福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« 電気代節約 | メイン | トイレまわりの寸法 »

古民家の魅力 その1

こんにちは!
リフォームアドバイザーの建入です。

最近、休日の朝に畑のトマトをその場で丸かじりするのが楽しみで仕方ありません。
山が近いわりに動物に狙われないのは、おいしそうに見えないからでしょうか。
多少すっぱくても自分で作ったものはおいしいものです。


古民家の話ですが、当社の代表が「古民家再生協会」の理事をしているからこういう記事を書くわけではありません。
僕は自他共に認める、古民家好きだからです。

どれくらい好きかというと、2年以上かけて中古の古民家を探し当てました。
そしてその古民家を再生して現在我が家として住んでいます。
仕事抜きにして本当に大好きなのです。

思っている事を全部書き始めると、とても長くなってしまうので少しずつ書いていこうと思います。
最初の第一回目は、『家の重厚感』といったところでしょうか。

古民家の大きな特徴としては、「大黒柱」「大きな丸太」などがまず思い浮かびます。

7.28.1.JPG

大黒柱と古時計。とても素敵ですね。黒くくすんだ土壁を、漆喰で真っ白に塗りなおすとさらに引き立つと思います。

7.28.2.JPG

古民家の天井裏です。
いろんな形の丸太を見ていると、これだけでも芸術的です。
まっすぐな材料でもないのに、よく組立てられるなといつも関心します。
この天井裏に隠された丸太を出すのが古民家再生リフォームの楽しみの一つでもあります。
「暖房が効きにくい。」「ホコリがたまる。」その通りです。
しかし、『そこに丸太があるから。』という理由で出す事に決定する方は多いです。
僕も実はその1人で、丸太を出した部屋はけっこう寒いです。
でも、それでいいと思っています。
最近の住宅にはない開放感がそこにはあるからです。

福井・鯖江・越前市でリフォームするなら元気会社・リフォーム1
お問い合わせフォーム

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)