福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« 採用情報 | メイン | T様からのプレゼント »

外壁の幕板

こんにちは。ナチュレホームの高原です。

先日、あるお客様との打合せの中で、外壁の幕板について、必要かどうかというお話がありました。

幕板といいますと、外壁の1階と2階の中間などに取付してあります、15cmから20cmぐらいの高さのライン状のものをいいます。

25.3.25.1.JPG

10年くらい前であったら、外壁材は窯業系のサイディングで、どちらかといいますと幕板を取付しているほうが多かったと思いますが、最近は昔ほどではなくなったように思います。

幕板のよいところは、1階と2階の外壁を違う色柄のものにした場合の見切り材のかわりとしたり、その外壁面が出入が少なく単調な場合などで、装飾的に見せるために使用すると、見栄えがするという点です。

たまに、切り妻屋根の建物で、妻面が大きい場合などには、2階の窓の少し上の高さなどにも取り付けたりします。

25.3.25.2.jpg

しかし、この見た目は施主様のイメージや受け取る印象によってもかわりますので、あっさり幕板を取付しない方がよいという意見もあります。

また、幕板は外壁面よりも若干数cm出ているので、雨水を受ける格好になるので、このあたりの防水処理にも配慮が必要になってきます。

コストの事も含めて総合的に判断していただきますが、まずは関心をもっていただいて、外出された時などは、付近のお家の状態を確認していただいて、ご自身のお家と比べてみてはどうでしょうか、参考になると思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)