福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« 浴室用の内窓。 | メイン | 我が家の修繕など1 »

外壁ツートンの場合

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。

外装工事において、色柄が上下階のツートンカラーの時、どの高さで色分けするか迷う時があります。

一番多いのが、1階の桁(梁)の高さでかえるパターンですが、時々画像ように、全体のバランスを計って、高さをかえることがあります。

26.5.3.1.JPG

画像のお客様のように、一般的には上の階の色に比べて下の階の色を濃くしたり、デザインで強調したりして、割合下の階のものがインパクトがあるものを適用します。

横張りの外壁の場合、雨仕舞いの都合上、途中で外壁をある高さで切ったりするとよくないので、約40センチぐらいの単位で高さをどれにするかを決めていきます。

本当にバランスが悪いと、仕上がって足場を外した時の印象度が全然かわってきます。
最も注意する項目のひとつです。

これは図面上ではなかなかお客様もピンとこないこともありますので、実際現場で直接見ていただいて決めることが多いです。
お客様も家づくりに参加していただくという意図もあります。

工事ではお客様から大切なお金をいただくことになります。
納得していただいた上で、よりよい現場をつくっていきたいものです。



コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)