福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« 今年のエコポイント | メイン | 熟練工の感性 »

床の断熱

リフォームアドバイザーの建入です。

今回は仕上がってしまうと分からない床下の話をしようと思います。


まず床の仕上げを新しくする場合、既存の床を残して上から新しい床を張る方法。

そして、床の下地を壊して新しく作り直す方法があります。

既存の床仕上げに上張りする場合、コストは安くすみますが断熱材が入れれない場合があります。

床下に潜って作業する高さがあれば、床下より断熱材を入れる事は可能です。

しかし、作業が出来ない場合は床下への断熱材は諦めないといけません。

床下に断熱材があるのと無いのでは、体感温度にかなりの差が出ます。

断熱をしていないと、暖房した時の高さによる温度差が激しくなります。

立ち上がると暖かいけど床に座っているととても寒い、というのは断熱されていないのが原因の場合が多いです。


それでは実際の床下断熱材を入れた写真を見てみましょう。

%E5%BA%8A%E3%81%AE%E6%96%AD%E7%86%B1%EF%BC%88%E5%86%99%E7%9C%9F1%EF%BC%89.JPG

このお宅は新しく床を作っているので、断熱材もしっかりと入っています。

床の下地である垂木(たるき)という木の間に、オレンジ色の断熱材が確認できると思います。

床の断熱材は天井や壁と違い、このような発泡スチロールのような材料です。

このように断熱材を入れ、下地の板を張った後に仕上げの板を張って行きます。

昔の作りですと断熱材も下地の板もありませんので、体感温度の違いはかなりのものです。


このように断熱をしっかりした上で、前回ご紹介した蓄熱式暖房機や床暖房を付けると快適度はさらに上がります。

蓄熱式暖房機は後からの施工も可能ですが、床暖房はなかなか難しい場合もありますので、最初の計画段階での選択が大切になってきます。

どちらとも長所や短所があり、なかなか判断が難しいと思います。

暖かいお部屋にしたいというご希望の方はぜひ一度お問い合わせ下さい。

お客様それぞれにぴったりなご提案を致します!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)