福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« 合掌造り | メイン | 昔の床下の構造 »

新築・リフォームの隠蔽配線・配管

こんにちは。ナチュレホームの高原です。

電気の配線や給排水の配管は、仕上がってしまうと見えなくなるところです。

一度大工さん等が壁なり天井を張ってしまいますと、なかなか変更が困難になってきます。

したがって、これらの工事に入る前の事前打合せが重要になってきます。

25.2.14.1.JPG

新築の場合ですと電気工事の場合、スイッチやコンセントの位置をはじめとして、テレビや電話、インターネット、インターホンやボイラーのリモコンの位置にいたるまで、家具の位置や使い勝手を考慮しながら、最終決定をしていただきます。

25.2.14.2.jpg

そのほかに、電子レンジやエアコン、衣類の乾燥機などは電力の消費量が高いので、専用のコンセントが必要になってきます。

エアコンを数年経ってから取付を計画されているとしたら、エアコンと分電盤(ブレーカー)とを直接配線でつなぐ必要がありますので、天井裏などに配線が通せないことが多い1階では、配線が露出で見えてきてしまって、美観をそこねるということになったりします。

したがって、配線が隠蔽されるように、あらかじめ配線とコンセントの取付をしておくべきとなります。

これは電気工事に限らず、設備の配管においても同じことです。

お客様の中には、表面に出て来ないこれらの配線や配管のことを、意識しておられない方も多くいらっしゃるので、こちらから注意を喚起したり、アドバイスしたりしています。

また、施工業者の方からも、お客様のためにこうしたほうがよいですのような、助言もあったりします。

スムーズに工事が進められるように、電気や設備の打合せもお客様と入念に打合せしていきたいと思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)