福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« 物干し金物 | メイン | 仕事の中の喜び »

環境を整える

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。

ここ数日は、秋晴れの天気が続いて、職人さんからも「これくらいの気候が一番いい」という話が出ました。

25.9.19.1.JPG

一年を通して、工事に一番適している時期はと考えてみますと、暑くもなく、寒くもない春先とこの時期(秋口)ではと皆さんお思いになると思います。
しかし、良い工事を施工して、お客様に満足していただくためには、もちろん気候(気温)も関係しますが、それ以外にも重要な要素がいくつかあります。
ひとつは材料が濡れないようにしたり、現場が傷つかないように養生したり、清掃したりする、建物の品質管理です。

職人さんが良い仕事をしても、材料が傷んでいたのでは、良い現場とはいえません。
また、建築だけではありませんが、よく言われている言葉に「段取り八分」というのがあります。

最初に予定をたてた工期があれば、それが目標になるのですが、いきあたりばったりや、急な手配などで、慌てた仕事になってしまっては、これも良い仕事にはつながりません。

工程管理も重要になってきます。
あとは、お客様や職人さん(業者さん)に対しての気配りが大事だと思います。

お互いが相手さんを思いやる心があれば、良い仕上がりの現場により近づくと思います。
少し抽象的になりましたが、一番初めに「これこらいの・・・」と言った職人さんの背景には、これらの条件が満たされていないと、言葉に出て来ないと思います。
なるべく良い環境をつくっていきたいと思います。

社長ブログミニバナー.png

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)