福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« 特定保守製品。 | メイン | O様邸工事完了! »

登り梁

こんにちは。
元気会社リフォーム1の高原です。

今回は登り梁というものを取り上げました。

11.2.1.bmp

少しわかりにくいかもしれませんが、
この画像は左側中央の梁に対して、
3/10の勾配で右上がりに上がってかかっている梁のものです。

屋根の荷重を受けるために、平屋の場合は天井裏となる部分に梁や母屋と呼ばれる構造材が使われるわけですが、
屋根の高さがどうしても低く制限される場合、このようなかたちで登り梁で納めることになります。

この画像のおうちの場合、
梁を水平に納めてしまうと、部屋の天井の高さがかなり低くなり、圧迫感やうっとうしさが避けられません。

少しでも部屋の空間を広くとり、快適に暮らして頂くための納め方です。

この梁の下部は部屋の中に見えてくるため、塗装しまして、ある種のアクセントとしても効果があると思っています。

また、今回の場合、この材料は極めて乾燥しているため、割れてきたり、ヤニが出たりしないので、お薦めです。

実際の建物をご覧になられたい場合は、お早めにご連絡をいただきたいと思います。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
福井市・鯖江市・越前市のリフォームは元気会社・リフォーム1
工事品質に自信あり!どんなことでもお気軽にご相談下さい。
お問い合わせフォーム

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)