福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« 無料設計相談会★ | メイン | 増築工事 その1 »

和室造作材

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。

土曜・日曜は無料設計相談会でした。
ご来場頂きました皆様、誠にありがとうございます。

今日は和室の造作材について書きたいと思います。

この画像の中に白っぽい木が3種類使用されています。

24.8.27.1.JPG

天井は杉、柱と長押は桧、建具の縁はスプルースという木材の種類になります。

それぞれの木がそれぞれの役割に適した場所に使用されます。

例えば建具に使用されているスプルースは、比較的軟らかい木なので、柱に使われる事などはありません。

杉や桧はそれに比べれば、多用途に使われているほうですが、建具に杉の木の材料を使うこともめずらしいことになります。

軟らか過ぎて引き戸などですと次第に削られていってしまうからです。

また、木材には柾目と板目(木目)とがあり、柱や天井板などはこの柾目、板目で印象がガラッとかわります。

板目と柾目

例えば縁側によく使われます、木材の目(年輪の間隔)の細かい縁甲板とよばれるものはだいたいが柾目になります。

どんな木をどんな感じで使って、それをどのように表現するか、方法は多岐におよびます。

コストにも差がでますので、最適な方法を設計者に相談してみて、見栄えのするお部屋にしていきましょう。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)