福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« 2010年9月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月 9日

ちょっとした工事

こんにちは!
元気会社・リフォーム1の内田です。


今回は換気扇取付工事をご紹介させていただきます。

お部屋の空気の換気がうまく出来なかったり、

おタバコをお吸いになるのに、換気扇が欲しかったり。

そんなときは換気扇を付けてみてはいかがでしょうか?


まずは既存画像をご覧ください!

utidasannnoyatu1.bmp

この何も無い場所に換気扇の取付をすると・・・


じゃ???ん!!!

utidasannnoyatu2.bmp

どうですか?和室に合わせて、木の格子が付いた換気扇を設置しました!

取り付けるにあたり、換気扇本体を固定するための木枠を作ったり、

その木枠を固定するのに、下地が必要だったりと、
設置するのにも条件があったりします。

紐を引っ張って、ファンを回したり止めたりするのですが、

ファンを回すと同時に外部のシャッターが空いたり閉じたりします。

utidasannnoyatu3.bmp

こちらは外部の画像です。

雨風が換気扇を通って内部に入らないように、カバーも取付しました。

換気扇を1つ付けるだけでも、内部の空気の入替もしやすくなります。

当社ではこういった、ちょっとした工事もさせて頂きます。

どんな小さな工事でも全力で頑張りますので、

何か気になることがありましたら、

お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル⇒0120-96-7507

2010年10月 8日

築50年古民家再生リフォーム現地見学会!随時開催!

築50年の古民家再生の現地見学会を7月?9月随時開催しております。

昔ながらの面影は残しつつ現代風にアレンジ!

ケヤキの柱や梁、入母屋造、漆喰壁などの伝統的民家を一級建築士がリフォームします。

自信があるからできる!工事の裏側をすべてお見せします!

古民家再生、古民家リフォームをお考えの方、ぜひこの機会をご利用ください!

随時開催のため予約制となっております。

お問い合わせフォームもしくはお電話にてお申し込みください。

こちら→お問い合わせフォーム
通話無料フリーダイヤル 0120?96?7507

担当:一級建築士・建入俊元


リフォーム前画像。
IMG_1192.JPG

リフォーム前・間取り図
%E5%BB%BA%E5%85%A5%E6%97%A2%E5%AD%98%E5%9B%B3.jpg

リフォーム後・間取り図
%E5%BB%BA%E5%85%A5%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%BE%8C.jpg

サンルーム

どうも!
元気会社・リフォーム1の石脇です!!!

今回はサンルーム設置について書かせていただきたいと思います。

サンルームに関しましては先週に実際O様邸にて施工いたしました。
その話を交えながら紹介していきたいと思います!

O様がサンルームを設置するきっかけとなったのは
室内で洗濯物を干すのに抵抗があり、
天気に左右されずに外で洗濯物を干すスペースを確保したいということでした。


もちろん洗濯干し場以外の用途で使用することも可能です!


例えば・・・リビングの延長として利用したり
ペットの遊び場などなどアイディア次第で使い勝手抜群です!


特に北陸地方は天気に関しては恵まれないことが多いので
サンルームはとても便利ですね!
これで雪の降るこれからの時期も安心!

工事の日数も一日から二日で終わってしまうので、非常にお手軽な工事となります。

↓これがサンルームの施工画像です↓


issohohu.bmp


日光をどの角度からも取り入れることができるのが判ると思います。

屋根もこのタイプの場合R型といって丸みをおびているので
雪が積もる心配も御座いません。


サンルームが気になったという方は今すぐ当社へご連絡ください!!!

現場を確認の下しっかり施工させていただきます。


フリーダイヤル⇒0120-96-7507

簡単なキッチンリフォーム

水廻りのリフォームというと、
どうしても費用と日数がかかるというイメージがあると思います。
今回ご紹介するのは、
そのイメージをがらっと変えてしまうリフォーム用のキッチンです。


まずはビフォーの写真を見て下さい。

oseesi1.bmp

築20年以上たっているお家はだいたいこのような流しが多いと思います。
コンロの部分は流しと分離しているタイプです。
このような流しは、基本的に置いてあるだけです。
解体するのは比較的楽なのです。
このようなキッチンの場合、
コストを抑えてリフォームしようと思うと
タカラスタンダードさんの“簡単取替えキッチン“というものがあります。

これが工事が終わった後の写真です。

oseesi2.bmp

キッチンの取替えだけなら1日で完了します。
その理由としては、
写真でも分かるように既存のタイルはそのまま利用している事。
水栓もそのまま利用している事です。
解体の必要な部分は古い流しのみで、
あとは新しいキッチンを取り付けすればいいからです。

設備屋さんに配管をいじってもらう必要もなく、
電気屋さんが工事する必要もありません。

見た目はシステムキッチンのように天板が一体になるので、
掃除はかなり楽になります。

不必要な部分だけ壊し、必要なものだけ入れ替える。
これが工事の費用や日数を抑える大前提です。
この商品はキッチンのみ交換したいお客様にはぴったりのものだと思います。
外にもこのようなリフォーム向けの商品はいろいろとあります。

これからもお客様のご要望をしっかり聞いて、
最適なご提案が出来るよう努力して行きたいと思います。


フリーダイヤル⇒0120-96-7507

2010年10月 6日

洗面化粧台入れ替え工事

こんにちは!
元気会社リフォーム1の吉見 昌晃です!!

今回は自分が初めて一人で担当させていただいた
お客様の工事について書かせて頂きます。


このお客様はチラシをご覧になって電話でお問い合わせをしてくださった方ですが、
洗面化粧台が古くなったから入替とのことでした。


既存の写真はこちらです。

yosimono11.bmp

そしてこちらが工事をして新しく洗面化粧台を取りつけた時の写真です。

yosimono21.jpg


初めて自分一人で担当した工事だったので、
工事が終わるまですごく不安でしたが、
無事何事もなく終わらせることが出来たので本当によかったです。


当社は家の事なら何でもさせていただいております。

今回のような洗面化粧台の入替や網戸の張り替え、水洗の取替えなど、
なんでも行っておりますので、

家の事で気になる事がある方、今年中にリフォームを考えている方、
どしどし、お電話下さい!お待ちしております!

フリーダイヤル→0120-96-7507

2010年10月 5日

折れ戸

こんにちは!
元気会社・リフォーム1の工務の南です。

今回は、以前取り付け作業をしてきた折れ戸をご紹介したいと思います。

狭い場所で開き戸にすると場所をとってしまい邪魔になってしまいますが
折れ戸にすることで解消することができます。

下の画像は脱衣所の扉ですがしっかりと鍵もかけられて、明かり窓もついています。
開閉時も場所をとらず見た目もスッキリしています。

soutuki1.jpg

折れ戸ではなく、引き戸でもアウトセット引き戸という後付けの扉も
ありますので気になる方は是非一度お電話を!!


フリーダイヤル →0120-96-7507

2010年10月 4日

屋根のカバールーフ工事

こんにちは。
加藤です。

今回は屋根のカバールーフ工事の模様をお伝えします。

カバールーフ工事とは、古くなったストレート屋根に、
ガルバリウム鋼板を伏せる工事の事を言います。

既存の屋根を剥がして葺き替える方法もありますが、
工事日数・金額ともに抑えられる工法として、最近はカバールーフが主流です。


既存画像↓
ぼろぼろで、穴があいている所もありました。

katokato1.bmp

完工画像↓

katokato2.bmp

綺麗に仕上がりました。
室内の雨漏りも直りましたし、
今後は安心して生活できると、喜ばれていました。

ついでに雨樋に溜まっていた、広葉樹の葉っぱも取り除きました。

これからは、外装が気になる冬のシーズンに入っていきます。

雪が降る前に、御思案頂きたいのが屋根です。

お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル⇒0120-96-7507

2010年10月 2日

大きいーっ深?い

こんにちは。
元気会社リフォーム1の高原和也です。

今回は下の写真に写っているかなり大きな物体です。

さて、いったい何でしょう。

答えは合併浄化槽です。

最近では下水の工事の普及にともなって、
この浄化槽自体があまり見られなくなりましたし、
リフォーム工事ではあまり依頼がなっかったので、
久しぶりに拝見することとなりました。

地中に埋まってしまうと、あまり大きさが分からなくなってしまうのですが、
実際に目の当たりにすると大きく感じました。

takka1.bmp


もう一枚の写真を見ていただくと、
もっと分かりやすいかなと思いまして、別の写真を用意しました。

下の写真では、作業員の方がはしごで下りなければいけないほどの深さの所で
作業をしています。
スケール(メジャー)で深さを計測している人も穴に落ちないように注意しています。

深さはだいたい2mぐらいでした。

これから底盤と上のスラブコンクリートの厚みを15センチ以上確保して、
浄化槽の沈下と車が乗っても浄化槽に荷重負荷がかからないように、
慎重に工事を進めていかなければいけません。

takka2.bmp

さらに浄化槽の流入側と流出側の両方で勾配をとらなくてはいけなくなり、
設備業者さんの腕の見せどころとなっています。

このように建物に付属する付帯工事についても、
当社で承っておりますので、どんどんお申し出くださいますようお願い申し上げます。

フリーダイヤル⇒0120-96-7507

2010年10月 1日

トイレのバリアフリー

こんにちは!
リフォーム1プランナーの野口です。


朝晩が寒くなりますが、そろそろ鍋の美味しい時期となりますね。
最近『赤から鍋』を食べたのですが、かなり美味しかったです!

本日は、バリアフリーについてお話したいと思います。

世間ではバリアフリー住宅!とよく聞きますが、
バリアフリーとは、障害者や高齢者の生活に不便な障害を取り除こうという考え方で
道や床の段差をなくしたり、
階段のかわりにゆるやかな坂道を作ったり、
電卓や電話のボタンなどに触ればわかる印をつけたりするのがその例です。


居宅介護住宅改修費や介護予防住宅改修費という予防給付があり
居宅要支援被保険者が、住宅改修を行った時、
市町村が必要と認める場合に、費用の9割を還元払いで支給したり(上限20万)

バリアフリー化のための住宅資金貸付制度があったりと
国をあげてバリアフリー住宅を推進しています。


まずバリアフリー化されたトイレはコチラ↓

bari1.bmp

お年寄りの方は、トイレの使用頻度が高いので、
寝室とトイレの距離を出来るだけ短くします。

介助が必要な方のトイレは、
便器の側方と前方に50センチ以上の介助スペースを確保します。
介助者は、前かがみになるので、それくらいのスペースが必要です。

便器の横にある∩の手すりは、立ち座り動作を補助する縦手すりです。
そしてL字手すりは、便器への移乗や立ち座り動作の補助に設置します。

この写真の便器の下なんですが、浮いていますね。
関節リウマチの方は、膝の曲げ伸ばしが困難なので、
このように高めの便器にするか、
既存の便器の下部に建築工事で台を作って高くするという方法があります。

ちなみに建築工事で土台を作った方が安くできますのでオススメです。


そしてトイレの戸は、トイレ内での事故に備えて、
外部から開けれるように引き戸か外開き戸にするといいです。

普通トイレは、だいたい0.5坪です。
広くするには、便器をどちら側から介助する必要があるのかを、
実際に使う人と介護者の方に相談して出入口や便器の位置を決めます。

例えば、左側に麻痺がある方には、左側に介護者が立つので左側を広く取ります。

今、住環境福祉コーディネーターの勉強をしているので
このような題材にしてみました。

少しでも家の事でお悩みの方は
いつでもお電話ください!

フリーダイヤル⇒0120-96-7507

2010年10月16日

ちょっとした心遣い

こんにちは。
元気会社リフォーム1の高原和也です。


今回は、大工さんのちょっとした気遣いについてです。

下の写真は、S様邸の階段と2階のホールの境の手摺壁の納まりを写したものです。
よく見ていただきますと、手摺壁の上端の笠木と呼ばれる部分のコーナー部分が、
少し45度に角度をつけているのが分かると思います。
この納まりはなぜこうなっているかといいますと、
従来はこの部分は直角になっていまして、
出隅の部分がとがって、触ると手が切れる危険性がありました。


68465111.bmp

ところが、写真のように納めることで、触ってケガをすることもありません。

これは、私が指示したものではなく、大工さんのお客様に対しての配慮です。


いろいろな納まりがあるのですが、これから採用していきたいと思います。

大工さん、ありがとうございます。

特にコストも上がらず、材料も余分に使うこともないので、いいと思いました。

このほかにも気のついたことがあれば、どんどん紹介していきたいと思います。

フリーダイヤル⇒0120-96-7507

2010年10月15日

筋交をアクセントに

こんにちは、工務の南です。


どこのご家庭にも、一部の壁の中に筋交いという耐震補強がされていますが
今回は、その筋交いをあえて出してアクセントにしています。

minamisann10.jpg

リフォームでは、間取り変更などがある場合、
抜いていい柱と抜いてはいけない柱があります。

柱だけを残しクロスを張って収めるという現場はよくありますが、
このように筋交いも一緒に残して表に出すと落ち着いた感じがします。

写真ではわかりづらいと思いますが、この筋交いと柱にも
クロスが張られています。

自分も近くまで寄って見ないとわからないぐらい自然でした。

リフォームをお考えの方は是非一度お電話を!
フリーダイヤル→0120-96-7507 

2010年10月12日

キッチン収納

こんにちは、加藤です。


今回は、システムキッチンの収納の一部を見て頂きたいと思います。

キッチンリフォームを思案しているお客様の御意見として、
「吊戸棚を使った事がない」と言われる方が多いと思います。

そこで、吊戸棚部分も活用できるような商品の紹介をさせて頂きたいと思います。


電動式昇降吊戸棚↓

torimakato10.jpg

torimakato20.jpg

この場合ですと、よく使用されるお皿や、
グラスなども収納できるタイプになっています。
棚が間栓の高さまで下りてきますので、とても取りやすくなります。


手動式吊戸棚↓

torimakato30.jpg

torimakato40.jpg

こちらは手動です。
ちょっとした箱物や調味料なども収納する事が出来ます。


この様な設備もオプションで選出する事が可能です。
ちなみにこのお客様のキッチンはこの様になっています。

torimakato50.jpg

torimakato60.jpg

タカラスタンダードのシステムキッチンです。
壁のキッチンパネルもホーローとなっているので、
お手入れ簡単で磁石が付きます。

付属品として、磁石でくっつけるタオル掛けやお玉掛けなどもありますので、
更に使いやすくなっています。

家電収納(写真右)も付いて統一感のあるシステムキッチンになりました。


家の事で何かお悩みがありましたら
いつでもお電話ください!

フリーダイヤル⇒0120-96-7507

2010年10月11日

階段の上り下り

こんにちは!
リフォーム1 プランナーの野口です。

足の不自由な人やその介助者の階段の上り下りの負担を軽減する装置で
階段昇降機という装置があります。

mionoburogu1.bmp

直線階段では、幅が70センチ、曲線階段では、
幅が75センチ以上であることが必要ですが、操作はとても簡単です。
こういったホテルや駅に設置されているケースが多いですが、自宅でも設置できます。

mionoyaru2.bmp

そして上下階の移動を車いすのままで安全に昇降できるホームエレベーター。
外部の人間が利用できるようなところには、設置する事ができません。
そして安全を確保するために厳しい基準が定められています。

設置前には、確認申請。
そして設置後には、完了検査に年に1回の定期点検をしなければなりません。

こういった自宅改修でお客様がより快適な生活を営んでくださる事を祈っております。


何か家の事でお悩みの方はいつでもお電話ください!
フリーダイヤル⇒0120-96-7507

2010年10月20日

テラス工事

こんにちは!
元気会社・リフォーム1の内田です!!


今回はテラス設置工事をご紹介させていただきます!!

いきなりですが、完工画像をご覧ください!

kyouhasysur1.bmp

じゃ????ん!!!

元々、テラスを取り付ける予定があったので、コンクリートが打たれており、

そのコンクリートにテラスを取り付けました!!


後々のことを考えて、先に手をうっておくのにすごく関心しました!


今回は、側面は何も着けずにがらーんとした施工になりました。

しかし、ここも後々にきちんとガラスを入れる計画を立てていらっしゃるそうです。

テラスを着ける前は、この後ろが山になっていて、
冬になると雪がものすごく吹き付けて
どっさり積もってしまい、勝手口付近も使いにくいそうでしたが、
このテラスを着けたので、その心配もなくなりますね!!


お客様の想いを最高の形で実現出来るように、
全力で頑張りますので、どんな小さな工事でも、是非一度ご連絡ください!!

フリーダイヤル⇒0120-96-7507

2010年10月19日

古いものを再利用。

リフォーム1、アドバイザーの建入です。


今回は我が家のリフォームから、昔のものを再利用した例をご紹介します。


tatti1.bmp

これは娘の勉強机兼、パソコンを置く机として取り付けたものです。
この板はもともと床の間の一段下に使われていたものでした。
ケヤキの板で厚みもあったため、どこかに使おうと思っていたのです。


tatti2.bmp

もう一つケヤキの板を再利用した場所です。
この板はもともと縁側の仕上げとして使われていました。
それを再利用して廊下の仕上げとして使っています。
表面を磨いた訳ではないので、昔の傷がそのまま残っています。
それもまた“味”という事にしておきます。


この写真に写っている、3枚の引き戸。
これも場所を替え再利用したものです。

tatti13.bmp

元々の計画では新しい建具を作る予定でしたが、
予算の事を考え既存のものを利用しました。

娘がまだ小さくガラスに当たって割れては危険なので、
飛散防止シートだけは貼っています。

ふすまなどの建具は、状態が良ければふすま紙の貼り替えだけで十分です。

この他に我が家では、照明器具を再利用したり、
昔の道具をインテリアとして置いてあったりします。


古い物でも、見かたや使いかたによって立派に再生できるのです。

家の事で何かありましたら
いつでもお電話お待ちしております!

フリーダイヤル⇒0120-96-7507

2010年10月18日

埋め込み型収納キャビネット

こんにちは!
元気会社 リフォーム1 吉見 昌晃です!

今回は自分が担当させて便器の入替工事について書きたいと思います。

この工事にするにあたり、一番打ち合わせに時間を使ったのが、
手洗器の選択、 収納をどこに作るか?でした。

最初は手洗器の下に収納のキャビネットを作りたいという要望だったのですが、
高さが足りずに既存の空間にスッキリと入り、
尚且つお客様の要望に合ったキャビネットがなく、
収納を壁に埋め込んで付けるという方法を選択させていただきました。

oosaka1.bmp

これが既存の手洗器です。

工事後は・・・

oosaka2.bmp

きれいに収まり、上に付いていた棚を取ることによって空間にゆとりが生まれました。

そして一番悩んだ収納キャビネットですが、既存の写真がこちらです!

oosaka3.bmp

工事後の写真がこちらです!

oosaka4.bmp

アングルが違って見にくいですが、
壁に埋め込み型収納の大きさに沿って穴をあけ、
収納キャビネットを埋め込んでおります。


大きさもちょうど良く、窓枠の高さに合せて取り付けているので
見た目もスッキリとしています。

収納があるだけで、トイレットペーパーなど小物を入れることが出来、
整理しやすいのではないでしょうか?


トイレは狭い空間ですから、収納を設けようと思ってもその分空間が狭くなり、
圧迫感が出てしまうこともあります。


でも今回のように壁に埋め込める収納キャビネットを使うことで
圧迫感も軽減されますし、見た目もスッキリに見えるのではないでしょうか?


お家の事で困っている事がある方、
リフォームを考えている方は是非一度ご連絡ください!!

フリーダイヤル→0120-96-7507

2010年10月25日

黒い構造体

こんにちは。元気会社リフォーム1の高原和也です。

今回は、古民家の住宅の骨組みをご紹介します。

一般の方は、おうちの骨組みいわゆる構造体は、なかなか目にすることがないと思います。

実際にお住まいになっておられる方にきいても分からないとか、見たことがないという方がほとんどです。

実際解体した後の状況が下の写真ですが、真っ黒な丸太や梁が出てきました。

これは想像ですが、昔の天井のないお部屋の囲炉裏の煙が、これらの構造体が
いぶられて黒くなったと思われます。


この黒くなった丸太や梁が、なんともいえない味がでています。

最近の住宅と比較しますと、梁の数が少ないことの気がつきます。その分大きな丸太が使用されていて、自然な感じが出ています。

丸太の反り方も上のほうに反っていて、構造的にも丈夫になるように工夫されています。

お部屋にアクセントをつけたい方、古民家のイメージを出したい方などは、丸太や梁の一部または全部を表してみると面白いと思います。

設計する段階でも楽しみになります。

興味のある方は当社までご連絡お願い申し上げます。

DSCI0022.JPG

2010年10月24日

第18回市民リフォーム祭! in INAX!

第18回市民リフォーム祭! in INAX!


大好評リフォームイベント「市民リフォーム祭」を開催します!
リフォームをお考えの方、また「参考までに」とお思いの方、ぜひお越しください!
色々な得々情報・特典ありのプロと話せる2日間です!

開催日:10月23日(土) 24日(日)

時間:23日(土)10:00?16:00  24日(日)10:00?16:00

開催場所:INAX福井ショールーム⇒地図

もちろん入場無料です!お気軽にお越しください!

omote1018.JPG

urara1018.JPG

2010年10月22日

光るクロス

こんにちは!
工務の南です。


今回はS様邸の壁紙の一部をご紹介したいと思います。
一室だけ壁と天井の壁紙が通常照明の光を蓄え消灯後に光る壁紙になっています!

kyouhasaigonohi.bmp

この写真は天井を写したんですが、
月や星がちりばめられている模様になっています。

日中、光を蓄えて消灯するとこの月と星が光ってきます!

壁はよく見ないとわからないんですが、同じように光る壁紙になっています。

こういったクロスだと、お子さんがいるご家庭にはオススメだと思います。

自分も子供部屋のクロスはこういったクロスにすればよかったとすごく思いました。


これから、クロスの張り替えやリフレッシュ工事などお考えのお客様
是非一度、お電話を!!
フリーダイヤル→0120-96-7507

2010年10月21日

イメージパースとは・・・

こんにちは!
リフォーム1の野口です。


本日は、今まで建入さんや私が作成した
イメージパースをご紹介したいと思います。


%E5%BB%BA%E5%85%A5%E9%82%B8%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B9.bmp

建入さん邸のパースです。
外に木を植えたりテーブルにお皿を置いたりしました。


%E5%9D%82%E4%BA%95%E6%A7%98%E9%82%B8%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B9.bmp

S様邸のパースです。
遊び心で小さな窓を二つ斜めにしたり
抜けない柱をスリットでデザインしたりと
かなりオシャレなリフォームをなりました。


%E8%A5%BF%E5%B3%B6%E6%A7%98%E9%82%B8%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B9.bmp

N様邸のパースです。
デザイン事務所ということで
かなりオシャレなパースです。
リフォームをしっかりイメージしていただけたと思います。


%E7%AB%B9%E5%86%85%E6%A7%98%E9%82%B8%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B9.jpg

T様邸のパースです。
かなり生活感があるように作られています。
こういった小物類があると
もっとリフォームのイメージがしやすいと思います。


%E8%A5%BF%E6%9D%91%E6%A7%98%E9%82%B8%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B9.jpg

N様邸のパースです。
これは普段使っているソフトとは違うソフトで
作成したのですが、こちらも素敵なパースになっております。

大型工事だ、間取り変更だ、

・・・でもあまりイメージが出来ない・・・不安・・・

というお客様には、こういったパースを活用して
不安を取り除くことが出来ると思いますので
ぜひ、一度お問い合わせください。

フリーダイヤル⇒0120-96-7507

2010年10月31日

イメージを変える方法

こんにちは!
元気会社・リフォーム1の建入です。

今回はリフォームの際に部屋のイメージを変える事が出来る、「梁を見せる」という方法をご紹介しようと思います。

この写真は我が家の和室のビフォー写真です。
P4150597.JPG

建材ものの天井材が張ってあり、ぼろぼろでした。そして木部も赤、黒、塗装なしと3種類もある状態でした。しかし、当初は天井だけ張り替えて終了の予定でした。

そしてこちらがアフターの写真です。
IMG_3482.JPG

リフォームする予定の無い部屋でしたが天井を解体してみると、なかなか面白い木組みをしていました。

IMG_3476.JPG

この丸太を見てからはこの部屋のイメージをがらっと変えてしまおうと思っていました。
客室として使う予定の和室なのですが、部屋に入った方が驚くような部屋、そして落ち着ける部屋というのがこの部屋のコンセプトです。
色はこげ茶と白という、日本に昔からよくある組み合わせにしました。
壁は珪藻土を塗ってあり、いぐさの香りもありとてもリラックスできる部屋になりました。
以前にもこのようなリフォームを何度かしましたが、とても好評です。
リフォームの際には、天井裏の梁などを見せる事も想定に入れるのも楽しいと思います。

一つだけ注意しないといけないのは、天井が高いので暖房は効きにくいです。
シーリングファンや床暖房で暖房の問題は解決できます。

2010年10月30日

便器入れ替え工事

こんにちは!!
元気会社リフォーム1 一期生 吉見 昌晃です!!

トイレの商品を紹介したいと思います。

私が工事を担当させていただいたお客様でINAXのサティスというトイレが
あります。
自動でふたが開いたり、閉まったりしますし、お掃除リストアップといって
リモコンを押すだけで機能部が上にあがります。上がることで便器との隙間が
キレイに掃除できるようになっています。
またほのかライトと言って夜中にトイレに行っても眠気をさましすぎないぐらいの
やさしい照明が付いていて、ほんのりと照らしてくれます。

これがINAXのサティスです!!
IMG_7646.JPG

これがほのかライトがついている状態です。
IMG_7654.JPG

このトイレもリフォームタイプのものもあり、今の便器を変えるだけで
床を壊さないでも取り付けられます。

トイレの便器入替や和式から洋式にするなど、
トイレのリフォームを考えている方はお気軽にお電話下さい!

フリーダイヤル→0120-96-7507