福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« 日曜大工。 | メイン | 小屋筋交い »

リフォームをどこで止めるか。

こんにちは。リフォームアドバイザーの建入です。

今回はなかなか難しい、工事範囲についてです。

リフォーム工事は今まで古かったものをきれいにする工事です。
きれいになった場所はいいのですが、部分的にすると手を付けていない場所が目立ってしまいます。

どこで工事をとめればいいかというのは以外に難しいものです。

そのリフォームする部屋がどれくらいの重要度があるかという事が、一番の判断材料だと思います。

例えば脱衣所などは、ほぼお家の人しか入る事はありません
お家の皆さんが納得出来るようでしたら、部分的にきれいにしてもいいと思います。

お風呂リフォームをした際にお風呂の入口のサイズが変わるので、脱衣所とお風呂の境の壁は一度解体しないといけません。
そのため、必ず一面は壁紙を貼り替える事になります。
脱衣所に関して言えば、壁は一面だけの貼り替えで問題ないと思います。

次にトイレのリフォームの事を考えてみます。
トイレはお客様も使う場所になります。
そのような場所で、例えば一面だけ貼り替えというのは考えものだと思います。

このように、部屋ごとに考えてみるとわかりやすいと思います。

また、既存の建具を残すような場合も注意した方がいいと思います。
建具の汚れ具合によってはリフォームしたのに何かきれいになっていない印象になってしまう事もあります。

掃除すればきれいになって使用出来そうなのか、リフォーム後目立ってしまうのか、という点で迷われる方も多いと思います。
その際には一度ご相談下さい。
イメージや予算と相談して適切なご提案が出来ると思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)