福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« たまねぎ収穫 | メイン | モデルハウス作り日記5 中と外 »

不測の事態のときに

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。


建物が完成してから時が経ちますと、変化がでてくることがあります。
木造住宅ですと柱などの構造材や胴ブチとよばれる下地材が、若干の乾燥収縮や反り、ねじれによって、クロスのふくれになったり、開口部まわりのボードやコンクリートの隅部に力が集中して加わり、クラックが入ったりすることがあったりします。
これらのことは、木材というか木の性質として、しばらくは"動き"がありますので、1年間ほどは、こうした変化がついてまわります。

構造的には問題がなく、いわゆる瑕疵には該当しないのですが、お客様にとっては不安や心配になるのは無理もないと思います。
当社のスタッフから事前にお客様にお伝えしていたとしても、ご理解をいただくことがむずかしいということもあります。
ここで大事になってくることが、お客様と私達スタッフと職人さんとの間の信頼関係だと思います。

素早い対応や説明が常に求められます。
工事を進めていくと、いくつかの壁に当たります。

その時いかに誠意をもって迅速に対応できるかがお客様満足につながると思います。
また、同じ事が繰り返されないような対策も、工事サイドで考えていかなければいけないと思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)