福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« 2012年9月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月 1日

LDK改装

こんにちは!
ナチュレホーム中嶌です。

今日は先日ご注文頂いたLDKの改装工事についてです(^^)

既存のダイニングと居間の間にある壁をとるという間取り変更工事です。

キッチンとお子様が遊ぶ部屋が離れているため、
キッチンで家事をしていると子どもたちの気配が分からなくて心配...という奥様のご要望です。

こちらがそのパース。

▼既存キッチンから
既存キッチン.bmp

▼改修後 イメージ図
パース キッチンから.bmp

既存のダイニングと居間の間の壁を取り、広い一つのLDKにすることで、お部屋につながりが生まれました。
これで、やんちゃ盛りの息子様達のご様子もバッチリ見ることができます!

今回の提案で特に気を付けた点は「耐震性能」です。

壁をとるということは簡単なことではありません。
特に今回はかなり築浅のお家でしたので、
新築時にしっかり計算されている耐震性能を保ちながら、住みやすく改修を行う必要がありました。

今回は、天井の梁の補強、新設壁や既存壁の補強を行い、
改修後も、開放感を得つつ「強く、バランスのとれた」家になるよう
耐震診断ソフトを用いた耐震強度計算を行い、プランを決定しました。

これからずっとこのお家に住み続けていくのはお客様です。
お客様のことを第一に考えた提案をしていきたいと思います。(*^^)/


2012年10月 2日

LDK改装 その2

こんにちは*
ナチュレホーム中嶌です。

前回に引き続き鯖江市A様邸のLDK改装工事をご紹介します。

▼こちらが改装後イメージ図です。
内装2.bmp

▼既存では明るい茶色だった床の色を、思い切って全面白に変更されることになりました!
CIMG2165.JPG

現在、A様の妹様ご夫婦がナチュレホームで新築を建てるため打ち合わせ中なのですが、
奇しくも床の色は同じホワイトになりそうです。笑

白色の床はホコリや髪の毛が目立つ・汚れが目立つというデメリットもありますが、
お部屋が明るく感じられるようになり、また、モダンでおしゃれな雰囲気になるというメリットもあります。

どの製品にもメリット・デメリットはありますので、
お客様にきちんとご説明した上で選んで頂く事が大事だと思います。

照明も新設する事になり、ビフォーアフターが楽しみです!

《本日の嬉しいニュース》
塗装職人のOさんの息子さんが野球の北信越大会で活躍されたそうです!
日々の努力が実を結んだのだと思います。将来有望ですね!
わたしたちも負けずに日々努力・向上していきたいと感じた、嬉しいニュースでしたっ(^^)/


2012年10月 3日

A様邸キッチン完成1

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回はA様邸キッチンリフォームが完成しましたのでご紹介します。

まずはビフォーの写真です。

24.9.15.1.jpg

そして、こちらが完成後です。

24.9.15.2.jpg

24.9.15.3.jpg

24.9.15.4.jpg
A様邸のキッチンはトーヨーキッチンのBAY
全体がステンレスで出来ているのでとても豪華に見えます。
3Dシンクというトーヨーさんならではのシンクの作りも使いやすそうです。
キッチンに足が付いているのも家具のようで面白いですね。

床の仕上げはフロアタイルという材料を使いました。大理石調の樹脂で出来たタイルを張っています。見た目はまるで本物です。
 
A様邸のキッチンは大きく分けて白、シルバー、(少し青が入った)黒の3種類でいろいろなものをコーディネートしてあります。

キッチン、キッチン背面に付いている棚はシルバー、コンロ横のモザイクタイル、キッチンの下の床、食器棚は黒。

そして食事スペースの床、壁紙は白です。よく見ると黒といっても青っぽい黒から真っ黒までありますが、ある程度意識を持って統一する事で、全体的に見てしっくりきます。

次回はもう少し細かい場所のご紹介をします。



2012年10月 4日

A様邸キッチン完成2

こんにちは。アドバイザーの建入です。

前回に引き続きA様邸キッチンリフォームのご紹介です。

24.9.15.1-1.jpg

24.9.15.2-.jpg

ガスコンロの横にはベネツィアンモザイクという、モザイクタイルが張ってあります。
ガラスの表面に特殊なコーティングがしてあり、光の当たり具合で様々な表情になります。

24.9.15.3-.jpg

メインの照明はシャンデリアです。
天井に付いているのはメダリオンというもので、合わせて付ける事でとても豪華に見えます。
天井の壁紙との組み合わせもばっちりですね。

24.9.15.4-.jpg

そして、キッチン入口の引き戸です。

24.9.15.5-.jpg

天井までの大きな建具にステンドグラスを入れてあります。
部屋全体のイメージにも合っていて、世界に一つしかない建具が出来ました。

A様の想いがたくさん詰まった、すばらしいキッチンになりました。

2012年10月 5日

キッチンの収納あれこれ

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。

最初に最近完工させていただきました、LDKの画像を2つ載せます。

24.9.13.1.JPG

24.9.13.2.JPG

どちらも対面キッチンになっていて、キッチンの真上にはIH用のレンジフードだけです。

どちらも吊戸棚が付いていないので、お部屋がスッキリとしていて解放感があります。

また、画像1のお客様のIHの正面の壁には板ガラスが組み込まれていて、明るさや解放感を保ちつつ、調理時の油の跳ねなども防ぐかたちをとっています。

以前は、キッチンの吊戸棚はほとんどのお客様のお家についていましたが、最近はキッチン自体の収納量が多くなったこと、吊戸棚のかわりにカップボード(食器棚)などを要望されることが多くなったことや美観重視などの観点から、だんだん少なくなってきているように思います。

実際に使用してみると、ものを取り出すのに高くて取りづらかったり、低いと頭に当たらなくても、うっとうしかったりということで、お客様と高さを決めかねたりということもありました。

また、画像2のお客様のキッチンの奥の部屋は食品庫となっていまして、棚付きの合計3畳のスペースを確保してあります。

今回は収納のことばかりになりましたが、キッチンを含めたLDKのレイアウトを考えていくと、いろいろなことが考えの中に出てきて、悩んだりするのですが、これも家づくりの中の楽しみのひとつではないかと思います。

2012年10月 6日

採光について

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。

建物のプランをする時の重要な要素のひとつに、採光計画があります。

やはり暗いところでは、気分も良くありませんし、細かい字を見たり、家事をするにしても手元や足元は明るいにこしたことはありません。

お部屋のほうは、外に面していることが多いので、窓から明かりをとることが可能ですが、そのかわり、廊下や階段廻りなどは、お家の中心になることがあり、比較的採光がとりづらいことがあります。

そこで、ときどき下の画像のような壁面に小さな窓をつけることがあります。

24.9.17.1.JPG

この画像は、トイレの前の廊下部分が直接日が差さないので、隣の部屋の明るさを取り入れるために、部屋境に小窓を取り付けたものです。

日光などの自然光は、ある程度角度がついてお家の中に入ってきますので、比較的目線より上のほうに設けることが多いです。

居室に関しては、建築基準法上の規定もあり、一定の面積以上の窓が必要です。

ごく稀にこの面積が満たされない場合は、天窓といって、屋根にサッシやガラス瓦を取り付ける場合もあるくらいです。(雨漏りや結露の原因になるのであまりおすすめではありませんが。)

先の基準法は、国民の生命、健康、財産を守るための法律です。

新築や増改築をするときは、一度当社の建築士にご相談いただければと思います。

2012年10月 9日

杉の羽目板

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。

今回は、内外装に時々使用されます羽目板について書きます。

羽目板の中でもよく見るものは、やはり杉材の羽目板です。

杉は福井県では最も身近な樹種であり、柱などの構造材から鴨居や廻り縁といった造作材、タルキや胴縁といった下地材など幅広く使用されています。

さて、今回とりあげました、羽目板は節の有るものないもの、色の白いものから赤いものまで様々なものがあります。

24.9.20.1.JPG

無垢材はひとつとして同じ物がないので、揃えるのに難しい点がありますが、自然な感じがして、風情を感じさせてくれます。

節のあるものは死に節と抜け節をさけて、節がとれて穴があいてしまったということがないようにしたいものです。

また、無垢材の特徴として、乾燥してくると若干縮むので、塗装する際はあらかじめ施工前に塗装しておくなどの配慮も必要です。

色々書きましたが、クロスやサイディングにない温かみをもった木材は、これからも根強く使われ続けられるでしょう。


2012年10月10日

お客様の声

こんにちは。リフォームアドバイザーの建入です。

今回は僕の担当したお客様から頂いた、当社への感想をご紹介します。

まずは、イベントのチラシを見てお問い合わせ頂いたお客様です。
工事内容は外壁の塗装工事と、屋上のFRP防水です。

24.9.22.1.JPEG

ここに書かれてあるとおり、塗装工事や防水工事は基本的に長持ちしないといけません。
きちんとした性能を発揮するため、工事の管理はきちんと行っています。
そして協力業者さんを含め、きちんとした対応をするように心がけています。

こちらは当社とお取引して頂いている業者さんです。
当社とのやりとりを通じてお仕事をさせて頂くのはとても嬉しい事です。

24.9.22.2.JPEG

このお客様とは、おしゃれなリフォームをするためにイメージをしっかりと聞く事に重点をおいて打ち合わせをしました。
そして予算をオーバーしないために、費用をかける場所、なるべくかけない場所をじっくりと検討しました。
予算内でイメージ以上のものを提供するのが僕達の仕事の醍醐味だと思っています。

2012年10月11日

ミニキッチンに最適な100ボルトIH

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回はIHクッキングヒーターの中でも、費用も安く工事時間も非常に短い100ボルトの据置型IHをご紹介します。

まずは、ミニキッチンによくある電気調理器を外します。このお宅はキッチン内にコンセントがあったので、電気工事は不要でした。

24.9.19.1.jpg

そして、穴が空いたままだと使いにくいので、ステンレスの板を加工したものを固定します。

24.9.19.2.jpg

そして、最後にIHを置いて終了。工事の時間としては30分程でしょうか。

24.9.19.3.jpg

キッチンの作りにもよりますが、電気工事がなければ1時間程みておけば間違いなく終わります。

コンセントが無いと使えないので、近くにコンセントが無い場合は増設工事が必要になります。

それでも半日あれば終わると思います。

火力は200VのIHよりは弱いので主力としては使えませんが、ミニキッチンでお湯を沸かす程度ならば最適です。

ミニキッチンをお持ちの方は一度ご検討下さい。

2012年10月12日

新築・リフォーム・不動産総合イベント開催します!

こんばんは*
ナチュレホーム中嶌です。

明日・明後日はいよいよイベントです!

福井駅裏のAOSSA(アオッサ)2階、ヤマハショールームにて
新築・リフォーム・不動産の総合イベントを行います。

福井銀行による住宅ローン相談や、
ファイナンシャルプランナーをお呼びしての家計見直し相談、保険見直し相談のコーナーもあります!

久しぶりの大規模イベントで、スタッフ全員ワクワクしています!

ご来場の方にはお菓子詰め放題をプレゼントいたします(^^)

さらに、お見積り依頼の方には、クッキングセット or 温泉セットをプレゼント!
今日、高原さんにおべんとうやさんのお惣菜を献上しました。(食べきれなかったので・・・)
「コロッケがやたらとうまかった!」と言っておられて、
「何コロッケでしたか?」と聞くと
「・・・・・・・。」と悩み
「・・・イモが・・・入っていたような。」
と言われたのがちょっとおもしろかったです。

そういえばちょうど今日、AOSSAにカワイイ100均「Seria」がオープンしたそうです。
ファッション、雑貨、住まい、食事、図書館・・・なんでもあるAOSSAにぜひお立ち寄りください(*^^)v
明日は2階のヤマハショールームにてお待ちしています!

2012年10月13日

ナチュレホームの住まい博!

いつもありがとうございます*
ナチュレホーム中嶌です。

今日は福井市AOSSAでのイベント1日目でした。

ご来場頂いた皆様、誠にありがとうございました!

OB様のご来場も多く、とても嬉しかったです!

また明日も同じくAOSSAの2階、ヤマハショールームにて10:30?16:00までイベントを開催しております。

これからマイホーム取得を考えておられる方、
ちょっと話だけでも聞いてみようかな?とお思いの方、
「住まい」に関して疑問や質問、ご相談がおありの方は、ぜひ遊びに来て下さい!

新築・不動産・リフォーム・・・「住まい」に関する事なら何でもお聞きください(^^)

明日もお待ちしております!

2012年10月15日

新築か、リフォームか。

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回はよく話題に上がる事の多い、新築かリフォームかの境界を考えてみたいと思います。

家族が増えたりすると、大きいリフォームを考える方がいます。

その際によく聞かれるのが、『どうせなら壊して立て直した方が早いんじゃないの。』というお言葉です。

この問題はよく聞かれるのですがなかなか一概にこうです、という答えの出るものではないのです。


まず、新築の利点としては

間取りが自由に決められる。

性能が高い。(構造、断熱、気密など)

というところが大きいと思います。

しかし、リフォームと比べると欠点もあります。

予算的には大幅に上がってしまう。

引越しをしないといけない。

各種手数料、税金がかかる(登記費用、不動産取得税、固定資産税が上がるなど)


リフォームの利点としては

住みながら工事が出来る。

予算的に新築より安くつく。

手数料、税金などがあまりかからない。(固定資産税据え置き)

思い出の詰まった家をそのまま使える。

欠点としては

予測の難しい部分もあり、適切に調査出来ないと費用に見合った工事が出来ない。

部分的にするような場合は工事の区切りが難しい。

住みながら出来る反面、工事中のお客様の負担は新築よりは大きい。


上記のように、新築・リフォーム共に利点・欠点があります。

ここで迷っている方は、まず予算をある程度決め、家に求めるものをよくご家族と相談される事をお勧めします。

そして私達が現場調査する事によって、新築の方がいいかリフォームの方がいいのかの判断が出来ます。

家の事は難しい事が多いと思います。分からない事は何でもご相談下さい!


◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆

2012年10月16日

建物の基礎

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。

今回は、新築工事での基礎工事の最初の段階の砕石地業の風景を載せてみました。

24.10.1.1.JPG

24.10.1.2.JPG

基礎工事は、いくら地盤が堅いからといっても、それだけでは安心できません。

鉄筋を入れてコンクリートを流し込んでしまえば、丈夫な基礎が出来るのですが、その前の段階の砕石地業も機械で転圧して、よく締め固めをしないと、不同沈下を起こす危険性があるので、十分注意します。

今回は、配管工事を先行したため、損傷がないように細心の注意も払いました。

どの工事でも同じですが、特に出来あがってしまったあとの基礎工事はやり直しがききません。

絶対に傾いたりして、大きな瑕疵ができないよう、責任をもって明日施工して行きます。

何でも基礎が大事です。文字どおり建物の一番のベースになる工事をしっかりと監理していきます。

2012年10月18日

お客様の声

お客様の声をご紹介します!

こんにちは(^^)
ナチュレホーム中嶌です。

今日は、お客様から頂いたアンケートシートをご紹介します。

img057.jpg

越前市氷坂町Y様!

どうして当社を選んでくださいましたか?
オール電化と内窓について情報収集していたところ、HPで「元気会社・リフォーム1」を知りました。
実際に色々と相談した際にも、丁寧で熱意ある社員さんの対応に信頼感が持て、お願いする事にしました。
施工後の今のお気持ちを、お聞かせください!
工事途中の細かな注文・要望にも対応して頂け、アフターサービスも安心してお願いできそうな気がしました。
何よりも今後の家の修繕やリフォームも相談できる業者さんと出会えたと思えるのが一番の収穫でした。


09_24_1.JPEG

鯖江市新横江N様!
どうして当社を選んでくださいましたか?
ネットを見て。
施工後の今のお気持ちを、お聞かせください!
子供部屋のリフォームをお願いしました。とてもキレイになって、子ども達も喜んでいます。ただ、大工さんの工事がてまどったのか、連日遅くまでかかっていたので、もう少し早い時間で終わっていただけると、もっと良かったかなと。突発的なアクシデントもありましたが、それは迅速に対応していただけたので良かったです。仕上がりにはとても満足しています。

Y様、N様、ありがとうございました!
Y様も、N様も、かわいい元気なお子様がおられるので、これからアフターメンテナンスでお伺いした際に、お子様たちの成長を拝見するのが楽しみです。
これからもナチュレホームをよろしくお願いします!

2012年10月19日

基礎工事 根入れ

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。

今回も、基礎工事の続きで、施工上の気を付けていることを書きます。

ベタ基礎の場合、根入れ深さといって、地盤面より、基礎の底盤の下面が12?以上下がっていないといけないという決まりがあります。

24.10.8.1.JPG

これは、基礎の底盤が浅いと地震時に建物が転倒する恐れが高いために、決められていることです。

時々、残土処分を少なくするために根入れを浅くして工事をしている現場も見かけますが、これはよくありません。

また、根入れが浅いと、冬場に地中の浅い部分の水分が凍結したときに、建物を持ちあげるような現象を起こして、建物の安定性を失う恐れがあるということも、意外と知られていない事なので注意したいところです。

また、リビングなどの広いお部屋の基礎の立ち上りの部分は、縦または横のスパン(間隔)が4m以上あることが多いのですが、このことも建物の強度確保と安定性を保つ観点からすると、4m以内に立ち上りの基礎を設ける事が望ましいです。

当社では、これらの点を十分注意して施工にあたっています。お客様に安心できる建物を提供できるように、前回の鉄筋同様、しっかり監理していきます。

2012年10月20日

鎮め物

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。

今回は、地鎮祭の祭壇にかかげられます、鎮め物についてです。

一生のうちで地鎮祭に参加するということは、一般の方ではそう何回もないと思います。

ですから、この鎮め物を見たことのある方は少ないのではないでしょうか。

鎮め物とは、これから始まる工事の安全と生活の安定を祈念するために、土地の神様に対してこの鎮め物をささげて、丁重にお祭りするという意味があるようです。

24.9.27.1.jpg

基礎工事の途中、コンクリートを打設する直前ぐらいに、建物の中央付近の地面を掘ってこれを埋めておきます。

地域によっては、地鎮祭の時に使った竹やしめ飾りなども一緒に埋めることもあるそうです。

神様に関することなので粗相のないようにしていきたいと思います。

2012年10月22日

外壁塗装レポート1 福井市H様邸

こんにちは*
ナチュレホーム中嶌です。

秋は塗装に最適な季節!という訳で、福井市H様邸の外壁塗装をご紹介します。

まずはコーキングの打ち直しからです。

古くなったコーキングをカッターで撤去し、新しいコーキングを打ちます。

24.9.25.1.JPG 24.9.25.2.JPG
▲コーキングガンで「変成シリコン」コーキングを打ちます。

「変成シリコン」は塗料を弾かず、油分のブリード(油が浮き出て黒く変色する事)も起きないので、
当社では変成シリコンを標準仕様にしています。

ホームセンターやインターネット等で安く売られているコーキング剤は、
黒くなったり、長い間ネバネバしていたり、周囲が変色したりすることがあります。
また、この上から塗装すると、塗料の成分と反応して、変成したり変色したりすることもあります。

これは、コーキング剤に含まれる成分の違いですので、DIYでコーキングされる際は
「変成シリコン」のものを選ぶことをおすすめします!

この後、ヘラで表面をならし、周囲のマスキングテープを剥がします。

コーキング打設が終わってから、3日間の乾燥期間を設け、しっかり定着させます。

【おまけ】
DSCF1663.jpg
▲事務所の看板を取ると、もともとの外壁の色が現れました!

DSCF1671.jpg DSCF1669.jpg
▲触ってみると・・・

外気にさらされていた部分の外壁はチョーキング(塗料が劣化し、粉状になること)の粉が指にかなり付きました。
それに対し、看板の下で紫外線や雨風から守られていた部分はツヤがあり、
チョーキングもほとんど起こっていませんでした。

特に、塗料を劣化させる一番の原因は紫外線だと言われています。
太陽のエネルギーはすごいです・・・。

次回は「高圧洗浄」と「養生」をレポートします!

2012年10月23日

外壁塗装レポート2 福井市H様邸

外壁塗装レポートその2です!

こんにちは*
ナチュレホーム中嶌です。

本日も引き続き福井市H様邸の工事をご紹介します。

▼高圧洗浄!
DSCF1678.jpg

▼エアコンの室外機等はブルーシートで覆って養生します。
DSCF1675.jpg

▼高圧洗浄後の水は、チョーキングの粉で真っ白!
DSCF1673.jpg
このままだと、土間コンクリートが白くなるので、高圧洗浄後が終わった後に土間も流します。

▼高圧洗浄は養生ネットが必須です。
DSCF1661.jpg
ネットを貼っていないと、高圧洗浄の水が飛び散ってしまうので、市街地や住宅地の現場ではしっかり養生ネットを貼ります。

周りが田んぼである場合や、お隣様との距離が十分確保できる場合は、
養生ネットを貼らず、その分リフォーム費を節約して頂けることもあります。

▼高圧洗浄後、しっかり乾燥させたら次は下塗りです。・・・の前に、養生をしっかりします!
24.9.28.1.jpg
これ、ちゃんと玄関ドアが開くように養生してあります。職人技です。

▼玄関付近の足場です。ぶつかったりひっかけたり、危険のないよう赤い布で目立たせています。
24.9.28.2.jpg

▼塗装職人さんの作業場所には、土間コンクリートに塗料が付かないようシートを敷いて。
24.9.28.3.jpg

次の工程は、下塗りです!

2012年10月25日

外壁塗装レポート3 福井市H様邸

外壁塗装レポート第三弾!

こんにちは*
ナチュレホームの中嶌です。

今日も福井市H様邸の工事をご紹介します。

コーキング→高圧洗浄→養生・・・ときましたが、次はいよいよ塗装です!

まずは、下塗りです。

IMAG1371.jpg
▲下塗り剤は「シーラー」という、上塗り塗料と壁との密着性を高める塗料を塗ります。

IMAG1372.jpg
▲H様邸では、上塗りにロックペイントのシリコン塗料「ユメロック」を塗るので、
シーラーも専用の「ユメロックシーラー」を使用!

IMAG1375.jpg
▲陰影があり分かりづらいですが、角の右側はシーラー塗布後の壁、左側は無塗装の状態です。
シーラーを塗った方は「濡れ色」になり、ツヤツヤになりました。

次回は中塗りです!

2012年10月26日

住まい博第二弾開催!

こんにちは*
ナチュレホーム中嶌です。

明日はいよいよ『住まい博 in AOSSA』第二弾です!!

新築・土地探し・リフォーム・増改築・不動産・資金計画・・・
住まいの事ならなんでもご相談下さい!

20121027-28チラシ.png

チラシ裏.bmp
※クリックで拡大します。

ご来場プレゼントやキッズコーナー、お子様限定お菓子つかみどり等もご用意しています!

プロのファイナンシャルプランナーによる家計の見直し相談コーナーもあります!

明日は駅前で音楽のイベントも開催されるそうです。ぜひAOSSAにも遊びに来て下さいね(*^^)v

スタッフ一同お待ちしております!

日時: 10/27(土)10:00-17:00
     10/28(日)10:00-16:00

会場: AOSSA(アオッサ)2階 ヤマハリビングテックショールーム
     福井市手寄1丁目4-1

map_big.jpg

ご不明な点はフリーダイアル0120-96-7507までお問い合わせ下さい。

◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆

2012年10月29日

資金計画のすすめ。

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回は大きな資金の必要な新築・リフォームの際の資金計画について書こうと思います。

2年前、僕自身中古住宅を買ってリフォームして引越しをしました。
新築ほどではありませんが多くのお金が必要なため、当然住宅ローンを借りる事になります。

しかし、この住宅ローンを果たしてちゃんと払っていけるのか、これはかなり重要な問題になります。

住宅ローンを組む時相談先としてまず思い浮かぶのが、銀行だと思います。
当然、実際にお金を借りる場所ですのでまずはみなさんそういう流れになるでしょう。

銀行さんでは「あなたにはこれくらいの金額をお貸しできます。」という事は言ってくれます。
そして借りる金額や年数を調整する事で、月に払う金額などもある程度調節できます。
 
そこで問題なのが、その金額が妥当かどうかなのです。
住宅ローンというと、20?35年の長い期間借りる方が多いと思います。

その長い年月の間には様々なイベントがあり、お金が必要になる事が多いのです。
子供が産まれた。車を買い替える。教育費用。子供の結婚式。
正直、ここまで長いスパンでお金の流れを読むのは不可能だと思います。

それでも何か安心材料が欲しく、僕はあるシュミレーションをしてもらいました。
生涯の資金計画のようなものです。
それにより、現在計画している住宅ローンの金額が妥当か、将来的にお金が無くなって困る事がないかという事も分かります。

ここまでされるかどうかは個人差があると思いますが、少しでも将来の安心を得るためにはしっかりとした計画をする事が必要です。

当社ではファイナンシャルプランナーによるライフプランのシミュレーションサービスも無料で行っておりますので、ご興味のある方はお気軽にご連絡下さい!


2012年10月30日

イベントご参加ありがとうございました!

土・日はAOSSAヤマハショールームにて「住まい博」を開催しました!

貴重な休日にお越し頂いた皆様、本当にありがとうございました!!

また、ご協力頂いたヤマハさん、ライフパートナーズさん、ありがとうございました!

以前工事して頂いたOB様ともたくさんお会いできて、嬉しかったです(^^)
「一度のご縁を、一生のご縁に」をモットーにしている当社にとって、
こうやって長い間応援して下さるOB様は本当にありがたい存在です。
これからもよろしくお願いします!

駐車場が早い段階で満車という誤算もあり、ご迷惑をおかけしましたが
沢山のお客様にご来場頂きました。
もし、「新築やリフォームの相談に行こうと思ったけど行けなかった・・・」という方はお気軽にご一報下さい。
個別でご対応させて頂きます!

建築の秋ということで、フル稼働中のナチュレホームです。
工事監理のホワイトボードはもうずっとビッシリ!埋まっております。
これからもスタッフ全員バリバリがんばりますのでよろしくお願いします!!

2012年10月31日

芋の収穫。

こんにちは。アドバイザーの建入です。

さて、今回は我が家で作っていた芋のお話です。

安納芋という、とても甘い芋を食べたのが去年の秋だったかと思います。
これは美味い!という事で、自分の家で作る事にしました。

植えて放っておくとどんどん大きくなるので、ほとんど手はかからなかったです。

そしてとれたのが、この芋たちです。

2012.10.6.1.jpg

意外と多くとれました。
かなり大きい芋もあるのですが、大きいものは筋がいっぱいあって食べにくい事もわかりました。
手ごろなサイズが一番いいようです。

2012.10.6.2.jpg

ふかしてみると、独特の食感。
ねっとりというか、もっちりというか。
しかし、以前感動した程の甘みはありませんでした。
これは気候なのか、肥料のやりかたなのか。

野菜作りというのは奥が深いと改めて感じました。