福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリー

« 2014年9月 | メイン | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月13日

T様邸トイレリフォーム完了。

こんんちは。アドバイザーの建入です。
今回はトイレリフォームをして頂いたT様邸のご紹介です。

T様邸は下水の切替えを機に、トイレもリフォーム一緒にしてしまおうという事になりました。

工事前は昔から良くある、和式のトイレと小便器が隣り合わせになっている間取りでした。その横のスペースに洗面台が設置してあります。

2013.5.12.1.jpg
2013.5.12.2.jpg
2013.5.12.3.jpg

まずトイレ部分は洋式の便器を設置して、小便器はなくしました。

2013.5.12.4.jpg
2013.5.12.5.jpg

トイレの角にトイレットペーパーを置くための棚を作りました。壁の厚みを利用したもので、"ニッチ"と言われます。このように、奥の壁紙だけ違う色にするとアクセントになってかわいらしいです。

洗面台も交換。こちらもニッチを作りました。横にある鏡は、もともと使っていたものを壁に固定しました。

2013.5.12.6.jpg

ちなみにこの壁紙、よく見ると・・・小さなミッキーのシルエットがいっぱいあります。お子様のいるご家庭ではこういう壁紙もいいですね。トイレや洗面所などの小さい部屋は特にいろいろなデザインの壁紙で冒険してみても楽しいです。


2015年1月19日

赤水の原因。

こんにちは。アドバイザーの建入です。
今回は、蛇口から出て来るさびを含んだ水、通称"赤水"の原因を紹介します。

この写真は、古い鉄製の配管を切断したものです。お客様からの情報によると、約30年ほど経っているようです。

2014.5.14.1.jpg

 なかなか見る事の無い鉄管の内部ですが、錆が発生しているとこんな状況です。
たまに赤水が出る、というのはこの錆の一部が水の勢いで出てきているのです。赤水はたいていしばらくたつと落ち着きますが、その時取れやすい部分の錆が流れ切っただけです。一度錆びてしまった管が元に戻る事はありません。

 このように配管の内部で錆が発生していると、いくつか問題があります。
 真っ先に思いつくのが健康への影響。赤水を長期間摂取していると鉄分を過剰に取っている事になってしまします。それにより、肝臓を悪くしてしまうと言われています。
 次に、さびているのが給湯管の場合。給湯器を交換すると、圧力が以前のものより上がる場合があります。錆の発生している鉄管というのは健全なものより厚みが薄くなっていますので、最悪の場合管が破裂して水漏れという事になる恐れがあります。給湯器をエコキュートに交換するような場合は特に注意が必要です。
 
 昔の鉄管というのは、基礎のコンクリートの中に埋設されているようなケースが多く、そのような場合は新しく配管をし直した方がいろんな面で安心です。

 赤水が出るようになったら、水廻りのリフォームを検討する時期だと思っていただければいいと思います。


2015年1月28日

和室から洋室へのリフォーム。

こんにちは。アドバイザーの建入です。
今回は工事の終了したM様邸をご紹介します。

まずは2階の和室を洋室にしたリフォームをご紹介します。
こちらがリフォーム前の写真です。

2014.5.16.1.jpg

解体直前なので壁に落書きがしてありますが、その他は普通の和室です。

解体後です。構造もしっかりしていて、間取りを変更したのですが補強などをする必要はありませんでした。

2014.5.16.2.jpg

断熱材を入れたところです。

2014.5.16.3.jpg

こちらがリフォーム後の写真です。
和室から洋室へのリフォームは、リフォーム前後の変化がかなりあります。分かっていてもびっくりするお客様も多いです。

2014.5.16.4.jpg

ちなみに、となりの部屋には枕元に小さいニッチを作りました。目覚まし時計や携帯を置いておく場所という事で、ニッチ内にコンセントも付けてあります。小さい事ながら、なかなか使い勝手がいいと思います。

2014.5.16.5.jpg
2014.5.16.6.jpg

次回は水廻りのリフォームをご紹介します