福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« ベランダ壁張り替え工事 | メイン | エコキュート »

空間の有効利用

元気会社・リフォーム1の建入です。

リフォームする際には、間取り上の無駄を無くしたい方も多いと思います。
今回は階段下と、壁の“厚み”を有効利用した例をご紹介します。

まずは階段下の有効利用の例です。

tyrt.bmp

このお宅の階段はスリップ階段と言われるものでした。
踏み板だけの階段で、向こうが見えるようなものです。

開放感はあるのですが、丸見えになってしまう分
階段の下はあまり有効に利用できません。

階段の下に物を置いて、布などで目隠ししている方も多いのではないでしょうか。
このような階段を有効に利用する方法として、
収納にしてしまうという方法があります。

階段の踏み板の奥にも板を張り、向こう側が見えないようにします。
そして階段の下に壁を作って、扉を付ければ出来上がりです。
内部に棚を作ると想像以上の収納量を取る事ができます。

続いて壁の厚みを利用した例です。

tye2.bmp

写真左側の壁にくぼんだ部分があると思います。
これは壁の厚みを利用してちょっとした飾り棚を作った例です。

写真のように飾り棚の奥だけ
壁紙を変える事で部屋のアクセントになります。


最後に少し変わった例をご紹介します。
奥の3段の棚の部分がその場所になります。

tfdgrdtgdg3.bmp

この建物は鉄骨造なので、部屋の角などに太い柱が出てきてしまいます。
鉄骨の場合は30cm近い段差になってしまう事が多く、
そのままにしておくと無駄なくぼみになってしまいます。
しかしこの写真のように棚を付ける事で、
くぼんでいる事に意味を持たせる事が出来ます。

間取り変更などで、変わった形のスペースが出来てしまう事はよくあります。
その変わった一見使いにくそうなスペースも有効に利用する事で
使いやすくなったり、見た目に面白いものに変える事が出来ます。
以上、空間の有効利用についてでした。

家の事でなにかお悩みの方は
いつでもお気軽にお電話ください!
フリーダイヤル⇒0120-96-7507

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)