福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« サンドーム合説 | メイン | 冬の楽しみ。 »

軒樋の注意点

あけましておめでとうございます。

ナチュレホームの高原です。
今年も何卒宜しくお願い致します。

年明け2回目のブログは雨樋についてです。

雨樋のうち屋根の先端にかかっています軒樋は、雪の影響が出やすい部位のひとつです。

24.11.26.1.JPG

一般的に多いのは、パイプを半分に割ったかたちの半丸とよばれるものですが、この樋ですと、これを受ける受け金具が軒樋の下で支えるかたちでついています。

一方、これとは異なり、画像のように軒樋の内側に受け金具が付いているタイプもあります。

このタイプですと、受け金具が見えないので見た目にスッキリしているのが特徴ですが、半丸のものに比べますと、画像のように変形しやすいという点も否定できません。

これから雨樋(軒樋)の工事をお考えの方には、なるべく半丸のタイプのものをおすすめします。

特に日当たりの条件の悪い北面などでは、先端の雪が塊となって軒先を巻いてきたりしますので、注意が必要です。

一度曲がってしまったものは、なかなか元どおりにならない性質があり、総二階の建物などではメンテナンスもしにくい点もあります。

見た目も大事ですが、住まいは長い目で見て頂きたいと思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)