福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« 足場組み立て | メイン | ベランダ壁張り替え工事 »

家のレントゲン写真

こんにちは。
元気会社リフォーム1の高原和也です。


今回も住宅の構造体について、詳しく書いていきます。

t21.bmp

上の写真の斜め材は筋交といい、
地震などの建物の揺れに関して、効力を発揮します。
柱と土台、柱と梁などといっしょに金物で強固に接合して、建物の剛性を保ちます。
この部材や金物の取付に関しては、
構造体の中間検査でチェックを受けますので、非常に重要な工事となっております。

また、建物の骨組みを構成する部材のうち、
構造上比較的力のかかってこないものとして、
下の写真のような開口部の上下の部材(通常まぐさと呼んだりします。)
や柱間に配置する間柱などがあります。

t22.bmp

これらの細かい部材を
大工さんに取付していただいて、やっとサッシや
壁の下地が取付できるようになります。


これらを全て取付した
建物の全景が下の写真になります。

t23.bmp


プラモデルを組み立てるように簡単にはとてもできませんが、
何百、何千ピースもの部材で住宅は構成されています。
たくさんの部材とたくさんの人の労力がかかっていることを、
多少なりともご理解いただければと思います。

t34.bmp

家の事で何かありましたら
お気軽にお電話ください!
フリーダイヤル⇒0120-96-7507

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)