福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

メイン

冬支度リフォーム アーカイブ

2013年10月29日

蓄熱式暖房機と床暖房

こんにちは。アドバイザーの建入です。


今回は冬が近づくとよく聞かれる蓄熱式暖房機と床暖房についてです。

寒くなってくると、やはり暖房の話がよく出てきます。

リフォームの際に採用しようという暖房の中では蓄熱式暖房機と床暖房が一番多いと思います。

一つずつ、ご紹介していきます。

まずは蓄熱式暖房機。
仕組みはとてもシンプルで、安い夜間電力を使って機器内の耐熱レンガに熱をためていきます。

その熱を日中じわじわと出して行くのです。
このような仕組みのため、部屋の空気が汚れないというメリットがあります。

そして基本付けっぱなしなので一日中部屋が暖かいのです。

もう一つ言うとこの暖房器具は水蒸気を発生させないので、結露も起こりにくいです。

施工面でも床の補強と電源を増設さえすればいいので、そういう面では採用しやすい器機だと言えます。
デメリットはというと、電気代は高めです。

夜間電力を使用しているとはいえ、付けっぱなしなので仕方ないとは思います。

あとは、本体が熱くなるので小さいお子様がいるご家庭では子供を近づけないような柵を設置する必要があります。もう一つ、非常に重い器機なので一度設置すると簡単に動かす事は出来ません。

設置場所は十分に検討する必要があります。

 

つぎは床暖房についてです。
床暖房には電気式と不凍液式のものがあります。最近はコストパフォーマンスの面から不凍液を循環させるタイプのものをおすすめする事が多いです。

ここでは不凍液のタイプのご紹介をします。
仕組みとしては、ヒートポンプユニットというもので空気中から熱を奪って不凍液に渡す、というものです。

ヒートポンプユニットというのはエコキュートにも使われている技術で、現在電気を使って熱を発生させるものの中では一番効率がいいと言われています。

詳しく説明すると長くなるので省略しますが、蓄熱式暖房機などが"電気1"を使って"熱1"を発生させているとすると、ヒートポンプユニットは"電気1"で"熱3"を発生させる事が出来ます。

単純比較は出来ませんが、他の機器の1/3で同じ効果が得られると思って頂ければいいと思います。
メリットとしてはランニングコストが安い、空気が汚れない、結露しない、全て床下にあるので、部屋が広く使えるなどがあります。

これだけ見ると蓄熱式暖房機よりもはるかにいい機器だと言えます。
床暖房のデメリットとしては、どうしても工事代金が高くなりがちな点です。

リフォームで採用する場合は、基本的に床は全て解体してやり直す事になります。

床下に熱が逃げないようにしっかりと断熱する必要があるからです。

初期投資が多くかかってしまう事が唯一のデメリットでしょうか。
床暖房をおすすめするのは、もともと床を解体してやり直そうと思っている方に対してです。床暖房のために床を解体するのはなかなか気が引けるところですので。

両方のメリット・デメリットを書きましたが、正直僕にとってはどちらもとてもいいものだと思っています。

こんな文章を書いていながら、僕の家はもっぱらファンヒーターなので。

冬になり寒い中灯油を入れていると、もう少し頑張ってリフォームの際にしておけば良かったとつくづく思います。

リフォームをする際にはぜひご検討を。

社長ブログミニバナー.png


 

2013年9月25日

物干し金物

こんにちは。

アドバイザーの建入です。

今回はこれから冬にかけて大変になる物干し場の確保についてです。

物干しというとやはり外で干すのが一番早く、経済的ですがそれは天気のいい季節に限ります。

天気の悪い日でも、冬以外はサンルームがあればなんとか乾くのではないでしょうか。

しかし、そのサンルームも冬になるとなかなか簡単に乾いてはくれません。

そこで皆さん部屋干しとなるわけですが、物を干すスペースに困っている方もいらっしゃいます。

システムバスですと、浴室乾燥機を取付すれば洗濯物の乾燥は可能です。

しかし、お風呂で干す事に抵抗のある方もいらっしゃいます。

そこで、今回ご紹介するのは、天井に取付する物干し金物です。

2013.9.11.1.jpg

これがその金物が付いている状態なんですが、あまり目立ちません。

これにフックを付けるとこうなります。

2013.9.11.2.jpg

この金物を2か所付ければ、フックの穴に物干し竿を通して洗濯物が干せます。

目立たない、取り外し簡単、価格も安い、というなかなかの優れ物です。

興味のある方はお問い合わせください。

ちなみに、これは干す場所を提供するためのもので、乾くかどうかはその部屋の条件によります。

除湿機などを置いておける部屋に付けるといいと思います。

 

社長ブログミニバナー.png

2013年2月25日

部屋の壁や家具の裏の結露。

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回は窓ではなく、に結露してしまう原因を書いてみようと思います。

結露する場所の代表格というと、まずアルミサッシがあげられます。
なぜ、アルミサッシが結露しやすいかというと外部に面していて温度が下がりやすいためです。

結露の原因は室内の温かい湿った空気と、冷たい"もの"です。
コップに水と氷を入れてしばらく置いておくと、コップの外側に水滴が付きますよね。
あれと同じ原理なのです。

1. アルミサッシが外気によって冷やされる。
2. 部屋の中の温かい湿った空気がアルミサッシに触れる。
3. 温かい空気がアルミサッシによって冷やされる。
4. 冷えた空気の中にはあまり多くの水蒸気が存在できないので、水滴になる。

というのが結露のメカニズムです。

アルミサッシに結露するのは昔からよく見ているから分かる。
うちはサッシではなくてに結露してしまうぞ。

という方もいらっしゃると思います。
これは、上に説明した原理から言うとアルミサッシより、壁の方が"冷たい"から起こってしまうのです。

最近はペアガラスのサッシや、内窓などの普及によって窓の断熱性能はずいぶんと向上しています。
内窓だけを付けて、壁を触らない場合などは壁の方が断熱性能が低くなってしまう場合もあるのです。
昔のお家ですと、壁に断熱材が入っていないのでなおさらです。

壁もリフォームして、断熱材を入れたといっても結露しないとは限りません。
リフォームした後などは昔とちがって気密性が上がります。
『気密性が上がる=空気が入れ替わらない』という事になるので、キッチンやずっとファンヒーターをかけている部屋などは、どんどん空気中に湿気がたまっていきます。
そして、そのまま換気せずにいるといずれどこかで結露してしまうのです。

長くなってしまったので、今回はこのあたりで終わりにします。

次回は結露をさせないためにどうすればいいかを書いてみようと思います。

2012年12月22日

結露について。

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回は冬になると気になる、やっかいな結露についてです。

まず結露というのは、空気中の水蒸気が冷やされて水として出てくる現象の事を言います。
良くお聞きするのが、台所や北側の部屋の窓が結露してべたべたになってしまうという事です。


台所などは明らかに水蒸気をたくさん出すので間違いなく結露しやすい場所です。
換気扇をかけ続けてもなかなか追いつかないのが現状です。

結露は温かい湿った空気が冷やされると発生します。
一番いいのは部屋の窓を開けて換気する事です。

しかし、これからの時期は寒くて換気なんてしてられないですよね。

そうなると今度は、「窓の断熱性を高めて、ガラス表面に結露水を発生させにくくする」という方法があります。

ガラスをペアに交換したり、内窓を設置したりという方法があります。

簡易な方法なら、ビニール製の断熱材(荷作りの際の緩衝材に使われるプチプチのようなもの)がホームセンターなどにも売っています。

ちなみに、断熱をばっちりすればいくら水蒸気を出しても大丈夫、という事にはなりません。
水蒸気が空気の中に存在できる量というのは決まっているので、それを超えればどこかに結露が発生します。

という事で、結論としては窓の断熱を高める事、そして寒くてもある程度のタイミングで換気する事が必要になります。

ちなみに、現在の新築では24時間換気というものが法令で必ず設置する事になっており、強制的に換気されるのであえて窓をあける必要はありません。

窓の断熱に関しては、内窓の設置が効果・価格のトータルでオススメです。
結露が軽減されるだけでなく、暖房のききが良くなるので省エネ・節約、さらに防音にもなります。

内窓

ご興味のある方はナチュレホームまでお気軽にお問い合わせ下さい!


2012年12月12日

床暖房。

こんにちは。アドバイザーの建入です。

今回は床暖房について書こうと思います。

今回はヒートポンプ式床暖房というものをご紹介します。

床暖房には大きく分けて電気式と不凍液式というものがあります。

電気式は読んで字のごとく、パネルに直接電気を流して電線自体を温めるというものです。

メリットとしては初期の設置費用が安くて済みます。しかし、デメリットとしてはランニングコストが高いのです。

不凍液のタイプは温めた液体をパイプの中に通す仕組みです。

熱源としてはいろいろありますが、電気を熱源としたものがヒートポンプ式床暖房です。

ヒートポンプ式に限らず、不凍液で温めるタイプのものは設置費用が高く付きます。

しかしその反面、メリットとしてはランニングコストが安いのです。

24.11.10.1.jpg

上の写真がヒートポンプ式の床暖房を設置したところです。パネルを張り、その上から床暖房対応のフロアーを張ります。

床暖房対応品でないと床材が伸縮してしまい、盛り上がってしまったり、隙間が出来たりと大変な事になるからです。

床暖房は足元から部屋を暖めるとても体に優しい暖房器具です。

リフォームや新築の際にはぜひ検討してみて下さい。


2012年7月20日

床下地施工中の注意事項

こんにちは。

ナチュレホームの高原です。

今回は、床用の断熱材の画像をとりました。

7.5.1.JPG

この画像の中に「歩かない」という文字が見受けられると思いますが、これは注意喚起の文字です。

一見この形まで床下地が出来あがってしまいますと、もう歩けるようになったと思われて、この断熱材の上を歩こうとされる方もいらっしゃいます。

私達もお客様にお伝えしているつもりですが、この上を歩きますと、断熱材を受けている材料がないために、足を踏み外してしまう可能性があるので、非常に危険です。

大工さんもこの状態のまま、次の日の作業に移るということを極力ないようにしてもらっていますが、リフォームの工事中などですと、お客様が工事中に現場の中を移動されるなどということもよくあるので、これからも注意していきたいと思います。

このあとの工程が床の捨て張りのベニヤ張りになります。

このベニヤが張られるまでは、お客様のほうでも、注意をはらっていただきたいです。

2012年1月21日

店舗減築リフォーム工事完成。

こんにちは。
リフォームアドバイザーの建入です。

今回は店舗減築のリフォームを紹介しようと思います。

もともとY様が減築をしようと思ったのは、古い木造部分が雪に耐えられないのではないかという不安からでした。

屋根の上に上がってみると、店舗独特の屋根形状でした。

雨であればそれほど気にはならないのですが、雪が降った時は建物の上にたまってしまうのです。

そして増築を何度もしているので屋根が複雑に重なっており、雨漏りもしていました

1.11.1.JPG

このような理由から、鉄骨部分の店舗だけを残す計画となりました。

木造店舗の解体は規模が大きいため、機械にて。
1.11.2.jpg

ブルーシートの張ってある部分に新しい外壁を作り、木製のカーポートを設置します。

1.11.3.jpg
外部の工事が終了した状態です。

外壁はニュー角波を張っています。

木製のカーポートの屋根は折板を葺いてあります。

これで雪が降っても車の出し入れも楽になったとY様は喜んでおられました。

今回のリフォーム工事は鉄骨と木造両方の工法を合わせた少し難しい工事でした。

協力して頂いた業者さんに感謝です。

難しい方が燃えるな、と改めて感じた工事でした。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
福井市・鯖江市・越前市のリフォームは元気会社・リフォーム1
工事品質に自信あり!どんなことでもお気軽にご相談下さい。
お問い合わせフォーム

2012年1月12日

鯖江市本町S様邸工事完了!

こんばんは*
元気会社・リフォーム1 中嶌です。

鯖江市本町で、S様邸の風除室設置工事・インプラス設置工事が完了しました。

隙間風や窓からの熱損失を防止して、冬支度ばっちりです♪
S様はOB様です!また当社にお声をかけて頂き光栄です(T-T)

【リフォーム後】
12.23.1.jpg
冬の風よけの為に、L字型の風除サッシを設置しました。

風格ある玄関先を全て覆ってしまうことはせず、L字型を選択されました。
風除室内のベンチは日向ぼっこをされるおじい様の定位置です(^^)

12.23.2.jpg
お庭に面した縁側にも風除室を設置しました。
雪囲いも兼ねています。

12.23.3.jpg
立派なお庭はご主人の昔からの趣味で、なんと雪吊もご自分でされたそうです。素晴らしいですね!

【リフォーム前】
12.23.4.jpg  12.23.5.jpg
・玄関...夏にはゴーヤで緑のカーテンをされていました。(11月まで元気にゴーヤが生り続けていてびっくりしました!笑)
・縁側...冬は隙間風にお悩みでした。雪囲いも毎年自作されていたそうです。

冬支度リフォームが年越し前に完了できました!
今年の冬はあったかくなりそうですね(^^)

S様、ありがとうございました!


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
福井市・鯖江市・越前市でリフォームするなら元気会社・リフォーム1!
サッシリフォーム記事
冬支度リフォーム記事
お問い合わせフォーム

2011年12月 3日

鯖江市N様邸 浴室換気乾燥暖房機設置完了!

こんにちは*
元気会社・リフォーム1中嶌です。

鯖江市N様邸の浴室換気乾燥暖房機の設置工事が無事完了しました!

浴室換気乾燥暖房機の導入で、これからはいつでもあったか&カラっと乾燥の快適お風呂です♪

リビングや洗面室と浴室の温度差を改善できるため、ヒートショックの防止に役立ちます。

半身浴もじゃんじゃんできます。

美容にも健康にもいいです★

取りつけたのはコチラ
高須産業のBF-231SHAです。
(本体費はなんとチラシ特価の29,400円!)

N様、ありがとうございました!(^O^)/


▼設置スペースは寸法ぎりぎりでしたが…
11.25.1.jpg

▼腕のいい大工さんと電気屋さんのおかげでバッチリおさまりました!
11.25.2.jpg

▼施工前
11.25.3.jpg

当社の協力業者さん、職人さんは、皆さん真摯な仕事をしてくれる腕の良い方ばかりです!

これが当社の自慢でもあります(*^^)

だからこそ、私たち元気会社スタッフは、お客様、協力業者さん、皆の家族が幸せになれるような仕事をしていかなければ!と思います。

まだまだ至らぬ点の多い私ですが、初心を忘れず精進します!


*** ALL HAPPINESS ***


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
福井市・鯖江市・越前市でリフォームするなら元気会社・リフォーム1!
お風呂リフォーム工事一覧
お問い合わせフォーム

2011年10月29日

減築工事。

こんにちは。
リフォームアドバイザーの建入です。

今回はあまりお目にかかる事のない、大規模減築の現場をご紹介しようと思います。

減築する理由としてはいろいろありますが、今回のY様の場合は主に雪の始末と雨漏れに困っての事です。

もともと、古い木造の店舗と新しい鉄骨造の店舗がくっついていました。

古くから営業しているお店にはよくある事だと思います。

それが増築を重ねていくうちに雨水の始末が悪くなり、屋根には雪がたまってしまう状況になってしまったのです。

10.27.1.JPG

改めて見ても非常に複雑な屋根です。

そして思い切って木造部分は解体する事に決定しました。

10.27.2.jpg

解体後は鉄骨部分に機能を移転する工事になります。

ブルーシートを張ってある部分は新しく外壁を作る事になっています。

10.27.3.jpg

内部の工事では、住宅のリフォームの参考になる部分もあると思いますので順次ご紹介していこうと思います。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
福井市・鯖江市・越前市のリフォームは元気会社・リフォーム1
大規模リフォームに自信あり!どんなことでもお気軽にご相談下さい。
お問い合わせフォーム

2011年8月20日

古民家を暖かくするには。 その1

こんにちは。
リフォームアドバイザーの建入です。

古民家の魅力を連載でお伝えしていますが、今回は古民家をリフォームをする時の一番の希望、『暖かくしたい!』を考えてみようと思います。
 
古民家オーナーのほぼ100%の方がお困りの寒さ対策。
その代表格、隙間風はリフォームで無くす事ができます。

昔ながらの木製のサッシなどは、建て付けが悪くなって隙間が空いている事が多いです。
僕の知り合いから、寝ている間に部屋の中に雪が積もってしまったという話を聞いた事があります。
嘘のような本当の話です。
ここは迷わずアルミサッシへの取替えをおすすめします。
見た目的にもさほど問題はありません。
ただし柱が傾いているような場合は、アルミサッシをまっすぐに付けるために隙間に三角の木材を入れるような場合もあります。
これがアルミサッシに交換する場合の唯一の問題でしょうか。

アルミサッシを取付けた後はその他の壁についてです。
土壁の場合などは土が収縮して、柱との間に隙間がある事が多いです。
土壁を撤去してしまえば新築と同じように断熱材を入れる事は出来ます。
しかし、土壁は耐力壁としても優秀ですし、吸湿効果もあります。
なるべく壊さないでリフォームした方が古民家にとってはいいのです。

土壁を取らずに隙間風を無くす方法としては、外部に外壁(トタンなど)を張る、内部に石膏ボードなどを張る、という方法が一つ。
コスト的には最適な方法だと思います。その反面、この方法の問題点としては古民家の雰囲気が薄れてしまう事です。
最近の工法なので、どうしても近代的に見えてしまうのです。

古民家の雰囲気を重視するとなると、やはり昔ながらの工法となります。
左官屋さんに漆喰を塗ってもらい、隙間を無くすのです。
見た目はとても素敵になりますが、どうしてもコストは高めになってしまいます。
そこでおすすめなのが、部分によって仕上げかたを変えるという方法です。

『どうしても家の正面は見た目にこだわりたい、見えない部分は目をつぶろう。』
そうして出来上がったのが下の我が家の写真です。

8.20.1.JPG

8.20.2.JPG

正面はがんばりました。これぞ再生、という感じだと思います。

正面をとおり過ぎると・・・

8.20.3.JPG

残りの3方はトタンです。
いいんです、そんなに見えない場所なので。

長くなってしまったので、今回はここまでにしておこうと思います。
古民家の寒さ対策は外壁だけではありません。
次回はそのあたりをまとめられればと思います。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
福井市・鯖江市・越前市の古民家再生リフォームは元気会社・リフォーム1にお任せ下さい!
古民家再生リフォーム記事一覧
お問い合わせフォーム

2010年9月18日

第17回市民リフォーム祭! inクリナップ

第17回市民リフォーム祭! in クリナップ!

大好評リフォームイベント「市民リフォーム祭」を開催します!
リフォームをお考えの方、また「参考までに」とお思いの方、ぜひお越しください!
色々な得々情報・特典ありのプロと話せる2日間です!

開催日:9月18日(土) 19日(日)

時間:18日(土)10:00?16:00  19日(日)10:00?16:00

開催場所:クリナップ福井ショールーム⇒地図

もちろん入場無料です!お気軽にお越しください!

%E5%85%83%E6%B0%97%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A01%E3%80%80%E8%A1%A89.16.JPG

%E5%85%83%E6%B0%97%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A01%E3%80%80%E8%A3%8F9.16.JPG

2010年8月28日

第16回市民リフォーム祭!in INAX

大好評リフォームイベント「市民リフォーム祭」を開催します!
リフォームをお考えの方、また「参考までに」とお思いの方、ぜひお越しください!
色々な得々情報・特典ありのプロと話せる2日間です!

開催日:8月28日(土) 29日(日)

時間:28日(土)10:00?16:00  29日(日)10:00?16:00

開催場所:INAX福井ショールーム⇒地図

もちろん入場無料です!お気軽にお越しください!


%E5%85%83%E6%B0%97%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A01%E3%80%80%E8%A1%A88.26.JPG


%E5%85%83%E6%B0%97%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A01%E3%80%808.26%E8%A3%8F.JPG

2010年8月18日

足場組み立て

こんにちは!
元気会社・リフォーム1 工務の南 貴之です。


今回は、S様邸にて足場の組み立て作業をしてきたのでご紹介したいと思います。

自分も職人時代は足場を利用することが多かったんですが
このように一から組み上げるのは初めてでした。
社長は、職人時代から何度も組み上げているのでいろいろ教わりながら
しっかりと相判作業をしてきました。

写真のように垂直、水平に組んでいかないと見栄えも悪いですし
足場を使う職人さんも仕事がしづらくなってしまうので、
水盤でひとつひとつ確認しながら組んでいきます。

mimrt.bmp

下の画像は作業終了後の写真です。
見栄えよくしっかりと組むことができました。

minsnt.bmp

外壁のリフォームをお考えの方は是非一度お電話を!
フリーダイヤル→0120-96-7507

2008年2月23日

大人気!!冬の洗濯物干し場リフォーム

あたりまえですが、福井は雪が多い!!
冬になると「洗濯物の干し場に困る」という声は多々あります。

そんなときにちょっと便利なもの!

収納できる物干し掛け。

こちらは家族が7人なので大きなものを取り付けましたが、2?3人用なら天井から吊式でワンタッチ脱着式のものや壁掛けの小サイズの物までたくさんあります。


角度は3段階に調整可能。耐荷重100キロ!
DSCF1410.jpg


使用しないときは折りたたんでおけます。
DSCF1411.jpg

冬支度のリフォームは、元気会社・リフォーム1へ

2007年11月27日

冬支度リフォーム エクステリア!

静電気防止のキーホルダーを選ぶのに15分かかった今日この頃?

冬支度のためにエクステリア(サンルームや風除室)の問い合わせが増えてきています。今月に入り5件ほど問い合わせ頂いております。

理由は以下の2点がほとんど。

?玄関など出入り口に雪が吹き込む。
?洗濯物が干せない。

?は風除室などでクリアできますが?は冬の場合、結露の問題もあり賛否両論あります。

設置場所や方向、屋根の形状などにより提案する商品も変わってきます。

リフォームは新築とは違い、多種多様。最適な提案をし「お客様満足度アップ」を目指し今月もラストスパート!


冬支度のリフォームは、元気会社・リフォーム1へ