福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« 白ありを寄せ付けないためには。 | メイン | タンクレストイレと手洗い。 »

伝統回帰

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。


ナチュレの家もそうですが、最近昔ながらの無垢材などの、自然素材が見直されてきて、家づくりの中に採用されてきているように思います。
これらの自然素材に対するものとして、従来合板やビニールクロスといった工業製品を使った建築物がほとんどでした。

何年か前にシックハウスが話題になったころから、徐々に傾向が変わってきたようです。
若い人はどちらかというと、見た目にスタイリッシュだとか、白さや明るさ、デザイン性などの視覚的に表現するものを要望されることが多いです。
これに対して、年齢層があがるにつれて、住み心地や空間的な落ち着きを求められたり、色づかいなども無難なものを選択されるようになり、全体的にまとまりがあり、個性的な部分というものが少ないという印象をもちました。


14.5.1.1.JPG

画像のような1枚の写真があったとしますと、古材とか古民家とか和風とかの意識を今までは強くもってしまいました。
ところが、このへんの意識と言いますか、常識を捨ててみますと、意外と良い結果が出ることがあります。
実際この板は、モダンな新築住宅のキッチンまわりのカウンターに採用されて、施主様にも喜んでいただいております。
無機質な素材より、味のある素材という感じで、これからはこれらの自然素材を使ったいえづくりにだんだんと戻っていくような気がします。

 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)