福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2016年6月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

« 2016年4月 | メイン | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月12日

和室の天井下地。

こんにちは。アドバイザーの建入です。
今回は和室の天井下地について紹介します。

昔の和室の天井は下地がとても簡単にしてあります。
軽い材料を使っているので、これだけでも十分だったのだと思います。

こちらは天井の写真です。和室の天井によく使用される竿縁天井と言われるものです。
IMG_0618.jpg


こちらが天井の上の写真です。
IMG_0616.jpg
2間(約3m60cm)の間で、2列しか下地が入っていません。間隔としては1m20cm離れている事になります。


さらに上のアングルから撮るとこうなっています。
IMG_0622.jpg
このように、下地の間隔が遠いので天井裏に入って電気配線をしたくてもなかなか難しいです。


ちなみに、最近は天井にも石こうボードを張るため下地は30cm間隔で入ります。
IMG01851.jpg
これだと、天井裏に人が入っても落ちる事はありません。工事が終わった後でも天井裏から電気の配線などが出来ます。


天井裏に入る事があるとすれば、電気配線の増設、雨漏りした場合のチェック、害獣などが入った場合の対処くらいでしょうか。
和室の天井裏でトラブルがあった場合、なかなか対応が難しいです。人が乗る事を想定していないので仕方ないのですが。


2016年5月16日

丸太の塗装。

こんにちは。アドバイザーの建入です。
今回は天井のワンポイントとしての丸太塗装をご紹介します。

ある程度古いおうちですと、天井裏には丸太を使っている事が多いです。
昔は和室が多かったためか柱の間隔が広く、丈夫な材料が必要だったためだと思います。


まずはこちら。天井を張って丸太を見せた状態です。
IMG_0575-001.jpg
この天井の高さの設定はなかなか難しいです。何度も大工さんと打合せして決定しました。


塗装朱終了です。まだクロスは貼っていませんが、これだけでもずいぶん締まった感じになりました。
DSC_0059-001.JPG
白いクロスと濃い色の丸太の組み合わせはなかなかいいですよ。


2016年5月19日

対面キッチンのリフォーム。

こんにちは。アドバイザーの建入です。
今回は対面キッチンの壁を収納としてリフォームした例をご紹介します。


こちらがビフォーの画像です。
111IMG00597-001.jpg
どうしてもキッチン廻りはいろいろと置きがちです。


こちらがアフターの画像です。
1IMG01068-001.jpg
上部は見せる収納、下は扉を付けてかくす収納にしました。
カウンター、扉共に無垢材でつくっているので統一感があります。


2IMG01037-001.jpg
キッチンの横の壁はちょっとした雑誌などを置くスペースへ。


3IMG01065-001.jpg
ちなみにリビング内にはこのような棚をつくりました。
TV台と収納棚を兼ねています。


4IMG01035-001.jpg
アンティークなイメージのスイッチです。
ちいさい場所ですが、こってみるのもいいですね。