福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« 2012年11月 | メイン | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月 1日

ジョブフェスタ出展!

こんにちは*
ナチュレホーム中嶌です。

今日は福井市商工会議所で行われた合同企業説明会に出展しました!

ふくいジョブカフェ主催の「ジョブフェスタ」
IMAG1475.jpg
代表坂井によるナチュレホーム紹介!

ブースにお越し頂いた皆様ありがとうございました!
たくさんの方が興味を持って下さって嬉しかったです。

私が就活をしていたのがもう3年前か・・・(・口・)と時の流れに驚愕もしましたが、学生さん達の素直なまなざしに初心を刺激されました。

よく「初心を思い出す」「初心を忘れず」と言いますが、この会社で前進していく以上、「初心」を忘れ去ってしまうことはないと思います。
入社時に持っていた心の「熱」を、ずっと保ち続けられる環境のある会社です。
・・・もちろん自分次第ですが!

学生のみなさんへ(^^)
いよいよ就活が始まりますが、楽しみながらがんばっていきましょう!
それでは、今日はお疲れさまでした★


2012年12月 3日

ナチュレホーム広報

こんにちは*
ナチュレホーム中嶌です。

今日は社内の業務をご紹介します!

チラシや広告等の印刷物は、弊社代表の坂井や広報担当(仮)の中嶌が
デザイナーさんや業者さんと打ち合わせをして作っています。

お客様にお渡しする資料や、リフォームのコツをまとめた冊子、施工事例集など、
社内で作成しているものも沢山あります!

コピー ? DSCF1896.jpg

デザイナーさんや印刷会社さんに頼むよりも、時間や経費を抑えられるものについては社内で行うのが基本です。
会社を運営していくにあたって必要な宣伝広告費も、
全てはお客様から頂いている大切なお金なので、なるべく効率化、内省化を図っています!

その他、のぼりや名刺、足場シート、OB様へのダイレクトメール等も社内で作成。
図1.png
のぼり4種。

図2.png
名刺裏面。社長Ver.!

OB様DM.jpg 水まわりキャンペーン.jpg
ダイレクトメールやお知らせなど。
その他多数!

営業だけでなく、プランナーや広報としての業務にも携わることができるのは貴重な経験だと思います。
何でも任せて頂ける環境なので、自然とヤル気がわいてきます!o(`へ´)o =3 

そして、こういった事を自社で取り組むことで、会社としての総合力をアップさせていきたいと思います!

中嶌でした(^-^)/


2012年12月 4日

二世帯リフォーム T様邸

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回はT様邸の二世帯リフォームをご紹介します。

T様邸はお客様の結婚を機に、二世帯リフォームを行いました。

設定が車庫の2階部分という事もあり、約20帖の中にLDK、お風呂、洗面所、トイレをコンパクトに配置しています。

今回はまずはLDKのご紹介をします。

この写真がビフォーです。元は和室、縁側部分でした。

24.10.31.1.jpg

そしてこちらがアフターです。

24.10.31.2.jpg

対面式のキッチンにして、部屋をなるべく大きく見えるようにしています。

そしてもう一つ部屋を大きく見せる工夫が天井を高くした事です。

天井を高くする事で見えてきた丸太や火打ち梁は塗装して見せるようにしています。

こちらがキッチン側からみた写真です。

24.10.31.3.jpg

キッチンはリクシルさんのアミィです。

24.10.31.4.jpg

正面に大きなサッシを付ける事によって、景色もよく見えます。2階のリビングの特権ですね。

24.10.31.5.jpg

次回はお風呂、脱衣所をご紹介します。


2012年12月 6日

二世帯リフォーム T様邸その2

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回も引き続きT様邸の完成写真をご紹介します。

T様邸はお客様の結婚を機に、車庫を若夫婦の新居にするためリフォームを行いました。

設定が車庫の2階部分という事もあり、約20帖の中にLDK、お風呂、洗面所、トイレをコンパクトに配置しています。

今回はお風呂、洗面所、トイレをご紹介します。

お風呂はリクシルさんのラバス。標準的なものです。シャワーをかけるスライドバーがオプションとして付いています。

24.11.3.1.jpg

ちなみに浴槽は半身浴も出来るタイプ。追い炊き加工もしてあります。

24.11.3.2.jpg

洗面台はリクシルさんのピアラ。3面鏡タイプなので収納力もばっちりです。

24.11.3.3.jpg

トイレはリクシルさんのアメージュZ。節水型、シャワートイレ付きとツボは押えた仕様になっています。

24.11.3.4.jpg

設備機器は数があり過ぎて選択に困っている方も多いと思います。
そんな時はどんなささいな内容でもご相談ください。



2012年12月 7日

側梁交換工事

こんにちは。ナチュレホームの高原です。

今回は、2階の主要な梁の入替工事の画像を載せました。

これまでも構造材の補強や柱の交換などは、何度も施工させていただいて、建物が丈夫になって甦ってきました。

しかし、今回の工事依頼の内容は、交換がきわめてむずかしい施工の中のひとつに挙げられる、外周部の梁(側梁)でした。

24.11.1.1.JPG

この梁には、いくつかの小梁がからんでいて、なおかつ本屋の屋根の荷重が柱を通して加わってきていたので、工事のやり方次第では屋根の崩落の危険性が高いものでした。

しかし、このようなケースでも、当社のベテランの大工さんたちの知恵と技術力により、無事交換することができました。

24.11.1.2.JPG

ムダのない手順と連携はさすがというところです。

当社では、地元で長年研鑽を積み、一流の技術をもっている大工さんが工事を行います。

かなり難しい仕事でも、当社におまかせいただければ、多くのご希望をかなえてみせます。

2012年12月 8日

薄型のエコキュート

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回は薄型のエコキュートについてご紹介します。

今回のこのお宅はエコキュートを設置できる場所が建物から50cmしかありませんでした。

当初は場所をとらないガス給湯器などの提案もしたのですが、キッチンにIHを導入するという事で、給湯器はエコキュートを選び、オール電化住宅にしようという計画になりました。

しかし、50cmですと通常のエコキュートのタンクは設置が出来ません。

メーカーにもよりますが、建物から80cm程の余裕がないと付けられないのです。

そんな時に活躍するのがこの薄型です。薄い分、横には幅が長くなりますが。

24.11.7.1.jpg

外壁から敷地境界までが近いお宅などにはもってこいです。

ちなみに、薄型でも設置が出来ない場合はタンクだけ室内に設置するという方法もあります。

この場合、ヒートポンプユニット(室外機)は必ず外に置くようにします。

ヒートポンプが空気の熱をうばってお湯を沸かすものなので、室内に置いてしまうとどんどん室温が下がって、いずれは管が凍ってしまいます。

エコキュートの設置についてのまめ知識でした。


2012年12月10日

新築にかかるお金の話無料セミナー

こんにちは*
ナチュレホーム中嶌です。

昨日はナチュレホームの「新築にかかるお金の話セミナー」が開催されました!

非常に悪天候の中、ナチュレホームまでご来場下った皆様ありがとうございます!

▼セミナー:質問タイムの様子。
DSCF1906.jpg
「ふむふむ・・・」と熱心に聞いて下さる参加者様たち!

ローンを組む際の注意点や繰り上げ返済の具体的なメリット、消費税増税や補助金についてお話しさせて頂きました。

これまでのOB様からお聞きしたことや、社長の体験談などもお話しさせて頂き、かなり具体的かつリアルな内容だったと思います。

また、ご不明な点や質問コーナーで聞きそびれたことなどございましたら、お気軽にナチュレホームまでお問い合わせ下さい(^^)

しっかりご対応させて頂きます。

さて!

次回は2月3日に同じ内容のセミナーを開催する予定です★

また詳細が決定次第HP上で告知させて頂きますので、よろしくお願いします?(^^)/

2012年12月11日

プレカット加工

こんにちは。ナチュレホームの高原です。

最近でなくても、かなり前から、新築や増築の建て方に使用する構造材は、あらかじめ工場で加工されてきます。

それ以前は、大工さんがのこぎりやノミ、カンナなどを使って、地道に作業所で加工していました。

機械が加工することをプレカットというのですが、オーダーすれば柱や土台、梁だけでなく、間柱、筋交いはもちろん、窓枠や屋根タルキ、屋根や床の合板にいたるまで、ほとんどが機械加工でできるようになっています。

24.11.5.1.JPG

24.11.5.2.JPG

おおよそ40坪くらいの建物の加工は、約1日で終了しますのでかなりスピーディーです。

加工精度も高いので、大工さんからも依頼が多くかかります。

また、現場でのゴミの量も軽減できるメリットもあります。

時代とともに、いろいろなことが改良されてきています。

皆様の新築の建物もこのプレカットでパーフェクトな建て方をめざしたいと思います。


2012年12月12日

床暖房。

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回は床暖房について書こうと思います。

今回はヒートポンプ式床暖房というものをご紹介します。

床暖房には大きく分けて電気式と不凍液式というものがあります。

電気式は読んで字のごとく、パネルに直接電気を流して電線自体を温めるというものです。

メリットとしては初期の設置費用が安くて済みます。しかし、デメリットとしてはランニングコストが高いのです。

不凍液のタイプは温めた液体をパイプの中に通す仕組みです。

熱源としてはいろいろありますが、電気を熱源としたものがヒートポンプ式床暖房です。

ヒートポンプ式に限らず、不凍液で温めるタイプのものは設置費用が高く付きます。

しかしその反面、メリットとしてはランニングコストが安いのです。

24.11.10.1.jpg

上の写真がヒートポンプ式の床暖房を設置したところです。パネルを張り、その上から床暖房対応のフロアーを張ります。

床暖房対応品でないと床材が伸縮してしまい、盛り上がってしまったり、隙間が出来たりと大変な事になるからです。

床暖房は足元から部屋を暖めるとても体に優しい暖房器具です。

リフォームや新築の際にはぜひ検討してみて下さい。


2012年12月15日

トータルでコーディネート

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。

鮮やかに見えます天井の模様。

24.11.12.1.JPG

一見、キレイなクロスが天井に貼ってあるように見えますが、実はこれは模様が塗られた一枚一枚の岩綿吸音番です。

少し天井が高いので、分かりにくかったのですが、解体してみて、それが確認出来ました。

昭和の時代、このような天井材が多く使用されてきました。

現代では、天井はクロス貼りが主流で色柄もシンプルなものが多いです。

画像のものは、豪華さがありますが、そのぶん少し圧迫感があり、落ち着いた感じがお求めの方には、クロスをおすすめします。

天井の廻り縁もプラスチックのものから木製のものやシートを貼った既製品にするか、もしくは新築などは廻り縁なしという場合がおおいです。

だんだんと見た目にシンプルになってきている傾向はあります。

お客様ひとりひとり当然個性があり、感性にも個人差があります。

受け取り方はそれぞれ違うと思いますが、天井だけと壁だけとか単体で考えるのでなく、トータルでベストなコーディネートを提案して、お客様に納得、満足していただきたいと思います。

2012年12月17日

ふくいスタートダッシュ就職フォーラムin金沢

こんにちは*
ナチュレホーム中嶌です。

日曜日は金沢で開催された「ふくいスタートダッシュ就職セミナー」に出展してきました!
福井県とアイバックさん主催の合同企業説明会です。

ナチュレホーム代表の坂井が依頼を受け、フォーラムの単独講演を務めさせていただきました!

CIMG5850.JPG
講演前。社長が珍しく(本当に珍しく)緊張している面持ちでした。
※私がこっそり写真を撮っていたことにも気付かなかったそうです(ノ゚ο゚)ノビックリ!

CIMG5859.JPG
総勢約80名の学生さん!

CIMG5889.JPG
ジェスチャーも交えつつ、いつもの熱い坂井魂のこもった講演でした。
心にドーンと響いた学生さんも多かったのではないでしょうか!?

その後は第一部、第二部と待ったなしのハードなスケジュールで合同企業説明会が行われました。
学生さんも慣れないスーツで大変だったと思います・・・お疲れ様でした!
当社に興味を持って下さった皆様、ありがとうございます<(_ _ )>

ナチュレホームはまだ小さな会社ですが、これからもっともっと会社を成長させていきます!
リフォーム事業にとどまらず、2011年に新築事業、2012年に不動産事業を開始しました。
地域で必要とされる会社であり続けるために、そうやって常に向上し続けていきたいと感じています。

熱く、楽しく、やりがいのある会社です(^^)/
チームメンバー募集中!
ブログを見て下さった学生さんは、アイバックからエントリー下さい*
エントリーは、こちら★

2012年12月18日

オール電化は不安か。

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回はオール電化について書いてみようと思います。

東日本大震災を機に節電の機運が高まり、いろいろな場所で節電をしているのを目にします。
そして、お客様の中にはオール電化にしてしまうと、電気不足になった時に困るのではないかという声を何度か聞きました。

これについて書いてみようと思います。

オール電化は家の給湯、調理などの熱源を全て電気にしてしまう事です。
と言うことは実際に停電になってしまったら、調理もお風呂も入れなくなってしまいます。
これは事実です。

では、逆にガスコンロ、ガス給湯器なら大丈夫か、というと実はそうでもないのです。
ガスコンロでも電気で火花を飛ばして着火しますし(電池式なら付きます。あとライターでも)、ガス給湯器も動かすのに電気を使っています。
要するにガスだけでは調理もお風呂も入れません。

ということはどうなるかというと、『オール電化=災害に弱い』とはならないのです。
地震の際にガス管からのガス漏れなどを考えると、どっちもどっちという感じです。

大切なのはどちらを選ぶにしても、いざという時への備えはしておくべきです。

となるとガスと電気、どちらを選べばいいのか分からなくなってしまいます。

選ぶ基準としては、家族構成、生活スタイルによると思います。

オール電化は確かに深夜の電気料金は安くなりますが、逆に昼間の電気料金は高くなるからです。
昼間に在宅しているご家族が多いと、オール電化にすると電気料が高くなる可能性もあります。

というわけで、この問題はやはり北陸電力さんの試算を見てから、という結果になりそうです。

「我が家の場合は?」と気になっておられる方は、ぜひ一度ナチュレホームにお声かけ下さい!

2012年12月20日

ふくいスタートダッシュ就職セミナーin大阪

こんにちは*
ナチュレホーム中嶌です。

昨日は採用活動で大阪まで行ってきました!
福井県主催の「ふくいスタートダッシュ就職セミナー」です。

第二部のプレゼンテーション。
CIMG5941.JPG
ナチュレホーム創業者である坂井社長の熱いトーク!学生さんも、真剣!

CIMG5951.JPG
きらきらな就活生のみんなにプレゼンして嬉しそうな中嶌の図。
(なんかピースしてるように見えますが違います・・・「入社2年目です」と答えた瞬間です・・・多分)

1年半前は人前で話すのを楽しむことなんかとてもできなかったと思います。
それこそ台本作って丸暗記して、一語一句間違わずに!カチカチ!┌| ゚Д゚|┘ っとなっていたと思います。
ナチュレホームに入社していなかったら今も同じだったかもしれません。
わくわくしなきゃ人生損です!

熱く、楽しく、何でもチャレンジできる環境の会社です(^^)/
若いパワーで会社の未来を繋ぐ仲間募集中です!

ブログを見て下さった学生さんは、ぜひアイバックからエントリー下さい*
エントリーは、こちら★


2012年12月21日

トイレリフォーム 給排水統合便器と手洗器

こんにちは。ナチュレホームの高原です。

今回は、トイレリフォームの施工事例です。

↓の画像は施工前のものです。これは従来の便器の奥に手洗器の付いたタイプです。
24.11.8.1'.JPG

↓こちらが工事後。パナソニックのタンクレストイレ「アラウーノ」を設置しました。
24.11.8.3'.JPG

24.11.8.2'.JPG

工事の特徴としましては、給排水統合型の便器による手洗器を設置したことです。

お客様からのご依頼で、工事可能な期間が短かったのですが、大がかりにならずに3日間で工事できました。

一部手洗器を取り付けるための壁の補強をした以外は、特に解体せず、床もいためず既存の給排水管を利用して工事をすることができたからです。

日曜日以外にお休みが取れない方や、連続してお休みが取れない方でも、いろいろな方法を検討したり、業者の方にご協力していただいたりで、お客様のご負担が少しでも軽減できるように努めていきますので、皆様もお気軽にお問い合わせいただきたいと思います。

2012年12月22日

結露について。

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回は冬になると気になる、やっかいな結露についてです。

まず結露というのは、空気中の水蒸気が冷やされて水として出てくる現象の事を言います。
良くお聞きするのが、台所や北側の部屋の窓が結露してべたべたになってしまうという事です。


台所などは明らかに水蒸気をたくさん出すので間違いなく結露しやすい場所です。
換気扇をかけ続けてもなかなか追いつかないのが現状です。

結露は温かい湿った空気が冷やされると発生します。
一番いいのは部屋の窓を開けて換気する事です。

しかし、これからの時期は寒くて換気なんてしてられないですよね。

そうなると今度は、「窓の断熱性を高めて、ガラス表面に結露水を発生させにくくする」という方法があります。

ガラスをペアに交換したり、内窓を設置したりという方法があります。

簡易な方法なら、ビニール製の断熱材(荷作りの際の緩衝材に使われるプチプチのようなもの)がホームセンターなどにも売っています。

ちなみに、断熱をばっちりすればいくら水蒸気を出しても大丈夫、という事にはなりません。
水蒸気が空気の中に存在できる量というのは決まっているので、それを超えればどこかに結露が発生します。

という事で、結論としては窓の断熱を高める事、そして寒くてもある程度のタイミングで換気する事が必要になります。

ちなみに、現在の新築では24時間換気というものが法令で必ず設置する事になっており、強制的に換気されるのであえて窓をあける必要はありません。

窓の断熱に関しては、内窓の設置が効果・価格のトータルでオススメです。
結露が軽減されるだけでなく、暖房のききが良くなるので省エネ・節約、さらに防音にもなります。

内窓

ご興味のある方はナチュレホームまでお気軽にお問い合わせ下さい!


2012年12月24日

畳下地の杉板

こんにちは。ナチュレホームの高原です。

今回は、畳下地の杉板の画像を載せました。

CIMG0342.JPG

洋間のフロアーの下地は合板(構造用合板)なのに対して、なぜ畳の下地だけ杉板なのでしょうか。

昔は最近見ないワラの畳がほとんどでした。

このワラが床下などの湿気を吸ってしまい、畳がカビてしまう原因になっていました。

そこで畳の下に調湿効果のある杉板が使われるようになったようです。

しかし、現在では畳もスタイロ畳に変わり、床下もほとんど防湿コンクリートを打って直接地面からの湿気が上がってこないようになったので、設計者や管理者によっては、合板でよしとするところもあります。

結局どちらでもよいということになってしまいますが、昔からの伝統を受け継ぐ意味で、これからも杉板下地で施工してもらいたいと思います。

2012年12月25日

外壁リフォームのシミュレーション

こんにちは*
ナチュレホーム中嶌です。

今日は外壁リフォームのシミュレーションについて書きます!

当社では、外壁に金属サイディングを貼るリフォームの場合、
基本的に画像によるシミュレーションを行ってお客様に確認して頂きます。

コンピュータのソフトを使って作る合成画像なので、実物そのもの!という訳ではありませんが、全体的なイメージを掴んで頂くことができます。(^^)

▼福井市Y様邸の場合
おおびき柄アイボリー×石積み柄レッド.jpg
<はる一番 組石柄ベージュ×おおびき柄ホワイト>

スパンブルー×ホワイト.jpg
<ニュー角波 ブルー×ホワイト>

スマートスパン柄 シルバー×ブラック.jpg
<はる一番 スマートスパン柄シルバー×ブラック>

影石サンドグレー2.jpg
<はる一番 影石柄サンドグレー>
 
このように、色や模様でお家の表情がガラッと変わります!

外壁リフォームをお考えの方は、冬のうちにお見積もりや打ち合わせをしてみてはいかかでしょうか。

当社も「雪が溶けたら着工!」のお客様が何組もいらっしゃいます。

外壁に限らず、「春になったら!」とお考えの方は冬に打ち合わせをスタートする事をおすすめします!

じっくり打ち合わせや比較検討して頂けますので(^^)/

住まいのことならどんなことでもナチュレホームにご相談下さい★

2012年12月28日

足場シート

こんにちは。ナチュレホームの高原です。

今回は、当社の社名の入った足場用のシートについてです。

外壁塗装やサイディング張り、屋根工事などの外部の高所作業では必ず仮設足場を組み立てます。

この足場が掛っていますと、ご近所の方や通りすがりの方などが、必ずといってよいほど、どこの業者が施工しているのかに、関心を示されます。

そういった方々に示すのが、このシートになります。
24.12.3.1.JPG

現場の看板のかわりといってもよいです。

今回の画像の現場は、わりと新しい新興団地の中にありまして、完成して既に入居されているお家もありますが、なんとなく住宅展示場に来た感じがします。

まわりのお家に負けない当社の新築をぜひ一度ご覧いただきたいと思います。

目印はこの社名と当社のロゴマークの入ったこのシートになります。

お引き渡し前ということで、お施主様のご了解が必要ですが、新築をお考えの方の参考になればと思っています。


2012年12月27日

アンティーク塗装

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。

今回は、アンティーク塗装したカウンターの画像を載せました。

24.11.29.1.JPG

24.11.29.2.JPG

アンティーク塗装は、職人さんの手によって、刷毛塗り、拭き取り、研磨などの作業を施したり、表面をわざと荒らしたりして、昔の古びた感じを表現してくれるような塗装をいいます。

新築や増改築ですべて新しくなったところに、この技法のカウンターや家具などが入りますと、また新感覚の空間が創出されます。

床材や壁材などとともにうまくコーディネートできれば、年齢を問わず喜ばれることが多いです。

次から次へと新しい製品が出てくる中で、逆に昔風なのが受け入れられるのでしょうか。

これから永くお住まいになるところとなれば、人間やはり落ち着いた所が一番だとおもいます。

心を癒してくれるようなものが、ずっとそばにあるということは、生活する上で大事なことのひとつであると思います。