福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« 壁にぶち当たる時 | メイン | キッチンの寿命と、システムキッチンの良さ »

外壁の種類

こんばんは*
元気会社・リフォーム1中嶌です。

今日は外壁の種類について書きます。
 
 
 
10.25.1.bmp
【特徴】
石膏、セメントを混ぜ合わせて硬化した外壁材です。
表面上のデザインが豊富で、タイル目、レンガ調などがあります。 優れた断熱性がありますが、寒冷地では凍害が問題となるケースもあります。 最近の住宅で一番多く使われている外壁材です。
【劣化により起こるトラブル】
・紫外線による褪色
・目地のコーキング割れ
・チョーキング←劣化した塗膜表面が粉状になって剥がれる現象です。
・ボードの反り
・爆裂(寒冷地)←外壁材に沁み込んだ水分が凍って膨張し、外壁が割れる現象です。
 
 
 
10.25.2.bmp
【特徴】
砂とセメントを水で希釈して混ぜ合わせてコテで塗りつけた外壁です。防火性に優れており、強度が強い外壁材です。防水性能が低くなると、急激に劣化が進みます。 15-20年前は主流の外壁材でした。
【劣化により起こるトラブル】
・紫外線による褪色
・クラック(ひび割れ)
・カビによる汚染
・モルタルの剥離
 
 
 
10.25.3.bmp
【特徴】
金属素材のサイディングボードです。
金属素材のため、防水性が抜群で耐久性も優れています。
25-30年以上前に主流の外壁材でした。
【劣化により起こるトラブル】
・白サビ、赤錆などの腐食
・風による浮き・退色
 
 
 
10.25.4.bmp
【特徴】
スチールやアルミニウムなどの金属鋼板です。
軽くて耐久性も高いので、既存の壁の上に貼り付けられます。
断熱効果にも優れており、さびにくいのも特徴です。
 
 
 
外壁材の種類や劣化の状態によって、外壁リフォームの仕方は変わってきます。

劣化の程度が低ければ塗装で済みますし、
塗装しても基材から剥がれてきてしまうような状態ではサイディングやトタンへの貼り替え(上貼り)が必要になります。

また、長期的な視点で考えた際に、
何度も塗装するより1度の張替で済ませた方が、
足場代やその他諸経費等を鑑みると結果的にお得になる場合もあります。

そして、長期間住まう予定がないお家の場合は、雨漏りをしない必要最低限の処置でよいということになります。

お家の状態は築年数・立地条件などによって変わってきます。

外壁が気になり始めた際には、お気軽に元気会社・リフォーム1へお問い合わせください!
現地調査・お見積り・外壁シミュレーション等無料で行っております!(^^)

外壁サイトもぜひご覧下さい♪
10.6.1.jpg
10.6.2.png

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

屋根・外壁塗装なら元気会社リフォーム1!
塗装記事へ
外壁塗装専門サイトへ
お問い合わせフォーム

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)