福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« 床材を決めるコツ | メイン | 床材を決めるコツ3 »

床材を決めるコツ2

こんにちは。アドバイザーの建入です。


今回も引き続き床材について書いてみようと思います。

素材編2です。

 前回はメジャーな仕上げ材をあげましたが、今回は少し変わったものをあげてみます。

 まずは、重歩行用クッションフロアーです。

店舗用クッションフロアーともいい、水廻りメインで使われる(住宅用)クッションフロアーとは少し性質が違います。

重歩行用というくらいで、住宅用よりも硬く、傷が付きにくいのが特徴です。

デザインも豊富でおしゃれなものも多いので、住宅用のクッションフロアーに気に入るデザインが無い場合などは検討してみるのもいいと思います。

コスト的には住宅用よりは高くなります。

1308_268_w.jpg 

 

次にフロアタイルという材料です。

 

ryft-d-ly-83153_im1.jpg

 

これは見た目的にはフローリングのような木目調のものがあったり、大理石のような柄があったりととてもデザイン豊富です。

重歩行用クッションフロアーと似た性質で、もう少しリアルなイメージでしょうか。

重歩行用クッションフロアーはシート状なのですが、こちらはタイルという名前からも分かるとおりある程度の大きさに分かれています。

フローリング調だと幅10cm、長さ1m、大理石調だと30cm角などです。

コストは高めですが、特別な空間を演出するにはいい材料です。

その他にもタイル、カーペットなど使える素材はたくさんあります。

ほぼどんなイメージでも実現できますので、デザインを重視したい方は一度ご相談下さい。

 

 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)