福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« キッチンの収納あれこれ | メイン | 杉の羽目板 »

採光について

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。

建物のプランをする時の重要な要素のひとつに、採光計画があります。

やはり暗いところでは、気分も良くありませんし、細かい字を見たり、家事をするにしても手元や足元は明るいにこしたことはありません。

お部屋のほうは、外に面していることが多いので、窓から明かりをとることが可能ですが、そのかわり、廊下や階段廻りなどは、お家の中心になることがあり、比較的採光がとりづらいことがあります。

そこで、ときどき下の画像のような壁面に小さな窓をつけることがあります。

24.9.17.1.JPG

この画像は、トイレの前の廊下部分が直接日が差さないので、隣の部屋の明るさを取り入れるために、部屋境に小窓を取り付けたものです。

日光などの自然光は、ある程度角度がついてお家の中に入ってきますので、比較的目線より上のほうに設けることが多いです。

居室に関しては、建築基準法上の規定もあり、一定の面積以上の窓が必要です。

ごく稀にこの面積が満たされない場合は、天窓といって、屋根にサッシやガラス瓦を取り付ける場合もあるくらいです。(雨漏りや結露の原因になるのであまりおすすめではありませんが。)

先の基準法は、国民の生命、健康、財産を守るための法律です。

新築や増改築をするときは、一度当社の建築士にご相談いただければと思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)