福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« システムキッチンはどう選んでいくか? | メイン | 静かなたたずまい »

外壁塗装工事。

こんにちは。
リフォームアドバイザーの建入です。

今回は外壁塗装工事が終わったY様邸のご紹介です。

Y様が外壁塗装をしようと思ったのは、外壁に白い粉のようなものが付いている事に気が付いたためです。
専門用語でいうとチョーキングといって、窯業系サイディングの表面などにおきる現象です。

このチョーキングがおきている状態は、外壁の塗膜が効果を発揮していない状況になります。
効果を発揮していないという事はだんだん外壁が傷んでいくという事ですので、メンテナンスの目安の一つとされています。

こちらがビフォー。

23.11.1.JPG

こちらがアフターです。

23.11.1.2.JPG

ほとんど同じような色を塗ってあるので分かりにくいですが、見比べるときれいになったのが分かって頂けると思います。

さらに近くで見ると塗装後の見た目は全く違います。

外壁の塗装工事は10?15年のサイクルで行うのが理想とされています。

みなさんも一度外壁の表面をチェックしてみましょう。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

屋根・外壁塗装なら元気会社リフォーム1!
塗装記事へ
外壁塗装専門サイトへ
お問い合わせフォーム

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)