。

それが何かあった時に判断基準がぶれる時があります。

逆に言えばそれがその人の本性だと思っています。

今回、自分の気持優先=自分ハッピネス、自分の楽さ優先=自分ハッピネスの判断が見られ、そのことについて議論。

「言って聞かせ」の前に「やって見せ」が私自身まだまだ足りないようである。

自分自身が理念の追求レベルをあげ、もっと向上するよう努力が必要だと感じた工事会議でした。

2009年8月24日

発展していく理由は?

先日お問い合わせの方より「御社はこの不景気の中、採用にも積極的だし売上も伸びているようだが、その要因は何ですか?必ず売りがあると思うのですが御社の売りは?」と聞かれました。

「人」が売りですが、初対面ですし「形のあるもの」の答えを望んでいるようだったのでこういう風にお応えしました。

「当社にこれといった売りはありません。価格・提案・工事品質どれも自信はありますが、それぞれの分野を探せば当社より上はいると思います。
当社は当たり前のことをしっかり行えるよう心がけているだけで、それを地域の方々がよく評価してくださっているのだと思っています。
反対に従来の建築業やリフォーム業はずさんな部分がたくさんあります。そういったところを見直しながらお客様に提供しています。
なので特別なことはしていません。」

価格面では共同仕入れや流通の見直し、業務改善で常に無理のないコストダウンを図っています。「無理のない」というところがミソで、あまり無理をしすぎると、結果的にお客様満足度を下げる結果になります。

提案・プランニングでは日々の研究や共有、また3Dソフトやシュミレーションソフトの導入など満足度向上のために費やしています。

工事品質が一番の自慢ですが、これは実際に工事をして頂くことが一番分かりやすいと思われます。腕の良い職人さんばかりです。

しかし一番大事なのはお客様の「想いをしっかりと形にすること」だと思っており、「最高のプラン」より「最適なプラン」を心掛け、基本的なことをしっかりと行えるように努力しています。

2009年8月23日

御来店につき注意事項

当社にご来店くださる方々、こんな辺鄙なところまでわざわざ足を運び頂きありがとうございます。

当社は事務所とお客様商談スペースのみです。

まれにキッチンやお風呂など商品を期待して来店される方がいらっしゃるのでご報告です。

実物を比較したり、見ながら打ち合わせは確かに分かりやすく当社も体力があれば行いたいのですが、半年程度で商品がリニューアルしていくため在庫を抱え経費が増える結果になると思われるのでしておりません。

より良い商品をより安く地域の方にご提供するためにご理解ください。

また事務員さんはパートのため平日の10:00?4:00です。

私をはじめ社員全員、日中は現場に出ることが多く、上記以外の時間帯は留守になっていることも多々あります。

そんなときは私の携帯に連絡してください→090-2036-8181

会社の電話も3コールで私の携帯に転送されるのでこちらでももちろんOKです→0778-52-5507

それではよろしくお願い致します。

2009年8月22日

組織診断

以前「特性検査」というのを受けた結果がでました。

私も含め社員全員が受けました。

約200問答え、個人の特性や組織の問題点などを明確化するためのツールです。

その中で「組織活力分析」というのがあり、社長と社員の考えをグラフに表すものがありました。

30項目あり、その中で以下の項目が100点満点でした。

・はたらく環境は良いか
・直接の上司は魅力ある
・チームワークは良好か
・今後もここで働きたい
・今の社風は好ましい
・将来性、成長性がある
・経営理念、目的は明確

こういう結果がでたことは私もとてもうれしく、人材コンサルタントの方にも「良い組織の証拠」とお褒めを頂きました。

2人以上は立派な組織。

もう会社は私一人のものではありません。

社員全員で今以上に一致団結し「良いチーム」を作っていきましょう!

2009年8月21日

夢へのチャレンジ!

本日、新卒採用の打ち合わせおよび取材。

取材は「どんな会社にしたいのか?」「どんな人材と仕事がしたいのか?」などを掘り下げてお話ししました。

最終的には夢やビジョンの話に!

その後、採用コンサルティングの?ソリューション 飯村さん、藤崎さんの夢・ビジョンを逆に聞きました。

藤崎さんのビジョンは、学生や経営者、いろいろな人たちの出会いや情報共有・学びの場になる「平成○○塾」というのを30歳までに大阪に作るそうです。

藤崎さんは今年大学を卒業して、4月に入社したばかりの社会人1年生・23歳の女性です。

なぜそういうビジョンを持つようになったのか、過去の体験などを通し真剣に熱く話してくれました。

こういった話を聞くとこちらもモティベーションが上がりワクワクします!

こういった意識の高い人と話をするのは、年齢・性別関係なしに本当に楽しいです!

来年の4月には新しい人材が多数入社予定です。

たくさんの人と多くの夢を語り、実現していきます!


取材風景
CIMG0221.JPG

2009年8月20日

意識の高低

毎日の朝礼で「社長あいさつ」というのがあります。

題材は特になく、日々思ったことを伝えていきます。

経営者向けの教材で「朝礼あいさつネタ集」みたいなものがあります。

こういった教材があるということは毎日の「社長あいさつ」に話のネタがなくて困っている経営者さんがたくさんいるのか?

私は反対で日々(時間単位)で伝えたいことが出てくるため、どれを言おうか迷うくらいです。

難しいことを言っているつもりはありません。

ただ一つの事に対して「徹底・追及」していくといろいろなことが出てきます。

「徹底・追及」=「仕事に対する意識の高さ」だと思っています。

先日の会議などでも意見が出ない社員は「何を言っていいか分からない」「分からないことが分からない」といった感じ。

建築業界15年になる私でも日々反省・勉強の毎日です。

「意見がない」=「徹底・追及していない」=「仕事に対する意識が低い」

意識を高く持ち組織としての活性化!

良いチームを作っていきましょう!

2009年8月19日

リフォーム 福井県福井市・鯖江市・越前市

明日福井新聞と日刊県民福井に当社の折り込みチラシが入ります。

全面改装・増築・水廻り・屋根・外壁・キッチン・お風呂・トイレ・洗面所・和室・洋室・2F・子供部屋、その他小さな工事や修理修繕工事まで住まいに関することなら何でもOK!

どんなことでも全力投球します!

見積もり・相談は無料です!

小さな工事でも相見積もりでも大歓迎です!

お気軽にお問い合わせください!


CIMG0214.JPG


CIMG0216.JPG

2009年8月18日

パナソニック リビングステーションL

お盆前に完工した水廻り全面改装リフォーム!

パナソニック「リビングステーションL」

IHクッキングヒーターや食器洗い乾燥機はもちろん電動昇降棚・システム収納もフル装備!

ここまでのキッチンを取り付けれる人はなかなかいないです。ありがとうございました!


表面は受注生産品の焼き付け塗装。
CIMG0003.JPG


電動昇降棚に食器乾燥機。
CIMG0005.JPG

左側のオープンスペースには冷蔵庫がスポッと入ります。
CIMG0004.JPG


ちょっとした本棚にカウンターを造作。
CIMG0007.JPG


CIMG0009.JPG

2009年8月17日

自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ

5歳の次男坊は誰に似たのか負けず嫌いでカンシャク持ちである。

兄貴(長男)が出来て自分に出来ないとカンシャクを起こす。

そこに言い訳をする余裕はない。言い訳をするだけの無駄な知識がないのである。

小学校3年生と幼稚園児では体のつくりも経験していることも天と地ほど違い、出来なくて当然である。

なので「言い訳」ではなく「現実的に仕方のないこと」だが言い訳はしない。

ただ「悔しい」と思う気持ちがあるだけ。

その「悔しいと思う気持ち」=摩擦のパワーが成長の糧になっていくと思っている。

大人になっていくと無駄な知識がたくさんついて、ことあることに「言い訳」をする。

自分では「現実的に仕方のないこと」と思っていることが実は「言い訳」になっていることが多々。

そのことに言っている本人は気がつかない。

言い訳を言えば自分の気持ちは晴れるであろう。

自分で自分を慰める自慰行為である。

そこに成長の糧はない。

「言い訳は進歩の敵!」とバスケット関係の先生より教わった。

「深いい話」というTVで武田鉄也さんが方向性の定まっていない若者達にこんなことを言っていた・・・。

「これからの人生、いろいろなことが起きる中で、自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ・・・」

自分を「励ますこと」と「慰めること」は似て非なるもの。正反対とも取れる。

「良くやった、がんばったな。」と自分で自分を慰めるのは死に目だけでいい。

過去を振り返っても自信の持てる生き方をして、つらい時・苦しい時に「あの時はこんなにがんばったやろ!今回もがんばれ!」と過去の自分がエールを送ってくれるような生き方が、男なら・父親なら必要だと、5歳の次男から学んだ今日この頃である。

2009年8月16日

日々の努力

昨日の野球の特訓の成果を試しにバッティングセンターへ!

長男は3年生ですが、みるからに4年生・5年生の小学生が打っているのですが、あきらかに我が息子のスイングのほうが良い!(レベルが違う)

聞くところによると、週4?5回の練習では必ず部員の数×10=140回くらいの素振りをしているらしい。

1日140回! 1週間で700回! 1ヶ月で2800回! 1年間で33600回!

体は小さくても日々の練習が知らないうちに結果が出始めています。

日々の努力は形になるのに時間がかかり、目に見えにくく、成果が分かりにくいですが、必ず花が咲く時が来ます。

こつこつと努力することが成功への一番の近道!

息子に負けず頑張っていこう!

CIMG0206.JPG

2009年8月15日

可能思考ベースの違い

本日まずは墓参り。

普段、当り前のようにして幸せに生きていることに感謝。

お盆には戦争関係のTV番組もよく放映されており、毎年考えさせられる時期です。

その後、息子達と野球の特訓へ!

1?2か月に1回程度、こういう時間をもっていますが、あいかわらず子供の成長スピードがすごいと感じます。

長男が野球を始めた1年前はキャッチボールもままならない。

今では外野フライやショートバウンドまでとれるように!

次男がまたすごい!

幼稚園児ですが金属バットを一番短く持ちライナー性の打球を打ちます。

ランニングでも家族と一緒に2?3Kmは普通に走ります。

長男(普通の幼稚園児)がこの時期にはバットに当てることすらできないと思うし、ランニングは1Kmも走らないと思います。

もちろん肉体的なことは同じなので次男ができることは長男にも出来たはず。

たったひとつ、長男は「やったことがないので出来るかどうか心配」という面に対し次男は「兄貴に出来て自分に出来ないはずがない!」という思考の違いを感じます。

可能思考がどれだけ結果を左右するか体感させられています。

これからもまずは私自身が超・可能思考で何事にも臨み、家族や社員はもちろん、事業にかかわるすべての人たちに「こんなことでも出来るんや!」という夢あふれる生き方をしていきます!

2009年8月31日

成功者はアホばかり

本日、西田文郎先生のセミナーに参加。

西田先生といえば脳研究者で、桑田真澄投手や北京オリンピックの日本女子ソフトボールに金メダルをもたらしたメンタルトレーナーとしても有名で、たくさんの著名人をメンタル指導している方です。

簡単にいうと「プラス思考」になることが脳に重要で、成功者のほとんどが肯定的錯覚をもっていると。

肯定的錯覚とは、みんな出来ないと思うようなことを「自分には出来る」と思うようなこと。

この肯定的錯覚を「アホ」と呼んでいた。

となると私も相当「アホ」である!

「アホ」なことをたくさん目指し、実践してきた。

現在も「アホ」まっしぐらである!

アホ!・・・最高のほめ言葉

いいじゃないですか!これからもどんどんアホになっていこう!

2009年8月30日

餅は餅屋

息子達に野球の壁当てを造作。

普段、あまり相手をしてやれないので少しでも楽しんで出来るようにと。

ブロックを積むことから始めたのですが、6段くらい自分で出来ると思い、やってみたら意外と難しい。

職人上がりといっても専門外のことは見様見まねで出来ることと出来ないことがありますね。

最終的に左官屋さんに頼みました(笑)

ホームベースとストラックアウトの番号を塗装し、ネットを張り完成!

息子達もテンションあがっていました(嬉)

餅は餅屋ですな!

CIMG0316.JPG

2009年8月29日

福井店オープンに向け!

2011年3月3日に福井店をオープンすることがビジョンのひとつにあります。

現在はそのために着々と準備中です。

その中のひとつに私が現場(営業や施工管理)に出なくても運営できるようにすることが必須です。

社長が現場に出ることは賛否両論あると思います。

現場から離れるとお客様目線から遠ざかる可能性がありますし、反対に社長しか出来ない業務がおろそかになる可能性もあります。

会社の発展には、社長は会社の未来業をするべきとの考えもあります。

私自身はっきりとした答えはなく、目の前の事に精一杯とりくみ、ゆくゆくはバランス良く出来れば理想的と思っています。

会社を成長させていく上でたくさんの困難が待ち受けているでしょうが、とにかくやってみよう!

困難、トラブル、どんと来い!がんばります!

2009年8月28日

大工さんの造る家

当社の大工工事を担当してもらっている大工さんが同じ町内の若夫婦さんの家を新築しました。

許可を得て見せてもらうことに。

せっかくなので社員と一緒に見学させてもらいました。


ヒノキのキッチンカウンター
CIMG0295.JPG

オールヒノキの脱衣場。
CIMG0301.JPG

埋め込み型小物入れ。
CIMG0297.JPG

パイン材の天井
CIMG0296.JPG

杉で囲まれたウオークインクローゼット。
CIMG0298.JPG


さすが大工さんの造る家!ふんだんに無垢材が使用されていていい香りが!

ここの大工さんは本当にお客様からの評判が良いです!

これからも良い仕事をお願いします!

2009年8月26日

ほめて伸ばす派?叱って伸ばす派?

本日「人材マネジメント講座」2回目。

動機づけの理論など1回目より濃い話を聞かせてもらいました。

こういった講義は理論的に聞けるので勉強になります。

アウトプットする際にはある程度理論的に話をしないと支離滅裂になってしまい、体験派で話下手な私には非常に参考になりました。

グループワークではいろいろな会社さんの話が聞け、こちらも非常に参考に。

講義にもあったのですが「人材はほめて伸ばす!」良く聞きますね。

グループの人も「ほめて、ほめて、ほめちぎります!」と言っていた人に対して、

私は「叱って、叱って、叱って、たまにほめます!」(笑)

もちろん叱ることが好きなわけではありませんが、「気づき」を多く与えるにはある程度の厳しさが必要だと思っています。

しかし「気づき」を与えるだけでは部下も迷ってしまいます。

「気づき」を与え、それに対してベクトル(方向性)を正してあげる。

ベクトルの先には常に理念・ビジョンがあります。

そうすることで正しい方向にがんばれる=成長スピードが速くなる!と思っています。

しかし頭で分かっていても実践していくと、結構難しい。

難しい=面白い!=楽しい!

人材マネジメントは本当にやりがいがあります!

地域の方々より「元気さんの社員さんはみんな良い人ばかりね!」と言われるようにこれからも、もっともっと叱っていきます(笑)

2009年8月25日

闘います!

とあるメーカーさんより「チラシに掲載している商品価格表示が安すぎるので控えてほしい」というクレーム的なお願いをされました。

メーカーさんが他の工務店さんや建築会社さんよりクレームを受けているそうです。

以前にも同じようなことがありました。

ある商品を業界相場20?30%OFFのところ、当社で50%OFFで掲載しました。

同業他社さんのお客様が「元気会社・リフォーム1と価格が違いすぎる」とクレームを受けたそうです。

当社の掲載価格(50%OFF)が仕入れより安く表示するなど、非常識なことをしているのなら、注意されて当然でしょうが50%OFFでも会社を維持していくだけの収益は確保した金額設定で、無茶苦茶な金額表示とは思っておりません。

逆に50%OFFでも収益がある商品を20?30%OFFで売っている方が「どんだけ儲けるの?」と思います。

さらにメーカーさんより「販売価格はもちろん自由ですが、商品価格が分からないように工事代とセットにした価格表示などにしてほしい」という始末・・・(怒)

リフォーム業界は金額が分からないなどグレーな部分が多すぎて、それを逆手にとり、悪質リフォーム業者などが存在するにもかかわらず、天下のメーカーさんがそんなことを言ってくるとは!

今までの悪い風習を大事にするのか?

一般消費者の方々に良い商品をより安く提供するために情報発信することが悪いことなのか?

当社は安売りをしているつもりはありません。

企業努力によって良い商品を安価で販売しても収益が出る態勢を作ったまでです。

当社が先行して金額表示をしていけば、同業他社さんも切磋琢磨して企業努力するでしょう。

その結果、良い商品や工事・サービスがより安く一般消費者の方々に届くようになっていくことが元気会社・リフォーム1の地域社会貢献とも思いました。

当社より先行してリフォーム事業をしていた業者はたくさんいますが、ほとんどが専門業(新築・ガス・電気・塗装など)をやりながら「ついでにリフォームも」という会社さんばかりです。

「地域密着のリフォーム専門店」というカテゴリーで家業ではなく企業として成功している会社は福井県にありません。

そういう意味で当社が福井県の「リフォーム専門店」のパイオニア的な存在になっていくものと思われます。

もっともっと業界を活性化させることが、新たに私たちに与えられた使命だと受け止め、変なヨコヤリに負けずに地域貢献していきます!