福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« 2012年12月 | メイン | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月 8日

軒樋の注意点

あけましておめでとうございます。

ナチュレホームの高原です。
今年も何卒宜しくお願い致します。

年明け2回目のブログは雨樋についてです。

雨樋のうち屋根の先端にかかっています軒樋は、雪の影響が出やすい部位のひとつです。

24.11.26.1.JPG

一般的に多いのは、パイプを半分に割ったかたちの半丸とよばれるものですが、この樋ですと、これを受ける受け金具が軒樋の下で支えるかたちでついています。

一方、これとは異なり、画像のように軒樋の内側に受け金具が付いているタイプもあります。

このタイプですと、受け金具が見えないので見た目にスッキリしているのが特徴ですが、半丸のものに比べますと、画像のように変形しやすいという点も否定できません。

これから雨樋(軒樋)の工事をお考えの方には、なるべく半丸のタイプのものをおすすめします。

特に日当たりの条件の悪い北面などでは、先端の雪が塊となって軒先を巻いてきたりしますので、注意が必要です。

一度曲がってしまったものは、なかなか元どおりにならない性質があり、総二階の建物などではメンテナンスもしにくい点もあります。

見た目も大事ですが、住まいは長い目で見て頂きたいと思います。

2013年1月10日

アウトセット引き戸

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回はリフォームに便利なアウトセット引き戸というものをご紹介します。

リフォームの際にドアから引き戸に変更したいという事がよくあります。

引き戸の方がじゃまになることが少ないので、僕もなるべく引き戸を多くプランに入れるようにしています。

そこで活躍するのがこのアウトセット引き戸というものなのです。

普通の片引き戸ですと、1間(1820mm)の開口が必要になります。

最初から1間あればいいのですが、ドアが付いていたような場所だと両側に柱が立っている事が多いのです。

そうなると、普通の片引き戸を付けようと思うと、壁を壊し、柱を抜き、必要に応じて補強をして・・・となかなか大変な工事になってしまうのです。

それが、このアウトセット引き戸だと今のドア開口をそのまま使って取付が出来るのです。

ドアのレールとドア本体を壁の外側に付けるためです。

文章だと分かりにくいので写真を張ります。

24.11.28.1.jpg

24.11.28.2.jpg

何となく分かるでしょうか?

アウトセット引き戸の後ろに見える開口は以前のままなのです。

コスト削減の一つの手段として非常に使えるものだと思います。

ドアの交換から増築・全面改装まで、家のことなら何でもご相談下さい。

最低限のコストで最大限の工事をご提案します。


2013年1月 7日

サンドーム合説

あけましておめでとうございます!

アッという間に2012年も終わり、2013年ですね。
まだ2013年と聞いて「今年」という感じがしない中嶌です。

2013年も飛躍の年にしていきたいと思いますので、
ナチュレホームをどうぞ宜しくお願い致します!

今年の仕事初めは朝から雪の降る4日のサンドームでしたっ!
県下最大規模の合同企業説明会、その名も「ふるさと企業魅力発見フェア」

サンドームには約1500名の学生さんが集結・・・こんな寒い中ありがとうございます(>_<)
新年早々吹雪で雪まみれになっている学生さんを沢山見かけました・・・。

CIMG6161.JPG
ナチュレホームのブースに沢山の学生さんが来て下さいました(´∀`*)

以前のジョブフェスや金沢・大阪の合説でお会いした学生さんも来て下さいました!
とても嬉しかった半面、同じ内容をもう一回聞いてもらうことになり申し訳なかったです・・・orz
せっかく時間を割いてもらっているのにごめんなさいー!
単独会社説明会(トップセミナー)にご期待下さい!

CIMG6169.JPG
アイバック(就活サイト)に登録している人ー?
あれ!少ない!

県外の大学に進学している学生さんは特にアイバックを知らない方が多かったように思います。
私も知りませんでした・・・。(私の採用の時はマイナビにも登録していたのでそこで知りました。)

アイバックは北陸の企業に強い地元の就職サイトです!
Uターン、Iターン、地元就職を考えている方はこの機会にぜひご登録を!

アイバックからナチュレホームへのエントリーは、こちら★

今回の合説で、大学の後輩氏に会えてビックリ&嬉しかった中嶌でした(゜o゜)/

2013年1月 9日

冬の楽しみ。

明けましておめでとうございます!

アドバイザーの建入です。
2013年もよろしくお願いします。

今回はプライベートな事を書きます。

いきなりですが、冬は寒くて嫌ですね。正直、僕は一番嫌いな季節です。

あげればきりはないですが、まず寒い。灯油がすぐなくなる。雪の始末。
この3点だけでも他の季節とは大きく違います。

しかし、この福井に住むからにはそうも言っていられません。

冬ならではの楽しみもあります。

まず、カニです。
基本的に我が家ではセイコガニしか買いませんが、冬になると必ず一度はカニ鍋をするようにしています。
これはこの季節にしか味わえない楽しみです。

24.12.12.1.jpg

そして、じゃま者のですが子供がいるとそうでもない事が分かりました。
自分が小さい時もそうでしたが、子供は雪が大好きですよね。
大雪になったら雪降しした大量の雪で滑り台を作ると、放っておいても必死に遊んでいます。

24.12.12.2.jpg

最後は春を待つ楽しさでしょうか。

僕は雪に埋もれた畑を見ながら来年はどんな野菜を作ろうかな、などと考えるのも冬の一つの楽しみになってきました。

2013年1月11日

お客様の声 越前市粟田部町M様

今回は、以前工事させて頂いたお客様からのアンケートをご紹介します。

02_13_4.JPEG
どうして当社を選んでくださいましたか?
新聞の折込みチラシを見て、越前市から福井の説明会場に足を運び、
担当者T氏の流暢ではないが、訥々とした丁寧で真摯な説明をうけ、その人柄を信用し、発注を決意しました。

施工後の今のお気持ちを、お聞かせください!
最初の綿密な打合せをして、素人の私としても仕上り状態が明確にイメージ出来たし、
又工事代金に見合ったいやそれ以上の施主側に不満のない良い仕事をしてもらった事を嬉しく思っています。
信用を着実に積み上げていく?元気会社・リフォーム1(現:?ナチュレホーム)を広く推薦し、エールを送ります。

【リフォーム前】
M様邸ではトイレの位置が階段下にありまして、
男子トイレの奥に女子トイレがあり、女子トイレが和風便器といった典型的な配置でした。

24.9.24.1.JPG 24.9.24.2.JPG
トイレブースで区切られていて、女子トイレなどは、少し狭さもありました。

【リフォーム後】
今回の工事では、これを洋便器ひとつに集約して広さを確保し、
なおかつ床をクッションフロアーにして、タイルの冷たさを解消しました。
24.9.24.3.JPG

また、将来を見越して手摺も取付して、立ったり座ったりの動作も非常に楽になり、M様にもたいへん喜んでいただきました。
24.9.24.4.JPG

M様、ありがとうございました!

2013年1月14日

新春イベントご来場ありがとうございました!

こんにちは*
ナチュレホーム中嶌です。

今日は成人の日ですね!
新成人の皆さんおめでとうございます。
みんな小さい頃には、20歳ってもっと大人だと思っていたことでしょう・・・笑

子曰く、50歳にしてようやく天命を知るそうです。
迷ってぶつかってへこたれてそれでもやっぱり立ち上がって乗り越えて進んでいきたいと思います。

成人式の日、自分を省みて、周りの人や環境に恵まれていることを実感して、感謝して、
もう、絶対笑って死ねる人生にしよう。と思った覚えがあります。
・・・4年前をちょっと振り返ってみました!
え!?もう4年前!?(`-´;)

***

昨日・おとといの週末はLIXIL福井ショールームにて新春イベントを開催しました!

新聞折り込みのチラシを見て下さった沢山のお客様にご来場頂きました!
ピーク時にはご案内できなかったお客様も・・・。ごめんなさい(;_;)

貴重な休日にご来場頂き、誠に感謝致します!

IMAG1561.jpg

↓おまけ
IMAG1560.jpg
写真を取る瞬間に右からIさんが!?(´□`;)w

IMAG1562.jpg
今回のチラシで初めてナチュレホームを知って下さった方も、以前からお付き合いして下さっている方も、イベントにご来場頂きとても嬉しかったです!

今年もナチュレホームを宜しくお願い致します!

次のイベントは2月に新築の完成見学会を開催予定です!ご期待下さい*

2013年1月15日

A様邸玄関。

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回は以前内部工事完了をご紹介したA様邸の外部の様子を書こうと思います。

内部の工事をご相談している際に、現在ある離れへの入り口が少々使いにくいという事をおっしゃっていました。
玄関から入ると離れが遠いため、中庭に面した掃き出しサッシから出入りしていたからです。
そのため、もう一つ玄関を作ろうという事になりました。

その完成した写真がこちらです。

24.12.15.2.jpg

外壁に張ってあるのは、リクシルさんのラグナロックというタイルです。
変わった形をしていて、まるで石を積んだような重厚感があります。玄関ドア、照明、ステンドグラスも上手く調和していると思います。

24.12.15.3.jpg

外構の方は床はインターロッキングという仕上げになっています。
とても高級感のある中庭と玄関になりました。

2013年1月17日

階段下のスペース

こんにちは。ナチュレホームの高原です。

今回は、直階段の裏側をのぞいてみました。

24.12.10.1.JPG

平面図だけを見ていますと、なかなか一般の方が気づきにくい部分ですが、意外と広いスペースがとれることがよくあります。

通常、階段の一段一段の高さ(け上げといいます。)は19センチから23センチぐらいなので、収納としてお使いの場合、3段目の下あたりでも小さいものでしたら十分収納できます。

場合によっては、トイレに出来たりもします。

天井の高さはそれほどとれませんが、過去にはトイレの床レベルを何センチか下げて、天井高を確保して、限られたスペースを出来るだけ有効に使ったケースもありました。

バリアフリーにならない点もありますが、お客様のご了解をとって工事させていただきました。

収納に関しては前にも書きましたが、概ねお家の床面積の15%ほどは確保しておいた方がよいとされています。

少しでも空間を有効に利用していただくために、かたちはお家によっていろいろですが、この階段下の空間をうまく使った方が賢明でしょう。

当社の営業やコーディネーターが、いろいろとご提案させていただきますので宜しくお願いします。

2013年1月18日

テレビの映り調整

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。

テレビの映りが最近悪くなったというお話は、時々お客様からおききします。

原因は様々ですが、疑ってみる項目としては、

?アンテナの向き

?アンテナの老朽化による断線、接触不良

?ブースター(テレビの電波を増幅させる機械※↓画像)の異常
24.12.13.1.jpg

?配線したケーブルが何らかの理由で損傷した

などが考えられます。

この異常を改善しようとする場合、テレビの画像を見ながらの作業となるので、必ず2人一組の作業となります。

また、上記の条件以外にも、風や雪などの気象条件によっても、映りに少なからず影響があります。

すぐに原因が見つかる場合もありますが、なかには上記の項目を一つずつ確認して行ってもなかなか分からない場合もありますので、時間と天候には十分余裕をとっていただけたら、とてもありがたいです。

テレビは毎日ご家庭の団らんの場での必需品というお家が多いと思いますが、少しでも良い状態に戻すために、お客様のほうでも時間と天候にはご配慮頂きたいと思います。

ブースターについては、画像1の上のもののように、アンテナの近くにつけて、直接増幅させる機能部分と、室内側につける機能部分に分かれています。

片方だけ換えても、直らないことがほとんどなので、専門の電気工事の業者さんに依頼されたほうが、賢明でしょう。

2013年1月19日

農地に建物を建てる。

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回は工事の終わったI様邸の農舎について書こうと思います。

今回のI様邸の農舎は、現在"農地"になっている場所に建てました。

農地には基本的には建物を建てる事は出来ません。

農家の方が、自分の家を建てる場合や、今回のように農業用の倉庫(農舎)を建てる場合に限って許可がおります。

農業用の倉庫といっても、農地を減らす訳ですから、県の農業関係の課に伺いをたてる事が必要になってきます。

「現在ある農舎では足りないのか。」「この場所に建てる理由。」などをきちんと書面で提出する必要があります。

建築の確認申請とは別の手続きになりますので、農地に建物を建てる場合は時間的な余裕も見ておいた方がいいです。

ちなみに農地に住宅を建てる場合は、農地転用といって農地から宅地へと変更する必要があります。

田んぼは基本的に大きいので一部を宅地へ変更する事が多いのですが、その場合は現地調査測量、分筆の手続き、登記などが必要になります。

建物を建てる前にいろいろと費用がかかってくるのです。

農舎の場合は農業に関わる建物という事で、農地のままで建てられます。

そのため、今回は上記のような別途費用はかかりませんでした。

実際に建てた農舎はこちら↓です。

24.12.8.1.jpg

なるべくコストを抑えるために、以前の倉庫に使っていたシャッター、アルミサッシ、瓦を再利用しています。

無理かな?と思われていることでも、お役に立てるかもしれませんので、一度お気軽にご相談下さい。

2013年1月21日

I様邸完成検査

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回は工事の終わったI様邸の農舎の完成検査について書こうと思います。

建物を新築した時は、完成検査というものを受ける必要があります。
それぞれの地域によって検査する課は違いますが、内容は一緒です。

今回は農舎(農作業用の機械や肥料などを入れる倉庫)ですが、住宅と同じように検査を受ける必要があります。

検査の時には基礎の鉄筋を撮った写真。

24.12.5.1.jpg

建方の時に構造体が分かるように撮った写真。

24.12.5.2.jpg

そして柱の上下に取り付ける金物の写真が必要になります。

24.12.5.3.jpg

工事の途中で検査をしないかわりに、きちんと施工しているか確認するためです。

そして、現場では設計図通りにきちんと施工されているかがチェックの対象になります。

今回のI様邸の農舎の検査も問題なく通りました。

きちんとした施工をして、お客様に安心して頂きたいと思います。

2013年1月22日

第一回トップセミナー終了!ありがとうございました!

※採用ブログと連動中です!
_____________________

こんばんは!
ナチュレホーム新卒採用担当中嶌です。

今日は福井駅裏のAOSSAにて第一回トップセミナーが開催されました!!クラッカークラッカー
足元の悪い中、ご来場頂いた皆様ありがとうございました!

今回のトップセミナーでナチュレホームがお話しさせて頂いた事が、
来て下さった方の今後の就職活動や、人生において
少しでも良い影響になればとっても嬉しいです。

次はまた一次選考会でお会いしましょう象使いキラキラ
という訳で【エントリーシート】お待ちしております!

***

今日は私も10分程お話しさせて頂きました!
緊張しました!!
(`△´;)アワワ ※また口カラカラになりかけました...

けど、
若手社員の話を「良かった」とアンケートに書いて下さる方がいて、
感想を書いて下さる方がいて、(たとえおせじでも!笑)
感動しました...。

人前で話す事は本当に苦手ですが、
こうやって練習して、スピーチして、
ちょっとでも自分の気持ちを誰かに伝えられて、
その結果、良かったって言ってもらえて、
今すっっっごい嬉しい。
めっちゃ嬉しい。
泣きそう。
もともと普通にできることやってほめられるより嬉しい!
...って、何だこれ!
不思議だーーーーー

苦手なことって、やりたくないししんどいし面白くないもんじゃなかったっけ...。
それって、一所懸命になることから逃げていただけなのかもしれません。

こうやってチャレンジする事を続けていって、
人前で話すことや、自分の意見を伝えることのハードルを
自分の中でもっと下げていきたいです(^^)
脱チキン!白い鳥

そして!良くなかったというお言葉も頂きましたっ...sr
まだまだ未熟です。
精進します!!

今日は本当にありがとうございました?(^^)/
今後ともナチュレホームをよろしくお願いします。

⇒エントリー&トップセミナー(会社説明会)のお申込みは、コチラ
第二回トップセミナーへのご参加もお待ちしております!

2013年1月24日

7番目と8番目の家族

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。

久々に家族のことについて書きます。

我が家には、2匹の犬がいます。

24.12.24.1.jpg

もうかれこれ15年近く飼っていて、すっかり家族の一員になっています。

今は一番下の子供も高校生になり、完全に手が放れましたので、この犬たちがまるで子供のように思います。

仕事から帰ってくると、高い鳴き声で鳴いて甘えてきます。

休日などは体をかいてやると喜んで離れません。

いつの間にか知らないうちに、2匹とも犬年齢でいうと自分の歳を追い越して行きました。

最近そういえばよく寝ているようになったなと思います。

だんだんと老犬になり、動きにキレがなくなってきたような気がします。

子供どころではなく、お年寄りになってしまったのです。

・・・突然、今を大切に生きようと思いました。

いつまでいっしょにいられるかわかりませんが、生きている間は、温かい気持ちで接して行きたいと思います。

今日は少し早目に帰宅して、体をかいてやります。

2013年1月25日

お客様の声 福井市縫原I様

福井市で古民家再生を行ったI様から、太鼓判を頂きました!

I様、ありがとうございます!

24.9.26.1.jpg
どうして当社を選んでくださいましたか?
いつかは古民家再生を考えていましたが、どうしたらいいかわからずにいました。

白アリの被害で急遽改修しなければいけなくなり、LIXILの展示会で建入さんにお会いしてこの人なら私の思っているような古民家再生ができるかも知れないと思い決めました。

施工後の今のお気持ちを、お聞かせください!!
いろいろな所でのわがままや、直前の変更などがありましたが、
建入さんはいつもニコニコとすぐに対処してくださいました。

こまわりがきくというのはナチュレホームさんの強みだと思います。

リフォームの場合、進む過程で思っていたことと違うこともでてくると思いますが、
その場ですぐ対処してもらえたので安心しておまかせできました。

私の思った通りの古民家再生ができて携わっていただいた方々全員に感謝しております。

父はこの古民家再生でいままで以上の元気さをいただいたようです。


2013年1月26日

かたちになるまで

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。

今回は、工事中の現場の壁のボードを張る直前の状態を載せました。

24.12.6.1.JPG

24.12.6.2.JPG


筋交いや間柱と同様に、完成してしまうと見えなくなってしまう部分です。

それだけに、しっかりとした施工をしています。

画像の現場の完成した姿でいうと、天井付近の壁に間接照明がついて、窓との間のスペースにカーテンが付くような予定でいます。

あらかじめ完成形を検討しておいて、電気配線やカーテンの取付に支障がでないように、下地を補強したりバランスをとったりしています。

図面では表現出来ても施工困難という場合もまれにあるので、現場で納め方を職人さんと長時間思案することもよくあります。

経験豊富な方の知恵を参考にして、お客様に喜んでいただけるかたちを残していきたいと思います。

これは、型にはまった規格住宅ではなしえないことです。

設計、コーディネート、施工が力と知恵を出して、よいものをつくっていきます。

2013年1月28日

お客様の声 鯖江市桜町M様

こんにちは*
ナチュレホーム中嶌です。
いつもお読み下さりありがとうございます(^^)

外壁塗装工事をご依頼下さった鯖江市M様の「お客様の声」をご紹介します。

M様とは工事前・工事中、何度も打ち合わせを重ね、ひとつひとつ不安や疑問を解消して頂きました。
(以前、別の工事会社で行ったリフォームではイヤな思いをされたとのこと・・・
 これからはナチュレホームに任せて下さい!)

お客様、職人さん、弊社スタッフが協力し合い、良い施工をすることが出来ました(^^)/
ご近所さんからも褒められる施工・仕上がりとなり、M様にご満足頂けたようでとても嬉しいです!

M様、ありがとうございました!!

img059.jpg
どうして当社を選んでくださいましたか?
新聞・チラシなどで当社を知り、見積もりを提示された時の応対がとてもよく
説明もしっかりしていて信頼してお任せできる会社だと感じ、決めました。

施工後の今のお気持ちを、お聞かせください!!
工事期間中(外壁リフォーム)、いろいろとお世話になりました。

ちょっとした疑問や気になる事などにすぐに対応して頂き、ありがとうございました。

当社の方ももちろんですが、業者の方々も丁寧に一生けん命お仕事していただき、とてもありがたく思いました。

ほぼ予定通り工事も完成していき、私達も不都合なく生活でき、本当に良かったと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。


2013年1月29日

お問い合わせフォームに不具合が発生していました。

※ナチュレホームのお問い合わせフォームに不具合が生じていました※

お問い合わせフォームからご送信頂いたメールが当社に届かないという事態が発生していました。

ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。

折角お問い合わせ頂いたにも関わらず、早急にご連絡できず

お客様にご不安、ご不快の念をおかけしましたことを深くお詫びいたします。

復旧の結果、確認できたお問い合わせにつきまして早急にご連絡させて頂きます。

今後、ナチュレホームでは定期的な点検を行い、再発防止に努めて参ります。

お客様第一主義を貫くために、これから挽回していく所存でございます。

どうか今後ともかわらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

【ナチュレホーム一同】

2013年1月30日

集成材(フリー板)

こんにちは。

ナチュレホームの高原です。

新築、増改築、リフォーム工事と、当社のどの工事においてもよく使用されるのが、集成材のフリー板と呼ばれる巾が600で長さが4200、厚みが25または30の大型の板です。

この板を大工さんが丸ノコでカットして取り付け、塗装屋さんがきれいに塗装して仕上げます。

この板はどういう用途で使うかといいますと、カウンターはもちろん、棚板や窓枠、収納の内部などの仕切り板など多用途に使われています。

24.12.20.1.JPG

特徴としては、完全乾燥材なので収縮したり、無垢材と違って反りが少なかったり、着色しやすいなどの利点があります。

そして、なんといっても大きさがあるので、ある程度のものなら自由に加工して、木取りすることができます。

また、コスト面でも比較的お手頃の価格なので、けっこう現場で重宝しています。

大工さんのほうで角を丸くとったり、面を大きくしたりして、ご家族がけがをしないような配慮もしています。

無垢材には無垢材の長所もありますが、ある程度制限される部分もどうしても出てきます。

これからもこの集成材は現場で活躍してくれるでしょう。


2013年1月31日

建具のリメイク。

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回は古い建具をリメイクして再利用した事例をご紹介します。

建具というものは、その部屋のイメージを決める大きな要素だと思います。
占める面積が大きいですし、必ず入る時に目にするからです。

今回T様邸でも建具に関してはいろいろと打合せさせていただきました。
畳を敷く場所があるのですが、畳のそばには和風の建具を入れたいという事になりました。

1.「現在の建具は気に入ってるのだが、汚れと見た目が古臭いのが嫌。」

2.「同じようなものを新しく作ると金額的にずいぶん高くなってしまう。」

という二つの意見から出てきたのが、現在のこの建具をリメイクして再利用しようという案です

【リメイク前】
24.12.19.1.jpg
この建具が、リメイク後はこう↓なりました。

【リメイク後】
24.12.19.2.jpg
まず、まわりの桟の部分は塗装しました。
古臭いイメージだった板張りの場所にふすま紙を貼ってあります。

24.12.19.3.jpg
そしてガラスをワーロンという和紙と樹脂で出来た板に交換しました。

とてもかっこよくなったと思います!
リフォームの基本は使えるものはなるべく再利用する事にあると思います。

今回のように見た目も、予算もご満足して頂けるような提案やアイディアは常に考えるようにしています。