福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« 2013年4月 | メイン | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月 2日

いくつもの検討を経て

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。

空いている土地があったり、畑にしている土地がある場合、すぐにでも建物が建てられるように思いますが、その土地が農地だったり、崖地だったりする場合、建てられなかったり、市や県にいろいろ申請を出したりして、許可を得てからでないと、工事にかかれない場合もあります。

建築確認申請などもそのひとつになります。

25.3.28.1.gif

また、仮に許可がおりたとしても、直下の地盤が軟弱で不安定な場合、きちんとした地盤改良の施工も必要になってきます。

25.3.28.2.JPG

25.3.28.3.JPG
▲地盤改良は増築の場合も同じように必要です。

例えば、そのお家の息子さんのご結婚が決まったとしまして、新居をご希望になられるような場合、結婚式までに工事を完了してくださいというケースが時々あります。

この場合、施主様のお気持ちは十分理解できるわけですが、いろいろとプランはもちろん、法律や地盤や職人さんと材料の段取り、ローンなど調べたり検討したりしなければならないことが、意外とたくさんあるのです。

慎重かつスピーディーに打合せを進めていきますが、一朝一夕には完成にいたらないということをご理解いただきたいと思います。

詳しいことにつきましては、当社アドバイザーよりご説明させていただきますので、お気軽にお電話やメールにてお問い合わせいただきたいと思います。

2013年5月 7日

壊れてしまった折れ戸。

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回は浴室折れ戸のリフォームについて書こうと思います。

折れ戸というのは、毎日開け締めするため、壊れてしまう事もあります。
この折れ戸も20年程経って、ついにはずれてしまいました。

25.3.20.1.jpg

ここで、どのようにリフォームするか考える事になります。

システムバスに交換してしまう場合はそれで解決してしまいますが、急に戸が壊れてすぐにお風呂の全面リフォームを決断する方はなかなかいないと思います。

まずは、修理または戸の交換というところから始まると思います。
このケースでも、まずは修理、出来ないなら取換えという具合に進みました。

結局、当時の部品が揃えられないという事で取換する事になりました。

25.3.20.2.jpg

25.3.20.3.jpg

取換えとはいっても、以前の折れ戸の枠は使用する事になります。
以前の枠の上に新しい枠を取付け、新しい戸をはめます。
枠はオーダーになりますので、寸法を測ってから1週間程待って頂く事になりますが、作業自体は半日程です。

以上、折れ戸の取換え工事についてでした。

2013年5月 9日

鯖江市T様邸 外壁はる一番

いつもブログをお読み下さりありがとうございます!
ナチュレホーム中嶌です。

今日は、外壁リフォームの施工事例をご紹介します(^^)

鯖江市下野田町のT様から、外壁金属サイディングの上貼り工事を承りました!

【リフォーム後】
IMG_5118.JPG
既存の外壁にケイミュー(パナソニック)の「はる一番」を上貼り施工しました!
壁が二重になるので、耐久性やデザイン性だけでなく断熱・防音効果もアップします。

IMG_5116.JPG
上品な色味のデザインをお選びになりました(^^)
「はる一番」長石柄のマイルドブラウンとホワイトです。

【リフォーム前】
CIMG5353.JPG CIMG5360.JPG
築年数は16年。新築時の窯業系サイディングが劣化し、剥がれている状態でした。
塗装をしても長くは持たないだろう、とT様もお考えでした。

【施工中】
CIMG6815.JPG
木の下地を既存の外壁に貼り、その木下地に新しい外壁を貼っていきます。

T様は同じ下野田町内でF様、Y様を同時にご紹介して下さり、皆様同時にご契約頂きました!!
とってもありがたいことで、ナチュレホーム一同とても嬉しかったです(ToT)゜+*。

IMG_5117.JPG

T様、ありがとうございました!!

2013年5月10日

ゴールデンウィーク

いつもお読み下さりありがとうございます!
ナチュレホーム中嶌です。

今日は個人的なブログですわーい

ゴールデンウィークはお休みを頂き、
名古屋やら滋賀やら岐阜やらに出かけて連休を満喫してきました!

モデルハウス用の小物が欲しくて、ずーっと行ってみたかった、
ドライフラワー屋さんとセレクトショップを併設している彦根のお店へ。

しかし...彦根ICの出口に着いてから市街にたどり着くまで、何と1時間以上...(ザ★渋滞血
彦根の何がそんなにいいのだ・・・ひこにゃんか・・・
tm_img06.gif©彦根市

私達はそのお店に行く為だけに彦根へ行ったので、
一緒に行った子にはとても申し訳なく思いながらお店に入りましたが...
素敵すぎる店内でテンションが高まり、結局1時間以上滞在!!
...ごめん!!笑

真剣に小物を選んだり値段を検討したりしていると、時間はあっという間に過ぎましたダチョウ

仕事好きすぎ。とツッコまれつつ、もう勘弁してくれ―。と悲鳴を聞きつつ、沢山の戦利品を得てホクホクにこにこ
付き合ってくれてありがとう!
※その後は若者らしく竜王のアウトレットへ行きました。

名古屋や彦根でゲットしたものをチラッと公開...
CIMG2729.JPG

CIMG2725.JPG

CIMG2730.JPG

CIMG2735.JPG
...デヘヘ(´∀`)

これがどうコーディネートされるかは、6月オープンのモデルハウスで実際に見て頂きたいですきらきら
やることや選ぶものが沢山あって大変ですが、
モデルハウス建設という新しいチャレンジにずーっとワクワクしています!!

いっぱい買いましたが、家中全部と思うとまだまだ足りません!
早く揃えないと(^-^;)

今週末にまた趣味も兼ねて買い出しに行こうと目論んでいる次第ですおんせん

2013年5月11日

50年前の仕事

こんにちは。ナチュレホームの高原です。

今回は、あるお家の天井を撮りました。

木造の梁とか根太が表しになっていて、下からよく見えました。

建築の仕事をしていますと、自然と"納まり"を見てしまいます。

昔は住宅の展示場などに行っても、自分の目線が部屋の隅のほうや、クロスの継ぎ目の目立つところなどにいってしまって、すぐに業界の人というのがバレバレでした。

このおうちのたてものは、50年くらい経っているとききましたが、材料と材料の隙間がほとんどなく、まさにビシッと納まっていました。

25.4.4.1.JPG

木材の乾燥具合にもよると思いますが、隙間がない仕事を見て、昔の大工さんはたいしたものだと思いました。

また、釘やビス、ボルトなどは見受けられず、栓やホゾで差し込んであるだけですが、何年も地震や台風に耐えてきています。

25.4.4.2.JPG

昔の人は技術だけでなく、知恵もふりしぼって現代の建築に勝るとも劣らない、しっかりとした建物をつくっていたんだなと思います。

このような仕事は、代々後世に残ります。

自分たちも何年かあとになっても、世の中の人に誇れるような仕事を残していきたいと思います。


2013年5月13日

地盤調査

こんにちは。ナチュレホームの高原です。

新築工事に際しましては、必ず事前に地盤調査が必要です。

いくら強固な基礎をつくったとしても、それを支える地盤が軟弱だったり、硬さに大きなばらつきがあったりしますと、不同沈下といって基礎を含めた建物が、全体的に不均一に沈下してしまうこともありえます。

この沈下はたいがい建物が完成してから徐々にその傾向が表れてきますので、お客様にとってはひじょうに不安な状態となってしまいます。

復旧も困難を極め、費用もかなりかかるようです。

そうならないために、必ず調査は必要になってくるのです。

調査方法は、概ね2通りに分けられます。

1つめがスウェーデン式サウンディング試験という先端がキリ状になっている器具に、おもりを載せて地盤の固さを測る方法。
25.4.8.1.gif

2つめが表面波探査法といって地面に向けて振動波を発信し、その反射波で地盤の固さを調べる方法があります。(画像2)(画像3)
25.4.8.2.JPG

25.4.8.3.JPG

当社の工事においては、表面波探査法を採用しています。

この方法ですと、サウンディング試験よりも精度が高く、正確なデータが得られるからです。

一番建物のベースになるこの地盤。

肝心かなめのポイントになるのではないでしょうか。

きちんとした正確なデータで、安心を得たいと思います。

2013年5月14日

コンセントプレート

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。

常識と思っていることで、意外とそうでないことがあります。

例えばふだん何気なく使っているコンセント、いわゆる差し込みです。

コンセントプレートをじっくり見てみますと、実は差し込みの穴のほうが、右と左で大きさが若干違います。

25.4.11.1.jpg

この事は、意外と知らない方もいて、左右同じ大きさだと信じている方もたぶんいらっしゃると思います。

なんでもすぐに決めつけるということは、すなわち固定観念をもっていて、頭の中が硬くなっている状態かもしれません。

なにごとも最初は疑問をもってみること、難しい言葉でいうと問題意識をもってみるということは、大切な事ではないでしょうか。

なるべくなら人を疑うということはしたくないという心情もありますが、信じすぎて間違いに気付かないようなことにならないように注意していきたいと思います。

慎重にかつ冷静な判断ができるように、準備などをしっかりしていきたいと思います。

2013年5月15日

越前町S様邸 外壁貼りリフォーム!

こんにちは*
ナチュレホーム中嶌です。

今日は、外壁リフォームの施工事例をご紹介します!

越前町のS様から、外壁金属サイディングの上貼り工事を承りました(^^)

【リフォーム後】
IMG_5125.JPG
外壁材は、「はる一番」影石柄のグレイッシュブラウンをお選びになりました!
S様邸の外観になじむ、落ち着いた色味です!

IMG_5126.JPG
キッチンの換気フードも新調しました。

【リフォーム前】
CIMG5420.JPG CIMG5418.JPG
築20年のお家です。外壁の傷みが進行していました。外壁材や幕板の割れ、反りがありました。

CIMG5423.JPG CIMG5791.JPG
外壁を触ると粉がつく、チョーキング現象が起きていました。屋根の塗装もかなり薄くなっています。

【工事中】
CIMG5785.JPG
屋根の笠木のコーキングが傷んでとれていましたが・・・
      ↓
CIMG5809.JPG
新たにコーキングを打設しました!
この上から、笠木にはサビ止めの下塗り塗装、中塗り・上塗り塗装をします。
コロニアル屋根には、上塗り塗装との密着性を高める下塗り塗装、その上に中塗り・上塗りと塗装を重ねます。

築20年を超えると、塗装できないほどに傷んでいるコロニアル屋根も多いのですが、
S様邸では新築時に貼られたコロニアル屋根の品質が良かったようで、塗装可能な状態でした。

CIMG5924.JPG
足場を組み立てた状態です。

S様邸に訪問販売の業者さんが来たことが、私達がS様とお会いするきっかけでした。
訪問販売会社の見積りの妥当性を確かめるために、当社をお呼び下さったのです(^^)

その結果、ナチュレホームを信頼して下さり、屋根・外壁の工事依頼を頂きました!
さらに、トイレの交換工事もあわせてご依頼下さり、とても嬉しかったです。

S様、ありがとうございました!!
IMG_5127.JPG

2013年5月16日

負けず嫌い

こんにちは。ナチュレホームの高原です。

今回は、娘のことについて書かせていただきます。

スポーツをしているのですが、いつもは勝っている相手に、大会でついに負けてしまいました。

油断していたわけではないと思いますが、一番はどうも練習量の違いのようです。

やはり練習しただけ相手もうまくなっているのです。

さすがにショックだったのか、試合が終わっていつもは疲れて早く寝てしまうことが、多かったのですが、今回は夜、夕食をとらずに仲間と練習にいきました。

負けず嫌いの性格の一面が出たようです。

でも負けてしょんぼりしているよりは、勝気の性格のほうがよいと思います。

ついでに言いますと、勉強も・・・。

一カ月くらいあとに、もう一回同じような大会があるので、目標をもってしっかり練習してほしいと思います。

文武両立はなかなかむずかしいと思いますが、親としてはつい結果を求めてしまうのが、ダメだと思います。

負けてもともと。楽しんで試合をしてこいといえるような、人間にならなければと思うのでした。


2013年5月17日

会社説明会まであと10日!

こんにちは*
ナチュレホーム採用担当の中嶌です。

第四回トップセミナー(会社説明会)まで、あと10日になりました!

2014年度新卒採用は、5/27(月)と5/31(金)のトップセミナーで最終受付となります。

というのも、ナチュレホームの選考に進んで頂くためには「トップセミナーへの参加」が必須要件になっているのです!(・v・)
トップセミナーに参加し、直接私達の想いを知って頂いた上で、選考に臨んでほしい・・・そんな理由でこのかたちをとっています。

創業社長に直接質問する機会もあります!
この機会にどんどん質問してみて下さいきらきら

私は3年とちょっと前に社長と大阪の説明会で出会いました。
形式的な事よりも、情熱や志といった根本的なことに触れ、そこで目が覚めたような気持ちになりました。
ぼんやりとしか持っていなかった、自分のやりたいことや入りたい会社が見えたのもその日です。

あれから3年経ちましたが、私の直感は間違っていませんでした!!ワーイきらきら
こんなに裏表の無い会社は珍しいと思います。笑

両日とも定員まであとわずか・・・メタルスライム

ナチュレホームってどんな会社?と気になる方、
マイナビやアイバックのページにピンと来た方は、ぜひぜひご参加下さい!

お申込みをお待ちしております!

 * * *

(余談)

↓お昼休みに作りました(´∀`)

$ナチュレホーム★ワクワク採用ブログ

所要時間約10分!
ネスカフェの空きボトルに、アンティークラベルのウェブ素材を印刷した紙を軽くくしゃくしゃして貼って、角を削って、色鉛筆で古びた着色をして、紙の縁を黒く塗って完成です。
水彩絵の具とかでシミなども作ろうかと考えましたが面倒で断念。時短作です。

もうすぐ完成するモデルハウスにしなーっと置くつもりです。フフフ。

$ナチュレホーム★ワクワク採用ブログ


ラベルに書いてある事を全く読まずに貼っつけたんですが、

「ロードマップ」と書いてありました。

え?

2013年5月18日

ふかふか床の原因。

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回はふかふか床の原因について書こうと思います。

家が古くなってくると、廊下や部屋の床がふわふわしてくる事があります。

場所的には良く歩く場所、たとえば廊下や階段を降りた場所などが一つ。
もう一つは脱衣所からお風呂へ入る床などをよくお聞きします。

多くの方は床がふわふわしていると、白蟻に食べられてしまっているのではないかと思っておられるようです。

しかし、実際はそうでない事の方が多いのです。下の写真をご覧ください。

25.3.27.1.jpg

この写真は実際にふわふわしていた場所のものです。

分かりくいかもしれませんが、良く見ると床材が何枚もの薄い板に分離しているのが見えると思います。

ベニヤやフロアー材というのは、基本的には薄い板を縦・横交互に接着材で張り合わせて作っています。
このように分離してしまったのは、接着材の効果が無くなってしまったからだと思われます。

ふわふわしている床は、昔の材料のため接着剤の性能自体が今よりは劣っていると思われます。
そのため、長い年月を経て接着力が無くなってしまったのでしょう。

接着力が無くなる原因としては、湿気がちな床下、良く歩く場所の二つが挙げられます。

ふわふわしていても、すぐに白蟻被害という事にはならない事が分かって頂けたでしょうか。

ちなみに、白蟻かどうかの簡単な判断方法としてはふわふわする場所の周辺も踏んでみるのが一番簡単です。

床材の下には約30cmおきに垂木(たるき)という下地材が入っています。
この場所を踏むとふわふわしないはずなのです。

逆に、1m×1mの範囲を踏んで、全体的にふわふわするならそれは白蟻かもしれません。

2013年5月20日

きちんとした現場へ。

こんにちは。ナチュレホームの高原です。

今回は、工事内容とは異なりますが、産業廃棄物の処理についてです。

私達は、解体や現場作業をして出た切りくずなどは、産業廃棄物として、福井県の許可を得ている中間処理の業者に処分していただいております。

25.4.18.1.jpg

産業廃棄物も家庭ごみと同様に、分別が厳しくなっていまして、木材、金属、コンクリート、段ボール、耐火ボード・・・などきちんと分けておくことが必要です。

これらを処分する際には下の画像のような建設系廃棄物マニフェストというものを書いて、産廃業者のほうに提出しています。

25.4.18.2.JPG

この書類は排出業者から中間処理、最終処分業者まで、きちんと管理されるようになっていて、家電製品などがいっしょに廃棄されたりなどの違法行為を防ぐ目的もあります。

当社でもこのマニフェストを使用していまして、現場の職人さん方もきれいに袋に入れて分別に協力していただいております。

ひと昔前の建築現場には、現場に置いておいた廃棄物収集用のコンテナの中に、現場から出たとはいいがたいものも見られた時もあったようですが、当社では皆無です。

現場に携わる方々の意識も時代とともに変わってきています。

決められたこと、守るべきことがきちんとできるお客様の現場になってきています。

私も少しでもきれいな現場にしておいて、お客様に安心していただきたいと思います。

2013年5月21日

Y様邸地鎮祭!

こんにちは*
ナチュレホーム中嶌です。

先日行われたY様邸の地鎮祭をご紹介します!

地鎮祭は、土地の神様に挨拶をする儀式です。
土地の浄化、建築中の安全、建築後の家内繁栄祈願の意味合いがあります。

CIMG2751.JPG
地鎮祭開始です。
「修祓の儀」「降神の儀」「献餞の儀」「祝詞奏上」と続きます。
祝詞奏上ではお名前を呼ばれて娘さんが「ん!?」っと反応されていました(^^*)

CIMG2763.JPG
次に「清祓の儀」です。
お酒、お米、塩、紙を家の四隅に撒いて、土地のお清めをします。

CIMG2773.JPG
威勢のよい紙吹雪に周りから歓声が!笑

CIMG2801.JPG
次は「刈初の儀」です。
盛り砂を大地とみなし、施主様が鎌を持ち、盛り砂に立てた枝を刈る仕草をします。

CIMG2805.JPG
次に、設計・施工者が鍬入れをします。
設計者と施工者で儀式を分けることも多いのですが、ナチュレホームは設計も施工も当社なので1つの手順になりました。

CIMG2808.JPG
次に、鎮め物をうずめます。
この「鎮め物」は基礎工事の際、基礎に埋めて、お家のお守りになるものです。

CIMG2811.JPG
息ピッタリの一礼!

CIMG2813.JPG
そして「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」。サカキの枝を神前に捧げます。
ご主人と長男くんから!

CIMG2823.JPG
次に奥様と娘さん!

CIMG2833.JPG
そしてお母様と次男くん!

CIMG2855.JPG
最後に集合写真をパチリ!
元気はつらつな娘さんに、ご主人、お母様の両サイドから安全ガードが・・・笑

1週間前の天気予報は雨、前日も雨でしたが、
当日は暑いくらいの晴天になり、良かったです(^^)

Y様邸は現在地盤改良も終わり、基礎工事に取り掛かりました!

打ち合わせはまだまだ続きますが、今後とも宜しくお願い致します!

2013年5月24日

玉砂利洗い出し。

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回は和風のアプローチをご紹介しようと思います。

玉砂利の洗い出しとは、表面に玉砂利が浮き出てきている仕上げの事です。

和風のお家のアプローチなどで良く見ます。どのように施工するかご紹介します。

まず、モルタルをある程度の厚さで塗り、そこに玉砂利をちりばめて少し埋めます。

その後、ある程度の硬さになったところで表面のモルタルを洗い流すのです。

25.4.3.1.jpg

上の写真は洗っているところです。

写真の下の方はまだ完全にモルタルの中に砂利が埋まっていて見えません。

この洗い出しの加減がなかなか難しいらしく、洗いすぎると砂利が取れてしまうという事です。

25.4.3.2.jpg

完成するとこういう感じでとても上品に見えます。和風のお家にはおすすめのアプローチです。

和風住宅のリフォームもお任せ下さい。

2013年5月25日

天井裏の丸太。

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回は木造ならではの丸太について書こうと思います。

リフォームで天井を解体するような場合、屋根の下には丸太が出てくる事が多いです。

下の写真をご覧下さい。このお宅は平屋なので、一階の天井をまくったところ、このような丸太が出てきました。

25.4.6.1.jpg

このような丸太が出てきた場合、部屋の中に見せてしまっても面白いと思います。

ただ丸太を見せる場合は天井が高くなってしまうので、暖房の効きはどうしても悪くなってしまいます。

そのような場合は天井にシーリングファンというプロペラを付けるか、床暖房を取り入れるという対処方があります。

かっこいい分、多少のデメリットがあり、コストも増えます。

ちなみに個人的には丸太は見せたい派です。

2013年5月27日

鎮物

こんにちは。ナチュレホームの高原です。

地鎮祭の時に祭壇にまつられているものの中に鎮物(しずめもの)という木箱があります。

25.4.22.1.jpg

いつも地鎮祭が終わると一旦こちらでお預かりしまして、基礎工事が始まったら基礎の中に埋め込んでもらっています。

中身は何が入っているのかと時々思ったりします。

実際中を見たことはありませんし、見るとバチが当たるように思います。

しかし、気になるところなのでインターネットで調べてみますと、なんと下の画像のような大昔の出土品のようなものが入っているようです。

これは古墳時代からずっと続いているとの事です。

25.4.22.2.jpg

世の中の物の方は変化と進化が進みましたが、心の世界は昔も今も同じのようです。

きちんとお祭りして、そのお家が末永く、住む人が幸せになってほしいといつも思いながら、参拝しています。

これから着工、上棟、仕上げと順に進んでいきますが、最初に念じたこの思いを最後まで継続して持ち続けたいと思います。

晴れの穏やかな日ばかりが続かないように、工事の途中、難しい場面が何回か訪れると思いますが、これも神様の御守護と知恵で乗り切っていきたいと思います。

2013年5月28日

再会、出会い

こんにちは。ナチュレホームの高原です。

私事ですが、最近たて続けに久しぶりに偶然再会したという事が起こりました。

それも5年ぶりをはじめ、26年ぶりとか32年ぶりという本当に懐かしいものばかりでした。

お互いに顔を見た瞬間にわかったようで、私などは結婚してから名前の姓がかわったので、旧姓で呼ばれてなぜか嬉しさも出てきました。

25.4.25.1.JPG

会話をかわしていると、必然的に仕事の話になりますが、それぞれの方が社長になられたり、仕事上の重要なポストに就かれたりで、かなりレベルが上がっているようでした。

そして、皆さんに共通していると感じたことは、一番は落ち着いていること。

話し方が比較的ゆっくりでわかりやすく、途中笑いもはいって聞きやすい雰囲気をつくってくれているかのようでした。

もうひとつは、笑顔です。

お会いした全ての人は、私と同じ歳か目上の方です。

あまり年齢を感じさせないというか、疲れた感じがない、こちらを元気にさせてくれるような笑顔は魅力があると思いました。

最後に思ったことは、皆さんがそれなりの容姿、風貌でカッコよく感じたことです。これも大事なことです。

今回の出会いは、お盆や正月とかにふだん電話だけの付き合いになっている友達と会って話をするのとは一味違う価値があったと思いました。

毎日同じ人達と同じような仕事をしていると、廻りのことがあまり分からず、ある程度のところで満足したり、自分でこれでよしと納得させたりして、結果進歩してないということに陥りがちです。

これから、お客様をはじめ、いろいろな方との出会いを通じて、何かを感じ取って人間的な幅を少しでも広げていきたいと思います。

2013年5月30日

OB様からのリピート工事のご依頼。

こんにちは!
ナチュレホーム中嶌です。

現在私は新築事業のコーディネーター、ウェブ担当、人事担当、広報担当...と、いろいろな業務を任せて頂いています。

入社1年目は社長や先輩のリフォーム営業に同行したり、
お客様にお渡しする資料やパース、シミュレーション画像を作ったり、
社内勉強をしたり・・・という感じでした。
リフォームの小工事やリフレッシュ工事の営業として回らせて頂くようにもなりました。

インテリアコーディネーターの資格も取り、
社内で自分の立ち位置を得ようと必死で模索していたと思います。

2年目は社長と共に外装工事の営業に力を入れました。
HPを立ち上げたり、説明資料を作成したりして、
その結果、沢山のお客様からご依頼を頂きました。

1年目に担当したお客様から、リピート工事のご依頼を頂くこともありました!

そして今は新築のコーディネーターをメインに担当するようになり、
リフォームの営業として外に出る機会はほとんどなくなっています。

そして先日。

リピート工事3回目のO様から、お見積りのご依頼を頂きました!クラッカー

お電話を受けたのが私だったので、とっても嬉しくなりました!

そして、その後「あっ、でももう私はO様の担当ではないんだ・・・」と
切なくなりました・・・。のんびり

いえ、担当が変わっても、ナチュレホームとしての姿勢は一緒です!

お客様にご満足頂けるよう、最善を尽くす会社です!

先週も大好きなOB様からお電話を頂きました。

こうやって再度お見積り依頼を頂けるのはとても誇らしい事で、ありがたいことです。

本当にありがとうございます!

実は、私達は前身のリフォーム専門店「元気会社・リフォーム1」の頃から、
リピート工事がとても多いことが自慢です。

一度工事して下さったお客様にもう一度選ばれる喜びを、
これからも感じられるように精進していきたいと思います!!

会社の発展が何よりもの恩返し!

私も、新築事業に携わらせて頂けることに感謝し、どんどん前に進んでいきますナチュレきらきら

がんばるぞー!!

◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇


2013年5月31日

天井裏の害獣。

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回は天井裏で悪さをする害獣について書きます。

最近、連続して天井裏の害獣の話を聞いたので他にも困っている方がいるかもしれないと思っての事です。

実は、僕の家にも初年度はネズミが入って来ました。
その対処は以前書きましたが、春になってネズミが出て行ってから、入れそうな場所を徹底的にふさいでいきました。

ネズミならそんな感じで何とかなる時もありますが、もう少し大きい動物は大変です。

よく聞くのが、イタチ、ハクビシンなどです。
どうやらこれらの動物は一か所に集中して排泄をするらしいのです。
そうすると、下から見ると雨漏りした後のように見えます。

さて、どうやって追い出すかという話になりますが、まずは市役所などに相談してみるのがいいようです。
捕獲用のオリを貸してくれるという話を聞いた事もあります。
この追い出す作業というのが大変だとは思いますが、最終的にどうしようもない場合は専門の駆除業者さんもいるようです。

なんとか動物に出ていってもらった後は、再度入ってこないように侵入路をふさぐ事が大切になってきます。

天井裏ですと、明るい日中に入ると外からの光がもれている場所があったりします。
そういう場所をふさげば、もう動物は入って来なくなります。

動物が入ってしまうといろいろ大変ですので、たまにチェックしてみるのがいいかもしれません。