福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« 2013年2月 | メイン | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月 1日

娘からの手紙。

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今日は意味不明な娘からの手紙を紹介します。

僕が家に帰る頃には、娘は寝ている事が多いです。

何か伝えたい事があると、手紙が置いてあります。

今回の手紙はその中でもなかなかの難易度を誇るものでした。

2013.2.6.1.jpg

翻訳すると、

かあくん(息子)のオムツ忘れないでよ。分かった人。
さきちゃん(娘)とママでにらめっこするから。
あしたまでに憶えててね。わかったー。

この翻訳は妻にしてもらったのですが、翻訳してもなお意味が分かりません。

家でオムツを担当している訳ではないのですが、いきなりオムツの話題が出てきてびっくり。

次の日、娘に内容を問い質しましたがけっきょく意味不明でした。

もっとコミュニケーションを取って行こうと思います。


2013年3月 4日

住宅の土台

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。

先週の土曜、日曜はLIXILショールームにてリフォームイベントを開催致しました!

ご来場頂いた皆様まことにありがとうございました。
頂いたお見積り依頼やご相談に、プロとしてしっかりと応えていきます。

今日は土台についての家づくり日記です。

建物の土台でいいますと、基礎と柱の間に位置していて、新築住宅などでは時々防腐処理をしたいわゆる注入土台が使用されていたりします。
表面がグリーンまたはオレンジの色を帯びていて、細い針で薬剤を注入したあとが残っています。

25.1.28.11.jpg

確かに腐りにくく、白アリも寄り付きません。
ただし、材料自体はツガやマツなので、柱に集中荷重がかかりますと、若干めりこむ場合があります。

一方、当社で通常使用していますヒバといった樹種の土台ですと、材料自体の密度が高く比重が重いので、非常に硬い素材となっているため、しっかりと柱を支えて支持しています。

これらの土台は白アリに対しても有効的で、有害な薬剤も使用していないため、健康的でありなおかつ強度もあります。

ある程度築年数のあるお家で、時々栗の木の土台を目にしますが、全く腐食がないなどの場合もあります。

25.1.28.22.JPG
▲画像ではわかりにくいですが、腐食がなくしっかりした状態です。

無垢材思考が高まっていますが、接着剤が体に優しいものに変わったように、材料もやはり自然の素材が一番だと思います。

土台などはあまり気にしないという方でも、上記の事は認識しておいていただきたいと思います。

2013年3月 5日

トップセミナー&二次選考会へのご参加ありがとうございました!

こんばんはカーカー
ナチュレホーム採用担当の中嶌です!

昨日は第三回トップセミナー(今期ラスト!)、今日は第一回二次選考でした!!

就活が多忙を極めるこの時期に、貴重なお時間を割いてご参加頂けたことをとても嬉しく思います。

ありがとうございます!きらきら

昨日のトップセミナーの様子。

アイスブレイクとして...『本気じゃんけん』!!!
何をするかと言うと、体を使って全力でじゃんけんをする...というだけです!笑

体も心もほぐれた状態で聞いて頂きたいという想いから行いましたおんせん

$ナチュレホーム★ワクワク採用ブログ
おおっ!

$ナチュレホーム★ワクワク採用ブログ
お!?

$ナチュレホーム★ワクワク採用ブログ
つよい!今回みんなじゃんけん強いです!w

なかなか勝負がつかず社長もびっくりww
過去最多の勝負本数となりました!

$ナチュレホーム★ワクワク採用ブログ
↑ナチュレビレッジの構想について語る社長!

$ナチュレホーム★ワクワク採用ブログ
ナチュレビレッジの構想イメージです★
描きたてほやほやです。クリックで拡大します!

$ナチュレホーム★ワクワク採用ブログ
↑若手社員の話!

最初、いつもより元気がなかった私に対し、社長が後ろでワッショイのポーズ(?)をしてくれましたsei
自分では気付けなかった部分に気付かせて頂き、早く改善できましたhata
坂井社長ありがとうございました!

注※ワッショイのポーズ
$ナチュレホーム★ワクワク採用ブログ
このポーズで「あ!!今元気なかったのかな!?」とすぐ気がつきましたダッシュ

トップセミナーはこれが今期最後の開催でした。
選考会もどんどん進んでいきます!

学生さんは現在非常??に忙しい日々だと思います。体も心も。

私はそうでした...
長野から福井、大阪、名古屋、岐阜など毎回遠征で物理的なスケジュールが詰まり、交通費でお金なくなるからバイトもせなあかん、え!?今日シフト会議!?出られへん!SPIって何?勉強せんなんの??あ!3月追いコンラッシュや...行けるんかな...顔
...んで、心は熱くなってテンション上がったり自分のダメさに下がったり。笑

ここで学生さんに月並みなアドバイスをひとつ月
自分に負けず、一日を振り返って反省したら、あとは前ばっか向いてポジティブに行きましょう!

私は人並み(か、それ以上...)に落ち込んだり悩んだりします。
でも、悩んで立ち止まる時間をなるべく短くして、その時間を前に進む時間に変えていきたいと思っています。

昨日より今日、今日より明日、ちょっとずつでも何でもいいから前より良くなってたい、デキルようになってたいと思います。
そんで、だんだん自分を好きになれたらいいなぁふっ
これでもだいぶましになった方です!ぐぅ?。

さてさて明日明後日は東京出張です象使いダチョウ
ビッグサイトの建材EXPOに行ってきます!!

◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇◆

ナチュレホーム社長の思いっきりフリートーク!

全面改装・キッチン・お風呂・トイレ・屋根・外壁・サッシその他、「家」のことなら何でもOK!
福井県福井市、鯖江市、越前市でリフォームするならナチュレホーム 


福井県の自然素材を使った新築デザイン住宅ならナチュレデザイン建築設計事務所

2013年3月 8日

浴室タイルの張り替え

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回は浴室のタイルが浮いてきたり、はがれた場合の対処方法を書きたいと思います。

タイルのお風呂というのは、年月がたってくると表面にひびが入って来ます。
これはいろいろな原因があると思いますが、多いのは長い間に地震などで徐々に無理がかかっためだと思われます。

タイルにひびが入っていると「家が傾いているのではないか」とご心配される方もいらっしゃいますが、そんな事はないのでご安心ください。
ある程度の築年数のお家ですと、どこのお宅でもある事です。
 
しかしひびを放置しておくとタイルの裏側に水が浸入する事になるので、いずれタイルがはがれてきてしまいます。
タイルがはがれてからでも補修は出来ますが、頭の上などに落ちてくると危ないので、早めに対処した方がいいと思います。

はがれそうなタイルを簡単に調べるには、硬いものでタイルの表面をコンコンと叩いてみるという方法があります。
ちゃんとくっついているタイルは硬い音がしますが、浮いているタイルはポコポコと軽い音がします。

さて、実際にどのように直すかというと。まずは浮いている部分をはがします。

2013.1.30.1.jpg

この写真では、浴槽のエプロンという部分を全てはがしています。
ここまで広範囲でなくても、1枚単位で補修する事は可能です。

そして、タイルを張り、目地を入れ直します。

2013.1.30.2.jpg

このように、きれいに修繕できました。

ちなみに最近はタイルの消費量が少なくなってきたため、以前のようにいろいろな色が作られなくなりました。
特に原色系の濃い色は無い事が多いです。
タイル張替えの際はその点ご了承ください。

2013年3月11日

コストと仕上げの程度

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回はリフォームにおいて、仕上げにどれだけコストをかけるか、という点を書いてみます。

リフォームにもいろいろありますが、仕上げの際にどの程度にするかという点はいつも考えている部分です。
仕上げを良くすれば、それだけコストがかかります。

技術者目線で見た場合は正解だとしても、お客様にとってはそこまで求められない事があるのも事実です。

下の写真は真壁の壁を一部撤去した後のものです。
もともと土壁が付いていたため、柱が汚れています。

そして掘り込みや傷がたくさんありました。
それらを埋木をした後の写真になります。

2013.2.2.1.jpg

本来このように真壁で見えてくるような柱が傷んでいる場合は、薄い板を貼ります。
桧や杉をスライスしたもので、貼るには熟練した技術がいります。
この仕事だけをしている職人さんに頼む事になり、コストはなかなか高いものです。

そこで、お客様と相談の上、柱を研磨して全体的に汚れを落としてみる事にしました。

2013.2.2.2.jpg

それほど時間もかからず、それなりの見た目にはなりました。

100点ではないけども、不合格ではない、という仕上げはリフォームにはどうしても付いてくると思います。

それはこのようにコストとのバランスを考えて出てくる一つの答えなのだと思います。

2013年3月12日

自然とともに

こんにちは。ナチュレホームの高原です。

私は最近、自宅の近くの日野川や神社を時々天気が良ければ散策しています。

運転免許をとってから、仕事でもプライベートでも車で移動することがほとんどで、特に歩くということに関しては、かなり少なくなってしまっています。

ここ数年、車での移動中やテレビの番組でも、自然やまわりの風景に関心がいくようになってきました。

子供たちも、はたち前後になり、子供といっしょにいる機会が減ったのと同時に、ひとりでいる時間が出てきました。

図書館で読書も好きですが、体を動かすほうがよいと思い始めるようになりました。

私は他の人より観察力とか感じる力が弱いので、自然に触れながらこれらの力が伸びたらいいかなと思っています。

四季の移り変わりの中で、風の冷たさや暖かさ、日差し、植物や動物のほか、山の緑や風のにおいなど、様々な自然の偉大さをを感じて、体感して家に戻ります。

歩いているときは、悩んでいることを忘れたり、突然ひらめいたり、忘れていたことを思い出したりで、私にとっては健康維持も含めていろいろよいことがあります。

時間をかけて観光地へ出かけることもありますが、地元にもいいところはいっぱいあるようです。

これから仕事が忙しくなってくる時期に入りますが、休日になった日には、自然の中で過ごしていたいと思います。

25.2.7.1.jpg

2013年3月13日

みそ作り。

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回は我が家で挑戦した味噌作りの事を書きます。

どういう風のふきまわしか、味噌を作る事になりました。

まず、大豆をゆでて。

2013.2.9.1.jpg

すりつぶして。

2013.2.9.2.jpg

麹と混ぜて、たたきつけて。

2013.2.9.3.jpg

2013.2.9.4.jpg

ここまできたら、ラップをして冷暗所へ。

2013.2.9.5.jpg

食べられるのは今年の秋頃になるようです。

美味しく出来たかどうか、また報告します!

2013年3月14日

建材EXPO@東京ビッグサイト

こんにちは!
ナチュレホーム中嶌です。

先週は東京へ2日間出張に行って参りました!

メインの目的はビッグサイトで行われた建材EXPO
日経新聞社主催の「街づくり・店づくり総合展」の一部です。

こんなカンジです↓
25.3.5.2.png

大きなものから小さなものまで何でもありました!
25.3.5.1.png

ここでは、「ナチュラル&アンティーク」「自然素材」をコンセプトにしている、「ナチュレの家」新築用のドアやフローリングを探してきました。

今、鯖江の会社の方へ続々とサンプルが届いているところです(^^)

ドアやフローリング、窓、内装など、暮らしの中でずっと見えるものも大事ですし、お家が完成すると見えなくなる基礎や構造の部分もさらに大事です。

耐震・制震ブースや、構造・基礎に関するブースでは、最先端の技術も勉強できました!

より低コストで高性能な住まいにするために、仕入れた情報をお客様の為に活かしていきたいと思います。

***

夜は日本一の居酒屋「てっぺん」へ。

何が日本一かというと、日本を明るくする居酒屋日本一です!

「居酒屋は夢を語る場であってほしい」という創業者の想いをそのまま形にしたようなお店でした!

周りのお客さんもみーんな笑顔顔きらきら

とっても気持ちいいい素敵な空間でした。

そして、この場を創り出しているのは、てっぺんのスタッフのみんなです。

スタッフの笑顔や元気、ユーモアで、お客さんを笑顔にさせているのでした!!

ナチュレホームも、こうでありたいと思いました!

貴重な機会を設けて下さった社長に感謝ですほのぼの

▼予約カードもかわいい!
$ナチュレホーム★ワクワク採用ブログ

▼鶏鍋を作ってくれた上田さんと社長を激写!
$ナチュレホーム★ワクワク採用ブログ

▼最後にこんなサプライズが...!!!ありがとうございます!!泣
$ナチュレホーム★ワクワク採用ブログ

二日目は次回書きます!(^O^)/

◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇◆

ナチュレホーム社長の思いっきりフリートーク!

全面改装・キッチン・お風呂・トイレ・屋根・外壁・サッシその他、「家」のことなら何でもOK!
福井県福井市、鯖江市、越前市でリフォームするならナチュレホーム 


福井県の自然素材を使った新築デザイン住宅ならナチュレデザイン建築設計事務所

2013年3月15日

手作り木製建具

こんにちは。ナチュレホームの高原です。

最近室内の建具でいいますと、メーカーの既製品が多くてなかなか職人さんの手作りという建具はだんだん少なくなってきました。

和室が少なくなってきているので、障子戸や襖戸、仏間折れ戸も比例して本数は減っています。

しかし、本格的な続き間の座敷で、長押やランマがあるような和室には、やはり既製品は合わず、建具職人さんが作った建具にはかないません。

↓の画像にあるような、建具の縁を黒く塗った(カシュー塗り)のものは、塗装に光沢もあり、高級感がただよいます。
25.2,4.1.JPG

今回の画像のお客様の和室は、柱や鴨居も赤く塗装してあり、しかも垂直方向の柱の傾きがほとんどゼロに近い、すばらしい和室でしたので、それに見合ったグレードの高い建具を作ってもらいました。

↓一部デザインも変化をつけて施主様のご希望をかなえました。
25.2.4.2.JPG

建具ひとつでもガラッと雰囲気が変わるものでと思ったのが施工後の感想です。

既製品も悪くはないのですが、魂のこもった手作りの作品にお客様も満足しておられたのが、たいへんうれしく思いました。

2013年3月18日

内覧会ご来場誠にありがとうございました!

こんにちは!ナチュレホーム中嶌です。

土曜・日曜は内覧会でした!
新しいお客様との出会いがあり、現在打ち合わせ中のお客様や以前イベントにご来場下さったお客様の再ご来場もあり、嬉しい二日間となりました!

ご来場頂いた皆様、誠にありがとうございました!
駐車に関してもご協力頂き、心から感謝致します。

また、住まいに関する疑問や気になる点がございましたら、
どんなことでもお気軽にご相談下さい(^^)

そして、ご協力下さったご近所の皆様、
何より、快く内覧会の開催を承諾して下さったT様、
誠にありがとうございました!!

* * *

そして・・・今日!!
ついにT様邸の完工式を開催しました!!!

T様との出会いはさかのぼること1年以上前。
そこから、紆余曲折を経て、今回マイホームの完成となりました!

いつもにこやかで穏やかなお二人ですが、その裏には沢山の苦労がありました。

そのことを知っている私達だからこそ、
「絶対いい家にしよう!!」とスタッフの気持ちもより一層一丸となってT様邸の新築工事に臨みました。

私は入社して初めての新築工事のお客様だったので、社長や施工管理の高原さんに多くのご指導を頂きながら、コーディネーターとしてT様邸を担当させて頂きました。

だから、今日、完工式でT様の喜んで下さっている表情を拝見して、
何とも言えない気持ちになりました・・・。

本当におめでとうございます!!!(;_;)

また、今日の写真を後日アップしますのでぜひご覧ください!
気持ちが先走って、写真を取り込む前にブログを書いてしまいました。w

お楽しみに★


2013年3月19日

新築工事完工★T様邸

おはようございます*
ナチュレホーム中嶌です。

昨日行われたT様邸完工の様子をアップします!

▼完工式のケーキとT様ご夫妻。お二人とも優しくてとっても仲良しなご夫妻です!
IMG_5044.JPG

▼結婚式以来の・・・ケーキ入刀!!!(*´∀`*)
IMG_5051.JPG

この日はお子様がお留守番だったので、ケーキはこの後お家に宅配しました!
喜んで頂けたでしょうか?(^^)

▼新居のカギの説明を受けるお二人。
IMG_5066.JPG
お二人と一緒に新築の打ち合わせを重ねてきた代表の坂井も嬉しそう!

▼鍵は今までの工事用キーから、T様ご家族だけのものになりました!いえい!*
IMG_5076.JPG

各部の説明を受けるお二人。
IMG_50891.JPG

▼工事完了のサインを書いて頂きました!
IMG_5098.JPG
新住所の郵便番号が分からない・・・この感覚は新鮮ですね!笑

IMG_5046.JPG
T様、おめでとうございます!!
大変お世話になり、ありがとうございました!!

今後とも何卒よろしくお願い致します。
どんなことでもお気軽にご連絡下さい(^^)

2013年3月21日

新築やリフォームをする際の家族会議。

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回は新築・リフォームの際に家族内で話しておいた方がいい点を3つ書こうと思います。

1.
まず、新築・リフォーム共に大切なのは"家族の総意"だと思います。

ある程度家族の間で計画について話し合い、大まかな方針を決めておく。

これが一番大切な事でしょう。

細かい部分ではいろいろと意見が対立する事はよくあります。

ただし、根本的な部分はまとめておいた方が話がスムーズに進みます。

例:新築と全面リフォームを悩んでいる。
→ この金額までならリフォームで、などと決める。


2.
その次に大切なのは予算です。これ次第で出来る事がある程度決まってきます。

分かりにくいとは思いますが工事後の生活も考えて、無理のない設定をする事が大切だと思います。

例:水廻り全面リフォーム  →  約300万円
  新築、土地購入費    →  約2500万円   など

予算なんて分からない、という方も多いと思います。

予算と考えずに、"希望金額"と思ってもらえればいいと思います。


3.
最後は工事の時期です。これも大切な項目になると思います。

3カ月後に始めたい方と1年後に始めたい方では打合せの進め方も違ってきます。

ただ、あまり急いでもいい結果は出ないと思いますので、なるべく早めにお問い合わせを頂いた方がいいと思います。


ご家族の総意、予算、工事の希望時期、この三つがはっきりとしていれば打合せが途中でストップする事も慌てる事もないと思います。

まずはご家族内で良く話し合って、分からない事は我々にご相談下さい。

2013年3月22日

合掌造り

こんにちは。ナチュレホームの高原です。

先日、お客様のおうちの屋根裏を見せていただく機会があったのですが、その時久々に合掌造りの小屋組みを拝見しました。

25.2.11.1.JPG

合掌造りは、木造ですと体育館の屋根付近や蔵などの柱のスパンが大きい建物に時々使用されています。

この構造は建築の力学上でいいますと、トラス構造という橋梁や大型の建物の屋根などに組まれている、三角形をいくつも組み合わせた状態になっています。

25.2.11.2.jpg

構造上の利点としては、他の構造と比較して、かなり丈夫で大きな外力に対して耐えられるということです。

有名な東京タワーもこのトラス構造です。

話がとびましたが、住宅で合掌造りをされているということで、積雪に対応した、ハイグレードな建物だと判断しました。

現代の住宅ではめったにみられなくなった合掌造り。

古民家を再生するような気持で、後世にその技術が継承されるとよいと思いました。

1階が下屋になっているリビングや広めの2階の寝室などのようなお部屋の小屋裏には、この合掌が適しています。

一度ご検討いただければと思います。


2013年3月23日

新築・リフォームの隠蔽配線・配管

こんにちは。ナチュレホームの高原です。

電気の配線や給排水の配管は、仕上がってしまうと見えなくなるところです。

一度大工さん等が壁なり天井を張ってしまいますと、なかなか変更が困難になってきます。

したがって、これらの工事に入る前の事前打合せが重要になってきます。

25.2.14.1.JPG

新築の場合ですと電気工事の場合、スイッチやコンセントの位置をはじめとして、テレビや電話、インターネット、インターホンやボイラーのリモコンの位置にいたるまで、家具の位置や使い勝手を考慮しながら、最終決定をしていただきます。

25.2.14.2.jpg

そのほかに、電子レンジやエアコン、衣類の乾燥機などは電力の消費量が高いので、専用のコンセントが必要になってきます。

エアコンを数年経ってから取付を計画されているとしたら、エアコンと分電盤(ブレーカー)とを直接配線でつなぐ必要がありますので、天井裏などに配線が通せないことが多い1階では、配線が露出で見えてきてしまって、美観をそこねるということになったりします。

したがって、配線が隠蔽されるように、あらかじめ配線とコンセントの取付をしておくべきとなります。

これは電気工事に限らず、設備の配管においても同じことです。

お客様の中には、表面に出て来ないこれらの配線や配管のことを、意識しておられない方も多くいらっしゃるので、こちらから注意を喚起したり、アドバイスしたりしています。

また、施工業者の方からも、お客様のためにこうしたほうがよいですのような、助言もあったりします。

スムーズに工事が進められるように、電気や設備の打合せもお客様と入念に打合せしていきたいと思います。

2013年3月25日

昔の床下の構造

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。

今回もやや築年数のあるおうちの構造について、画像を撮りました。

25.2.18.1.jpg

現在の新築住宅での床下の構造は、鉄筋コンクリートのべた基礎の立ち上りの上に桧やヒバや落葉松の四角い土台が乗っているかたちが最も一般的です。
25.2.18.2.JPG

ところが、むかしのお家を建てていた当時はというと、コンクリートや鉄筋などという素材があまり普及していなかったので、今とは異なる方法で基礎のかわりとなるかたちをつくっていたようです。

画像のお家は、大きな自然石が基礎と束石を兼ねていて、基礎の立ち上りのかわりに高さのある梁や桁のような木材が床下で使われていました。

これは湿気対策として、高さのある部材を使っていたのでしょう。

また、昔は現在より自然の木材資源が豊富で、大きな材料がふんだんに使用されていることが、多かったように思います。

床下の通気性が悪くなければ、腐食もほとんどなく、永く自然なかたちでお家を支えていく事ができます。

実際に床下をよく見てみますと、地面も木材もよく乾燥していましてよい状態が保たれていました。

一見すると不安定そうにみえる床下の構造ですが、全体のバランスと一体化している剛性で建物が安定をしていると思います。

リフォーム工事をする時には、この安定性を保持しながら工事を進めることが重要です。

筋交いを入れすぎたり、壁の位置が片寄っていたりしないよう、バランスをとって計画しています。

一本取ったら一本足すだけの数字合わせだけではいけないということです。

計算のなかった時代の人に負けないように、しっかりとした建物をつくっていきたいです。

それには、要の床下が一番大切になってきます。

2013年3月26日

和室の床をフローリングに。

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回は和室のリフォームをご紹介します。

和室を洋室のようにするには、いくつか方法があります。

? 完全に柱を隠して(大壁)、洋室にしてしまう。
? 柱や長押などは見せて床を張り、和洋折衷の部屋にする。

今回は?の方の和室リフォームの例です。下の写真がビフォーの写真です。

2013.2.13.1.jpg

2階の和室という事もあり、床の間は完全に物置状態になっていました。

そこで床の間はクローゼットに変更、壁は柱を隠さずにじゅらくの部分に珪藻土を塗りました。
そして床は下地を補修した後にフロアーを張っています。

2013.2.13.2.jpg

2013.2.13.3.jpg

以前の壁はよくある緑色でしたが、白い珪藻土を塗る事で明るくなりました。

床の色も柱とある程度合わせる事で違和感がなくなっています。

冬に施工すると、珪藻土が乾くまで待たないといけませんが、基本的には工事期間もそれほどかかりません。

見た目もおしゃれになりますので、和室を有効利用されたい方はぜひご検討下さい。


2013年3月29日

新人の頃

こんにちは。ナチュレホームの高原です。

今回は個人的な話ですが、娘が運転免許を取りました。

就職も決まっていよいよ春から社会人です。

その姿を見ていると、25年ほど前の自分の時を思い出します。

建築を志したものの、現場の事とくに大工さんのいっていることが、ちんぷんかんぷんで分からず苦労した覚えがあります。

その時は期待と不安が入り混じって、緊張しながらも毎日なんとか先輩方についていったような気がします。

再び娘のことに戻りますが、勉強は出来なかったけれど、明るく素直に育ったと思っています。

どうも人に好かれるタイプのようなので、社会に出てもきっと早くなじめるのではと思っています。

最近人の話をよく聞くようになりました。何かに気が付いたように最近大人びてきました。

社会人としては、私はだいぶ先輩になりますが、模範になるようにしていきたいと思います。

そのうち仕事での壁にぶち当たると思いますが、いつでも話を聞くつもりです。

数か月前まで目を見て話をしてなかったのに・・・。

少しの成長を感じ、自分も親父としての自覚をもっと持たねばと思うのでした。

25.2.25.1.jpg

2013年3月30日

事前準備の重要性

こんにちは。ナチュレホームの高原です。

今回は、外壁についてです。

外壁を張る前の作業として、透湿防水シートを張ったのちに、外壁の割り付けを行います。

この時注意したいことがあります。

その中のひとつに、極力張る板が極端に小さかったり、狭くなったりしないようにすることです。

特に窓廻りなどは、外力が加わりますと弱いところなので、下の画像のように破断したりしてしまうこともあります。

25.3.4.1.JPG

この場合、板のロスが出ないように張ってしまったために、継ぎ手が際どいところにきてしまったようです。

画像のケースであれば、継ぎ手を別の位置に設けて、板の割れを防止すと同時に、見た目もきれいにするために、窓のかどなどに継ぎ手を設けたほうがよいでしょう。

また、サイディングの縦張りの場合は、板の長さがきまっていますので、軒裏まで1枚で届かないということがないよう、高さ方向にも配慮が必要です。

机上でできることが、現場では簡単にできないということがたまにあるので、注意して管理しています。