福井の家づくり日記!ナチュレホーム

福井のリフォーム・新築・不動産はお任せ下さい!ナチュレホームのスタッフによる家作り日記です。地元の住まいづくりへの想いを綴ります。職人の家づくり技術には自信があり、お客様にも喜ばれています。私達の仕事を見て下さい!

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

メイン

収納リフォーム アーカイブ

2016年3月 5日

可動棚。

こんにちは。アドバイザーの建入です。
今回は収納によく使われる可動棚を紹介します。

IMG01265-001.jpg


IMG01260-001.jpg

このような移動出来る棚の事を可動棚といいます。いろいろな大きさのものを収納したい場合などに便利です。金具と棚板を簡単に追加できるので、レイアウトの変更なども簡単に出来ます。

 収納するものが決まっていないような子供部屋や予備の収納などに採用すると便利です。今からリフォームをお考えの方はぜひ検討してみて下さい。

2013年1月17日

階段下のスペース

こんにちは。ナチュレホームの高原です。

今回は、直階段の裏側をのぞいてみました。

24.12.10.1.JPG

平面図だけを見ていますと、なかなか一般の方が気づきにくい部分ですが、意外と広いスペースがとれることがよくあります。

通常、階段の一段一段の高さ(け上げといいます。)は19センチから23センチぐらいなので、収納としてお使いの場合、3段目の下あたりでも小さいものでしたら十分収納できます。

場合によっては、トイレに出来たりもします。

天井の高さはそれほどとれませんが、過去にはトイレの床レベルを何センチか下げて、天井高を確保して、限られたスペースを出来るだけ有効に使ったケースもありました。

バリアフリーにならない点もありますが、お客様のご了解をとって工事させていただきました。

収納に関しては前にも書きましたが、概ねお家の床面積の15%ほどは確保しておいた方がよいとされています。

少しでも空間を有効に利用していただくために、かたちはお家によっていろいろですが、この階段下の空間をうまく使った方が賢明でしょう。

当社の営業やコーディネーターが、いろいろとご提案させていただきますので宜しくお願いします。

2012年11月21日

棚板考察

こんにちは。ナチュレホームの高原です。

工事の取り掛かりの前や途中段階でお客様からよく棚板の要望があります。

当社では、画像のようなパインの集成材を使って、お客様の要望があれば、高さ、奥行き、巾を自由に決めて頂いて(もしくはこちらで提案させていただいて)取付します。

24.10.29.1.JPG

先日打合せをさせていただいたお客様とは、図面とカタログを使って説明して、お客様に理解を高めていただくようにしました。

私達は、いつも目にしていることなっているので、頭には入っているのですが、お客様はそうもいかないと思います。

イメージがわかないという方が、多いようです。

打合せをする時には、何を置くのか、重さは大丈夫か、棚板を可動式にするか、電源は必要ないかなど、いくつかの質問をして、より実用的なものを目指しています。

最終的に喜んでいただくための打合せは時間がかかりますが、それだけの価値はあると思います。

色や全体のバランスも考えて、よりよい収納としていきたいです。


2012年8月23日

下地の状態

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。

お客様から時々こんな声をいただきます。

「○○を取付してほしいのですが。」

状況としましては、クロスがすでに張ってあり、下地が見えない状態の時にお聞きすることがよくあります。
○○の内容としましては、棚板、神棚、時計、絵画などです。

中には、簡単に取付できるものもありますが、これらの物を固定するために、必ず釘やビスが下地に効かなければなりません。

多くの大工さんは、この下地の間隔を1尺(約30cm)にしているために、この下地がない所には、上記のものが取付が困難なことになります。

また、安易に下地の数を極端に増やして、どこ位置になっても対応できるようにしておくのも、コスト面ではあまり得策ではないでしょう。

いずれにしても、打合せの段階で、早めに担当者に大きさや取付位置を連絡して頂けますと、非常にありがたいです。

壁掛テレビなどの中には、重い物もあるので、場合によっては対策が必要です。

この下地の間隔(感覚)は、皆様も記憶にとどめておいていただきたいと思います。

24.8.2.1.JPG

2012年8月 3日

棚板について その二

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。

引き続き、工事前や工事中にお客様から依頼のあります、棚板についてです。

画像1の棚板は可動式のもので、棚板の上にのせるものの大きさで、棚板どうしの間隔が自由に変えられるようにしたものです。

画像1
24.7.23.1.jpg

これは穴のあいたステンレスの縦の棒状の柱に、棚受けのダボという金具を好きな高さに差し込んで、その上に棚を固定せずに乗せておくかたちのものです。

これは、かなり便利ですが、板の重みが意外とありますので、女性の方には少し移動はつらい仕事になるかもしれません。

しかし、板を完全に固定してしまいますと、いざとなった時に動かせないということになってしまいます。

乗せるものがはっきりしている場合は、固定するタイプでよいと思いますが、これもお客様のほうで、十分考えていただきたいと思います。

画像2
24.7.23.2.JPG

板の反りやがたつきが、多少気になる方は画像2の固定するほうがよいでしょう。

2012年8月 2日

棚板の使い方

こんにちは。
ナチュレホームの高原です。

今回は、当社の工事の中で、お客様から要望の出ることが、比較的多い棚板の画像を載せてみました。

24.7.9.1.JPG

24.7.9.2.JPG

ちょっとした空いたスペースや、クローゼットの中などに「棚をつけてほしい」といわれる方がいらっしゃいます。

これも現場が出来あがってきまして、かたちになってきてからの要望が、けっこうあります。
一般の方は、なかなか完成した現場のイメージをするのが難しいので無理もありません。

ただ、この棚板もある場所に固定してしまうやり方と、置くものによって棚の位置を自由に変えることができる、可動式の棚板にする場合とがあります。

最近は便利なので、後者のほうが多いようです。
ただし、固定しないことによって、若干の板の反りが出てくる場合もありますので、この点はご了承いただきたいと思います。

棚板は何かと便利です。
また、使い方も人それぞれです。長所、短所も考慮しまして、一番使いやすいものにしていただきたいと思います。

2012年2月 8日

収納研修。

こんにちは*
元気会社・リフォーム1中嶌です。

先日は金沢のLIXILショールームへ研修に行ってきました!

講師は有名なアメニティアドバイザー&インテリアコーディネーターの近藤典子さん。

為になる話を沢山聞いてきました!

社内で共有して、これからの新築&リフォームのプランニングに役立てていきたいと思います。

講演はとても楽しく、スキル(知識・技術)+話の伝え方+人の魅力→感動体験!でした。

お客様に「伝える」ということについて、まだまだ未熟な私なので、非常に勉強になりました。
CIMG4142.JPG

こちらが金沢リクシルショールーム。
IMAG0965.jpg IMAG0974.jpg

体感&実験スペースもあります。
IMAG0967.jpg

お昼は第七ギョーザを頂きました。もちもち!
(社長も中嶌も口の中をヤケド!w)
IMAG0962.jpg

そしてなんと金沢のコンビニで偶然、OB様にお会いしました!

全国を飛び回るお忙しい方ですが、ご縁を感じました!

私は社外でお客様とお会いするのが初めてだったので、嬉しかったです(^^)


これからもお客様第一主義の元気会社をよろしくお願いします!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
福井市・鯖江市・越前市でリフォームするなら元気会社・リフォーム1!
お問い合わせフォーム

2011年9月22日

T様邸 建具交換工事完了!

こんばんは!
?元気会社・リフォーム1の中嶌です。

鯖江市T様邸の建具交換工事が無事完了しました!

こちらが施工前。
DSCF8731.jpg
ベッドの位置を変えたいけれど、そうすると押入れの開きドアが開かなくなる…という理由で、建具を引戸に交換することをご希望されました。

建具交換後!
DSCF8905.jpg
建具屋さんによるオーダーメイド品です。襖も表面が木製のものに新調しました。
T様の選ばれた色がお部屋にピッタリです(^^
上品なお家にとても合うと思いました。

建具の色見本はこんな感じです。
DSCF8906.jpg

T様には3枚引戸を連動させるためのアイディアも頂きました。
ありがとうございました!

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
福井市・鯖江市・越前市のリフォームは元気会社・リフォーム1
どんなことでもお気軽にご相談下さい!
お問い合わせフォーム

2011年7月15日

収納内部の仕上

こんにちは。
元気会社リフォーム1の高原です。

今回は、押入やクロ―ゼットいわゆる収納内部の仕上げについて取り上げてみました。

私も様々なお客様のお住まいを工事させていただいたのですが、
これといって決まっている工法や仕上げ材はないので、
仕上がった収納のかたちも様々です。

%E7%84%A1%E9%A1%8C.JPG

最も一般的なものは、床、壁、天井ともベニヤですが、
湿気や壁内部の結露などで水分を含んだりして、放置していると腐食してきたりします。
また、クロスを貼ったりしたこともありますが、
ちょっとした小物の移動で、キズがついたりする心配もあります。

当社では、桐の集成ベニヤを使用しています。
上記のことも桐の板ですと、湿気を吸い込んだり、板にすれてもきずついたり、汚れたりの心配が少なくてすみます。
自然素材の感覚も柔らかくて、落ち着く感じが出ます。

現場の施工に関しても、軽くて施工性が良いので大工さんからも好評です。

桐のタンス等は皆様よくご存知だと思いますが、
中段や枕棚を取り付けた現場制作の収納をお望みのスタイルで施工いたしております。

是非ご相談いただきたいと思います。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

全面改装・キッチン・お風呂・トイレ・屋根・外壁・サッシその他、「家」のことなら何でもOK!
福井県福井市、鯖江市、越前市でリフォームするなら
(株)元気会社・リフォーム1

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010年8月26日

お部屋を合体!

こんにちは!!
元気会社・リフォーム1の内田です!


お盆が過ぎたのに厳しい暑さが続いています。
夏バテ等しておりませんでしょうか?

私はお盆前から夏風邪をひいてしまったみたいで、
最近になりやっと治りつつあります。
皆様も体調には気を付けてください!

さて、今回ご紹介させていただくのは、
2部屋を1部屋にさせる工事です!

まずは既存の画像をご覧ください。

u31.jpg

u41.jpg


ちょっとわかりにくいですが、
お部屋の間をアコーディオンカーテンにて開閉する形のお部屋です。
ドアも2か所あります。

床がきしんだり、壁紙が変色してきていたり、長年使っていると傷んできます。
収納スペースも小さいのもお悩みになられておりました。


それを・・・

じゃ???????ん!!

u51a.jpg

どうでしょうか?見事に1部屋になりました!

廊下の方から出し入れが出来る収納もあったのですが、
お部屋側の収納と一体化して、大きな収納を作りました!

u61a.jpg

u71a.jpg


今までぽっかりと空いていて、収納ケースが入っていた空間も、
クローゼットの扉を着けて、きちんとした収納スペースに!

u81a.bmp

扉を開くとこんな感じになっております!

床も新しいフロアーに貼り替えております!

2部屋を1部屋にしたり、お部屋を新しくキレイにしたりと
お考えになられている方は、たくさんいらっしゃると思います。


当社はこのような工事も得意としておりますので、
いつでもお気軽にお問い合わせください!!


フリーダイヤル⇒0120-96-7507

2010年7月17日

クローゼット工事

 こんにちは!工務の南 貴之です。

今回は、加藤さんが担当したN様邸のクローゼットを紹介したいと思います。

両側の壁にレールを縦に6本取り付けました。
なぜ両側に6本も縦にレールを取り付けたのかというと
一枚の棚板の幅がクローゼットの奥行きの3分の1になっているからです。

3枚とも同じ高さに並べてフラットにした状態↓

N.bmp

可動レールだと高さを自由に変えることができます。
それだけでもすごく便利だと思っていましたが、
そこから分割したりフラットにしたりできるのでビックリです。

段座を変えて設置してみました↓

N2.bmp

気になる方は是非お電話ください!


フリーダイヤル→0120-96-7507

2010年7月16日

収納が欲しいッ!


ジメジメした日が続きますが、もうしばらくの辛抱です!
改めまして加藤です。


今回は、クローゼットです。

「家の中に収納スペースが少ない!」
この不満はお客様から聞く事が多いです。

そこで、部屋全部触らなくとも部屋の一角を使って、
クローゼットを作ってみました。

↓リフォーム前です。

81.bmp

広々としたお部屋ですが、クローゼットはありません。
このお客様もやっぱり困るのは、物が増えていった時の片づける場所でした。
そこで部屋の角にクローゼットを造る事に決定です。


↓早速、大工造作です。

91.bmp

このお客様の場合は、右の棚に布団や枕を収納し、
左の棚下のハンガーパイプでコートやシャツ類を掛け、
床には3段ストッカーを置くような算段です。

収納内は用途によって自由に造作できますよ!
そして・・


↓完成です

101.bmp


この中に物を収納出来れば部屋が散乱しませんね。
内容によっては1?2日で出来る工事ですので、大袈裟な工事でもありません。
気になる方は、いかがでしょうか?

2010年7月12日

天井高さでイメージを変える。

リフォームアドバイザーの建入です。

天井高さを変える事で、部屋のイメージが随分変わった例です。
まずはこちらが施工前の写真です。

33.bmp


古民家の玄関ホールに、後から部屋を作ったかたちです。
完全に物置と化しており、部屋の中、天井の上にもいろいろな物が乗っています。

次に施工後の写真を。

44.bmp

がらっと雰囲気が変わったのが分かると思います。
玄関ホール側はまわりと合わせて仕上げています。
まずは、こちらからの見栄えはばっちりです。
ちなみに写真中央にあるのは、物入れです。
脚立で物を出し入れにはなりますが、
天井高さがかなりあるのでスペースの有効活用としてご提案しました。

55.bmp

こちらは内部の写真です。
4.5帖の部屋ですが、天井を高くする事で開放感があります。
通常では天井の高さは2.5m前後ですが、この部屋は3.5m程あります。
そして今まで天井に隠れていた丸太梁を出し、部屋のアクセントにしています。
このように、古民家に限らず天井の高さによって
部屋のイメージを変える事は可能です。

後はどんな照明を選ぶかでも部屋の雰囲気はがらっと変わります。
ちなみにこの部屋はお客様からは『居酒屋風』と呼ばれました。

2010年7月11日

第15回市民リフォーム祭inタカラスタンダード!

大好評リフォームイベント「市民リフォーム祭」を開催します!
リフォームをお考えの方、また「参考までに」とお思いの方、ぜひお越しください!
色々な得々情報・特典ありのプロと話せる2日間です!

開催日:7月10日(土) 11日(日)

時間:10日(土)10:00?17:00  11日(日)10:00?16:00

開催場所:タカラスタンダード福井ショールーム⇒地図

もちろん入場無料です!お気軽にお越しください!


%E5%B8%82%E6%B0%91%E7%A5%AD15%E5%9B%9E%E8%A1%A8.JPG


%E5%B8%82%E6%B0%91%E7%A5%AD%EF%BC%91%EF%BC%95%E5%9B%9E%E8%A3%8F.JPG

2009年10月27日

全面リフォーム! パート2

昨日の続きです。


大空間LDK。
CIMG0565.JPG


打ち合わせ時の3D立体パース。
%E5%8D%97%E6%9D%B17-2%28%E5%86%85%E8%A6%B3%29.jpg


反対側からのLDK。
CIMG0571.JPG


こちらも打ち合わせ時の3D立体パース。
%E5%8D%97%E8%A5%BF5-3.jpg


リビングとバリアフリーのヘリなし畳。
CIMG0569.JPG


クローゼット収納内部の造作棚。
CIMG0573.JPG

2008年1月30日

子供部屋の間仕切りリフォーム!

本日より「イナバ物置の簡易子供部屋に間仕切りを作ってほしい」といった内容の工事を着工しました。ライフスタイルの変化で住居も変更が多々出てきます。そのためのリフォーム!

イナバ物置なので木造建築とは少し勝手が違いますが、今までの経験で臨機応変に考え将来も不備のないよう施工。

現場上がりの経験はいろいろなところで役に立ちます。


こちらは当社の空き地を造成中!何にも使う予定なし!(笑)

あまりにも汚く、草が生え近所迷惑になるので少しキレイにするだけです。

擁壁造作の鉄筋。
DSCF1237.jpg

生コンを流し込む作業。
DSCF1239.jpg

DSCF1236.jpg